廃車手続きの時期によって自動車税に差が出る?還付と返金について!

車がいらなくなった時やまた新しい車を購入しようとした時に廃車にしますよね。
そういう時には自動車税に差がでるのでしょうか?
還付返金について調べてみました。

スポンサーリンク

廃車手続きのタイミングにより自動車税に大きな差が?

廃車手続き

自動車税4月1日時点で所有者に課税されますので3月に廃車にした場合は自動車税はかかりません。
名義を自分にしておくとかかってしまうのでくれぐれも名義変更はしておいたほうがいいですよ。

自動車税の還付・返金手続きの方法

廃車手続き

該当する自動車を抹消手続きすれば、自動的還付手続きされるシステムになっていますので、抹消手続きから2~3か月後ぐらいに(場合によってはもっとはやく)送られてくる「支払通知書」を待ちましょう。

現在口座振替にしている人はその登録口座への直接の振り込みとなるでしょう。

何月分から還付・返金される?

廃車手続き

廃車した自動車自動車税は、納税した金額を、廃車にした翌月から3月までの月数で月割した金額が戻ってきます。

住民税事業税などの未納がある場合には返金されるお金はその未納を補てんされた上で戻ってきます。

軽自動車の場合は自動車税は返金してもらえないことになっています。覚えておきましょう。

スポンサーリンク

いつ還付・返金される?還付・返金方法は?

廃車手続き

自動車税返金してもらう方法は簡単です。運輸支局廃車の抹消手続きをすれば自動的に手続きをすませたことになります。

廃車の手続き後、約1カ月~2か月後に印鑑登録書に記載された住所に「還付通知書」が届きますので「還付通知書」と印鑑と身分証明書を持参して金融機関でお金を受け取ってください。

指定口座への振り込みを希望する場合、自動車税事務所へ行き申請する必要があります。廃車手続き後に住所が変わるなどということがある場合には、指定口座への振り込みを申請しておきましょう。

最後に

3月までに廃車の手続きをすれば4月からの1年分の自動車税を支払わなくても済むんですね。それも月割で戻ってくるお金があるんですね。4月になったら損だということがわかりました。

うちの車ももうけっこう乗っているのでそろそろ廃車になるかもしれません。新しい車をいつ買おうかと思っていたところです。まだ動くには動くのですが、この前車検ですごくお金がかかってしまったのであと1~2年ぐらいが限界かと思っているのです。けっこう乗った車で気にいっていた車だったんですけどね。手放すとなると愛着があるのでかわいそうな気がします。

でも新車が欲しいなあと思います。自動車税のことも考えて損のないように新車に変えたいものですね。

でもその前にお金を用意しなければなりません。どうやってお金を用意しようかなと思います。ローンは高いですし、一括で買うのもお金が足りません。一時金を入れてあとはローンということになるか親に借りるかすることになるでしょう。月に1度病院へ親を車で連れていかなければならないので、親もお金をだしてくれると思います。これからどんどん病院への送り迎えが増えてくることでしょう。両親とも足が悪いので車がないと大変です。

私たちも主人の会社への通勤や買い物にも車は必需品です。年に何回か旅行をするのですが、足は車のことが多いです。私が新幹線が嫌いなせいもあるでしょう。密室の新幹線の空間が苦手なのです。そうかというと飛行機の密室は平気なので不思議なものですよね。飛行機のほうがより密閉された空間なのにと思います。新幹線に最後に乗ったのは中学生のころなので今は格段に快適になっていることでしょう。でも中学生の時のトラウマがまだ残っていて新幹線に乗ることができずにいます。

今までいろんなところへ連れていってくれた車ですがそろそろ寿命です。新しい車を購入する準備をすることにしましょう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ