幼稚園児・保育園児がママに贈る! 最高の母の日のプレゼントとは?

日本では戦後からも続いている「母の日」ですが、どうやら昨今は幼稚園・保育園での流れが変わってきているようです。

幼稚園児・保育園児がママに贈る! 最高の母の日のプレゼントとは?

毎年5月の「母の日」と6月にある「父の日」には、幼稚園や保育園など子供が集まるところでは季節ごとに違った行事が行われています。そんな行事で子供から両親に渡すプレゼントの定番としては似顔絵自分の手形を作って渡したりと可愛らしいものが並びます。当時のプレゼントを今でも大切に持っている方は多いのでは?

しかし、そんなイベントが最近減少傾向にあるようです。その理由について調べてみました。
母の日のプレゼント
そして幼稚園・保育園のお子さんでも作ることができる最高の母の日プレゼントについて考えていきます!

スポンサーリンク

①幼稚園や保育園で母の日などの行事が中止に?

日本やアメリカでも毎年恒例行事になっている「母の日」が最近幼稚園などで行事を中止していることが多いことをご存知ですか?
私の子供の頃はまだ母の日の行事は表立って行われていましたが、“ある事情”取りやめになっているそう。

その事情とは、片親世帯の増加にあります。

実際、20歳未満の子どもを育てる高知県内のひとり親世帯増加傾向にあるそうで、同県の児童家庭課によると、1996年1万2155世帯だったのが、2015年1万4701世帯にまで増えています。 高知県全体世帯数が3万5000世帯ですので、ここ20年2000世帯も増えていると考えると少し多く感じます。
全国では約308万世帯だったひとり親世帯が、2010年には約450万世帯まで増えているので、この問題も身近に感じられます。

原因としては、現代は働き方の自由娯楽も増え、生き方が多種多様になってきており、結婚しても価値観が合わず離婚を考える方が増えたことも考えられます。
昔のように、必ず両親がいる家庭、核家族というのも少なくなってきているみたいです。

両親が日々喧嘩して、仲の悪いままの方が子供に悪影響を与える恐れもありますし、その点ではひとり親でも愛情を注いで接してあげれば子供にとってもいい家庭になるかと思います。

そのため、幼稚園保育園でもそういった家庭事情に配慮し、母の日父の日カードを書いたり行事を行うこと取りやめているということです。

母の日のプレゼント

② ママへのプレゼントはパパが手伝ってあげてください!

母の日のプレゼントお子さんから何を作ろうか相談を受けるお父さん方もいらっしゃるかと思います。そういった時は、優しくこっそり一緒プレゼントを作ってあげてください。

例えば女の子の場合、手作りのお菓子プレゼントしたい子も多いと思いますが、キッチンはどうしてもお母さんがよく使う場所ですので、うまーくお母さんがキッチンにいないお買い物の間に一緒お菓子を作ってあげましょう。を使う際や包丁など、危険もいっぱいですので目を離さずに完成を見届けてあげましょう。

男の子の場合は、工作プレゼントを作ることが多いと思います。ここはお父さんの腕の見せ所カッターなどの刃物に気をつけながら、男の子独自のプレゼントを作る手伝いをしてあげてください。

日頃家にいることが少ないお父さんお子さんと協力して何かを作り上げることで、お子さんとの思い出作りにもなりそうです(^O^)

また、普段見られなかったお子さんの一面特技垣間見れるかもしれません。

スポンサーリンク

③ 幼稚園児・保育園児がママに贈るおすすめプレゼント!

母の日のプレゼント

幼稚園・保育園のお子さんが贈るプレゼントとして、幾つか調べてみました
是非参考にしてみて下さい(*^o^*)

1.簡単!折り紙カーネーション

母の日の大定番、カーネーション折り紙で作ることが出来ます。男の子女の子関係なく簡単に作れますのでこちらの動画を見て試してみて下さい。


引用元:母の日に「カーネーションの花束」折り紙 “Bouquet”origami



2.感謝の気持ちを伝えるメッセージカード

ついつい照れ臭くてお母さんに感謝の気持ちを伝えられない子はいっそメッセージカードで気持ちを伝えましょう。こちらも形として残るカードですのでお母さんにとって宝物となるでしょう。


引用元:飛び出すカードの作り方(バレンタイン編/R*piece手作りキット)



④ 最後に

母の日のプレゼント

母の日父の日の行事が取りやめになっているということで、その間の5月下旬「ファミリーデー」を設定し、家族にプレゼントを作るという幼稚園・保育園もあるそうです。

行事として行わずとも、日々感謝の気持ちを持っているだけで素晴らしいと思いますし、何より親御さんにとってはお子さんが元気でいること最高のプレゼントだと思います。

もしお子さんがプレゼントを考えてくれているようであれば、優しく見守ってあげてください。また、上記の動画を見ながら一緒につくってあげてもいいでしょう。


皆さんにとって家族と触れ合える日であればそれだけで最高ですね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ