自転車の鍵をなくしちゃった場合の失敗しない鍵の壊し方ッ!!

自転車の鍵「あれっ、ここにあったのに!」ということはありませんか?

いろいろ探し回ったけれども出てこない。
こうなったら鍵を壊すしかしょうがない。
でもそのまま自転車屋さんまで持っていくのは大変だしどうしよう。
と思ったことはありませんか?

そんな時の鍵の壊し方をご紹介いたします。
くれぐれも悪用しないようにしてくださいね。

スポンサーリンク

失敗しない自転車の鍵の開け方・壊し方!

自転車

  1. 雨傘を1本用意します。(100円均一や500円ぐらいのもの)
  2. ボタンを押す部分の真下を折るために金属に力をかける。2回ぐらい曲げると簡単に折れます。
  3. 同じように傘鍵のはいっている部分も折ってしまう
  4. つつの部分はせまくなっているのでちょうどよいように曲げる。つつの中からお目当ての傘鍵取り出す
  5. これを自転車の鍵の部分つっこんでみる
  6. ななめに奥までつっこんでまっすぐに起こす。



そうするとホラッ(^.^)
簡単に自転車の鍵を開けることに成功ッ!!

ポイントは傘鍵!!
傘鍵!恐るべし(笑)

専門業者や自転車屋に頼む場合の費用はいくら?

自転車

だいたい2000円が相場です。
作業時間がだいたい20分~30分ぐらいです。

鍵を壊して新しい鍵をつけるまですばやくやってくれますのであまり心配しないでくださいね。

最近はダイヤル式の鍵も出てきているのでそのほうがいいのかもしれませんね

スポンサーリンク

自転車の鍵をなくした場合、警察へは行く?

自転車

警察に行く場合には防犯登録してある自転車を持っていきましょう。ただこれが自分の自転車だと証明するためには証明書も必要です。

警察で鍵を壊してくれることもあります。

だいたいの場合は警察へ行く人は少ないようです。

後からとんでもなく遠いところで見つかって取りにいくにも手間と時間がかかるなんてこともありますよね。そんな時は警察へいかなければよかったということになりませんか?とても大事な自転車や高い自転車なら警察へ行くことも考えるかもしれませんね。

最後に



自転車の鍵をなくしてしまって壊すことになってもまた鍵をつけてもらうことになるので自転車屋さん便利屋さんに来てもらうことになりますよね。

私も以前は自転車派でした。

ある時、道路の自転車のタイヤがはまってしまいそのまま横に倒れてしまいました。記憶がなくなって顔は血だらけになって結局女の人の「大丈夫ですか?」という声で気が付きましたがショックで足が動かないし傷もあるので救急車のお世話になりました。その時のお医者さんがケラケラ笑って絆創膏を貼るのに「どこから貼ったらいいのか~」と言っていました。約1カ月間まともな顔にはもどらなかったです。約10センチぐらいのかさぶたが片目のまわりにびっしりとついてしまって外へは出られない毎日を送っていました。

それからこわくて自転車には乗っていません。
乗れないわけではないと思うのですが、公団の自転車置き場に置いておいて申請しなかったらいつのまにか処分されてしまいました。

今でも買って買い物に使おうかなとか思ってしまいます。

食品や日用品の買い物はとても重くてなかなか持って帰るのは大変です。自転車のかごにいれて持ち帰ることができたらとても便利だろうなと思うのです。今ではネットスーパーを利用しているのであまり必要もないかと思いますけどね。

たまには主人とふたりでツーリングに行ってみたいものです。青空の下で乗ったら気持ちよさそうですよね。

旅行に行った時も自転車があれば街中を自転車で回れるのでとても便利だと思います。最近は貸自転車も人気がありますよね。

私は自転車の鍵をなくしたことはありませんが、なくしたら大変だと思います。きっと便利屋さんを呼ぶでしょう。自転車屋さんはこのへんにはないのです。

みなさんも自転車の鍵をなくさないように気をつけてくださいね

スポンサーリンク

このページの先頭へ