風邪をひいた時に飲む飲み物選びのポイント!おすすめの飲み物

風邪をひいた時に飲む飲み物選びのポイント!おすすめの飲み物

%ef%bc%91 %ef%bc%92

風邪をひいた時に、妙に喉が渇いた経験はありませんか?

風邪をひくと発熱などにより、通常よりも多く発汗するために、異常に喉が渇いてしまうと言う現象が起こります。

風邪の時に喉が渇いたからと言って、何でも飲んでいいとは限りません。

物によっては薬と一緒に飲む事で、身体に悪い影響を与えてしまったり、脱水症状を悪化させてしまうものもあります。

そこで今回は、風邪をひいた時に飲む飲み物の選び方のポイント!

そして、おすすめの飲み物をご紹介していきます。

スポンサーリンク

風邪をひいた時にはどんな飲み物が良いの?

%ef%bc%93

%ef%bc%94%ef%bc%95%ef%bc%96%ef%bc%97

風邪をひいた時に喉が渇いて、一番に簡単に飲める物と言えば蛇口をひねれば簡単に出てくるですね。

最近では、冷蔵庫にいつでもペットボトルの水を常備している家庭も多くなっています。

しかし、普段の喉の渇きを潤わせるのに水はいい物ですが、風邪による脱水症状の時に水を沢山飲むと、逆に脱水症状を悪化させてしまうことが有ります。

この理由は、後でゆっくりお話しすることにします。

あとひとつ、ぱっと頭に浮かぶものと言えば、ポカリスエットなどのイオン系スポーツドリンクです。

私達は普段の生活の中でCMなどを見聞きする事により、何気なくスポーツドリンクって身体に浸透しやすく喉の渇きを癒すのにいい物!

と思い込みがちですが、本当にいい物なのでしょうか?

答えは・・・

%ef%bc%98

 

 

 

 

 

です!

 

 

 

この様なスポーツドリンクには、私達の体の水分のバランスを保つためのイオンが含まれているからです。

 

風邪をひいた時にお勧めの飲み物

%ef%bc%99

では、スポーツドリンクを含む風邪をひいた時に良い飲み物を、具体的に例をあげてお伝えしていきたいと思います。

①ポカリスエット(大正製薬)

熱による発汗で失われた水分、イオンをスムーズに体内に補給することが出来る健康飲料です。

ナトリウムで塩分を補給、炭水化物も多めに入っているので、風邪で食欲がなくなっている時の栄養補給にもなります。

②アクエリアス (コカ・コーラ)

アクエリアスもポカリスエットと同じように失われた水分、イオン補給、ナトリウム、炭水化物を補給できます。

カロリーはポカリスエットよりも少なく、糖分の代わりにスクラロールと言う甘味料を使用しています。

食欲がなく体力も弱っているならポカリスエットの方がお勧めです。

③アクエリアスビタミン(コカ・コーラ)

②でご紹介したアクエリアスに+ビタミンCが加えられたものです。

ビタミンCには抗酸化作用が有り、免疫力を高める効果があるので風邪をひいた時に飲むと効果的です。

④ゼナジンジャー(大正製薬)

風邪による発熱で消耗された栄養を補うことが出来ます

生姜、甘草、桂皮、大棗、他ブラジルの強壮生薬ムイラブアマなど14種類の生薬とタウリン、ビタミンが配合されています。

また、カフェインを使用していないので、眠りを妨げないのが風邪をひいている時に非常に良い点です。

噂によるとお湯で割って飲むと体が温まって良いそうです。

⑤生姜湯

咳や喉の痛みを和らげる効果が有ります。

また体を温める効果もあるので、生姜をお湯に溶かして、ゆっくり飲むと悪寒が緩和される効果が期待できます。

ハチミツを混ぜると飲みやすくなりますし、ビタミン類をたくさん含んでいるので◎です。

スポンサーリンク

脱水症状にならないように注意

%ef%bc%91%ef%bc%90

脱水症状になると、めまいや揺らつきが起り口の中が渇きます。

その後、放っておくと頭痛が起り口の中の渇きも進み粘々した感じになり、唾液や尿の量も減り嘔吐する場合もあります。

そして、もっと酷くなると痙攣、昏睡、意識障害、錯覚、幻覚などを引き起こし、最終的には命にかかわる大変危険な状態になってしまいます。

そうならないように、風邪をひいて喉が渇いたなーと思ったら、上で紹介したようなスポーツドリンクで、水分とミネラル、塩分を補給しましょう。

冒頭で少し触れましたが、ただ水だけを飲むのは実は危険なのです。

私達の体は発汗した際に水分と共に塩分も排出されます。

水だけを体内に入れると、イオン(主としてナトリウム、クロール、塩分)と水のバランスが崩れ、水分だけが多くなり薄まった状態になってしまいます。

結果、喉の渇きはおさまりますが過剰な水を尿として排泄する事となり、体液の量が不十分となり脱水になってしまうのです。

ですので、水だけでなく、スポーツドリンクで水分を補給する事がとても大切なのです。

 

風邪薬と一緒に飲んではいけない飲み物とは?

風邪をひくと、たいがいは薬を服用する事になると思いますが、ここでは薬と一緒に飲んではいけない飲み物をお話していきます。

%ef%bc%91%ef%bc%91

①アルコール(お酒)

薬をアルコールと一緒に飲むと、薬の効果が強くなりすぎてしまう可能性が有ります。

また中枢神経の抑制が強まり、場合によっては呼吸困難、低血圧、意識障害、昏睡状態に陥り命の危険になる事も有ります。

②牛乳

牛乳に含まれているカルシウムやマグネシウムが抗生物質と結合する事により、腸から薬が吸収されにくくなってしまいます。

③グレープフルーツジュース

グレープフルーツジュースには、肝臓の酵素の働きを邪魔する成分が含まれているので、薬と一緒に飲むと効果が強まり過ぎる可能性が有ります。

 

最後に

いかかでしたか?

風邪をひいて喉が渇いたからといって、何でもいいと言う訳ではない事が解りましたね。

もちろん一年中、風邪をひかずに元気な健康体でいる事が一番ですが、もし風邪にかかってしまた時には、スポーツドリンクなどでしっかりと水分を補給して、医師の指示に従って薬を飲み、早くいつもの健康な状態に戻していくことが大切な事です。

先ずは、風邪をひかないように食事、運動でしっかり予防して、いつでも元気な体でいましょう!

スポンサーリンク

このページの先頭へ