子供のくせ毛を直す方法を教えます!原因は遺伝だから無理かッ?!

子供のくせ毛を直す方法を教えます!原因は遺伝だから無理かッ?!

他人から見ると赤ちゃんのくるくるのくせ毛はとてもかわいいですが、ママとしては不安になることがあるかもしれません。

子供の髪は一人一人違い、ストレートだったりくせ毛だったりと様々で、「なんでうちの子はくせなんだろう」と疑問に思ったことがあるかもしれません。

それでは子供のくせ毛の原因は何なのでしょうか
そして治せるものなのでしょうか

でも原因は遺伝だから無理?

いいえ、くせ毛は髪のケアの方法によって改善することがあります。

このデリケートな髪質のくせ毛の原因等を見ていきましょう。

スポンサーリンク

子供のくせ毛の原因ってやっぱり遺伝?

やはり遺伝による可能性は大きいです。

%ef%bc%91

くせ毛は優性遺伝ですので、両親の髪質を遺伝する可能性が高いです。

子供に遺伝する確率は、両親ともにくせ毛の場合は90%以上、どちらか一方のみくせ毛の場合は70%以上だと言われています。

とても高い確率ですよね。

現代の日本ではおよそ50%の人がくせ毛だと言われています。

くせ毛の原因は他にもあります。

毛根や毛包が曲がった状態だと、くせ毛になりやすいです。

毛穴につまった洗い忘れ等が髪のうねりを出す原因です。

この場合この頭皮を健康な正常の状態にすることでくせ毛が治ると言われています。

また、偏った食事もくせ毛の原因と言われています。

不十分な食事だと髪に栄養が行き届きません。

バランスの良い食事をして、しっかりと栄養補給をしましょう。

 

子供のくせ毛を治す方法!

くせ毛が遺伝の場合、完全に治すことは難しいです。

しかし、髪のケア次第で髪質が改善されることがあります。

たとえ改善されなくても扱いやすいくせ毛になる可能性もありますので、髪のケアが重要なポイントです。

その方法を以下にご紹介します。

1.シャンプーを変える

赤ちゃん用のシャンプーではなく、くせ毛用のシャンプーを使うことをおすすめします。

子供のくせ毛を完全に治すとまでいかないですが、毎日続けてケアをしていれば髪のうねりや広がりを抑え、まとまりやすい髪の毛になるでしょう。

また、髪と同じ成分である弱酸性のシャンプーを使うこともおすすめです。

2.しっかり乾かす

シャンプーをした後のタオルドライをしっかりするようにしましょう。

髪が濡れている状態だと、髪が傷む原因となります。

この傷んだ髪がくせ毛を悪化させるのです。

面倒臭いからといって乾かさないで寝てしまうと髪は擦れて傷んでしまうだけです。

ただ一つ注意しなければいけないことは、タオルドライをするときに髪の毛をごしごしこすらないこと

こすると、髪を傷つけてしまいます。

タオルで優しく当てるように乾かしましょう。

3.ドライヤーを変える

タオルドライがしっかりされていれば、どんなに長い髪でもドライヤーを使う時間は少なくなります。

それでもドライヤーの熱風が気になるようであれば、マイナスイオン等が出るもので、髪を乾かしましょう。

%ef%bc%92

4.食生活の改善

髪の内部の成分はタンパク質ですので、タンパク質を積極的に摂るようにしましょう。

またビタミンやヒアルロン酸も髪の毛を生成するのに必要な成分です。

こちらも摂るように心がけましょう。

ただし闇雲にそれだけを摂るのでは栄養が偏ります。

バランスよく食事に取り入れましょう。

髪の毛にいい食べ物は

• タンパク質 卵、魚、肉、豆腐等
• ヒアルロン酸 山芋、オクラ、納豆等
• ビタミン 野菜、フルーツ

になります。

スポンサーリンク

子供の頃は直毛だったのに、成長につれてくせ毛になるケースも…。

大人になって髪質が変わるということはよくある話です。

子供のときの髪質は柔らかいのですが、成長とともに硬くなることがあります。

これをくせ毛になった、と感じる子供もいるようです。

軟毛でのくせ毛はまだ扱いやすくくせ毛だと気づきづらいのですが、硬毛でのくせ毛は扱いづらく、くせ毛が強調されたと感じることが多いのです。

また、思春期に変わったのであれば、それはホルモンバランスの変化によるものです。

さらにこの時期はおしゃれにも目覚めるので、ヘアスプレーやヘアクリーム等の整髪料で髪を整えていることも少なくありません。

このときにしっかりと整髪料を洗い落としていればいいのですが、洗い方が十分でないと、それが毛穴に詰まって頭皮に残ってしまいます。

これによって髪の毛がうねってしまい、くせ毛になったと感じるのです。

同じように髪のカラーやパーマをすると髪の毛が痛み、くせ毛のように髪の毛が広がってしまうこともありますので、髪の毛を変えるのであれば、それ相応のケアを怠らないようにしましょう。

 

最後に

子供のくせ毛は遺伝が多いとされていますが、髪の毛が成長とともに変わってくるのも事実です。

赤ちゃんのときはくるくるだったのに今はもうストレートだ、というお子さんも多いのではないでしょうか。

そんな赤ちゃん時代のくせ毛を楽しむのも一つの手かもしれません。

髪のくせ毛を改善するには、毎日の髪のケアバランスのいい食事が大切になってきます。

もしお子さんのくせ毛が気になるようでしたら、まずはシャンプーを変えてできるだけファーストフードやスナック菓子を与えないようにしてみてはいかがでしょうか。

そうしたら何か変化が出てくるかもしれませんね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ