母の日には何の花鉢をプレゼントしたらいいのか?人気を探る!

母の日には何の花鉢をプレゼントしたら喜ばれるのでしょう。
一般的にはカーネーションですが、いろいろな人気の花鉢をすこし探ってみましょう。

スポンサーリンク

母の日に花鉢のプレゼント!喜ばれる理由!

母の日

花鉢切り花と違ってずっと花が咲いていてくれる点に人気が集中すると思います。

ずっとお花や野菜が好きで育てている人はもちろんのこと鉢植えの花をもらったら悪い気はしないでしょう。ただし入院中のお母さんには鉢植えはもっていかないようにしましょう。根付くといって縁起の悪いものになってしまいます。

お母さんの好きな花や好きな色を考えて花鉢をプレゼントすればとても喜ばれるでしょう。

人気・定番を紹介!

母の日

やはり胡蝶蘭は人気がありますね。高いだけでなく品格があります。お母さんも胡蝶蘭をもらったら普段は買えないものですから、すごくよろこんでくれることでしょう。

デンドロビューム人気が高い花のひとつです。人気があるのはピンクピンクホワイトも人気がありますね。華やかな感じがとても素敵。部屋がとても明るくなった気がします。

洋らんも人気があります。少し気品が感じられるところが気にいられているのでしょうか?珍しい洋らんもたくさん出回っています。お母さんの好きな洋らんを選んで贈ってみてはいかがでしょうか。

クリスマスローズも人気があります。その花の素敵な姿いくつあってもいいなと思います。

その他、おすすめの鉢植え!

母の日

春になってお庭チューリップがあったら素敵ですよね。チューリップの鉢植えはいかがでしょうか?ピンク黄色もありますが、私がおすすめするのはやはりピンク。母の日にはピンクのほうが女性らしい花だと言えると思います。いつもいろいろな家事をしてくれているお母さんにちょっとだけ女性に戻ってもらってきれいなチューリップの花を見てもらいましょう。

リーガースはちょっと見慣れない花ですが、ふっくらしていてとても可愛いお花です。1つの鉢にたくさんのお花が咲き乱れるのでとても愛らしい姿が素敵なお花です。高さ約30cm×幅約25cmです。テーブルやリビングや寝室に飾って楽しめます。

シンビジュームはいかがでしょうか?とてもきれいな色が特徴のお花です。たくさんのお花が咲いてとてもきれいです。寒さにとても強く保温なしでも育てられます。手間のかからないお花と言えるでしょう。

スポンサーリンク

花鉢をプレゼントする上で注意する点!

母の日

宅配便花鉢を贈ってもらうことが多いと思います。

きちんとしたお花屋さんでないと梱包が雑土がこぼれてしまっていることがあります。花も折れたりしてかわいそうな結果になってしまっていることも多いです。段ボールなどで固定してくれる場合はとても親切なお花屋さんですのできちんとした花鉢が贈られてきます。特にネットでお花を購入する場合には注意が必要です。

贈るときには信頼できるお花屋さんを選びましょう。

私もお花が好きで何回も切り花も花鉢も送っていただいたのですが、その中でもきちんと段ボールなどで固定されていてそのままでもすぐにベランダなどに置くことができる時と、土がこぼれて片付けてからでないと飾れない場合とがありました。

何回も注文している間にだいたいこのお花屋さんなら大丈夫だと思えるお花屋さんは決まってきてしまうんですけどね。

せっかくの母の日のお花ですからきちんとした形で届くようなお花屋さんにお願いするようにしたほうがいいですよね。

最後に



お花はいくつあってもきれいで楽しいものですよね。

花鉢もずっと育てていると狭くなってくるので植え替えをしてあげなければいけませんね。もうすこし大きな鉢が必要になってくると思います。私はそのまま土に植えられるパンジーなども好きでよく買っていました。

一番好きなのはユリです。大きなお花を咲かせてくれるユリが大好きです。最近ではこぼれおちるお花の始末をするのに疲れてしまってあまりユリは買わなくなってしまいましたが。

そういえばうちのお母さんが一軒家に住んでいるんですが、にあまりお花がなくなってきたのでパンジーを植えたと言っていました。少しのパンジーでもきれいな色がたくさんあってきれいですものね。

すこし高いのですが胡蝶蘭プレゼントしたことあります。とっても喜んでもらえました。

母の日にはカーネーションが定番ですが、お母さんの好きな花を贈ってあげるのもひとつの手です。とても喜んでもらえますし、大事に育ててもらえます。

もし迷ってしまったらピンクの花鉢を贈ったらいかがでしょうか?

花は自分の好きな花でいいんです。もしくはお母さんが好きそうな花鉢を贈ってみてはいかがでしょうか?

きれいなお花を見ているとウキウキしそうですね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ