血圧を下げる即効性のある食べ物とは?血液をサラサラにする必要ある!

血圧でお困りの方、日ごろの食事や運動に気を使って過ごしていると思います。
jh@;ewrhw
しかしながら、暑い時期は汗で体の水分が失われて、血液がドロドロになったり、食事が喉を通らなかったり、気をつけたくても気をつけられていない方もいるのではないでしょうか。

今日はそんな血圧でお困りの皆様に、主に即効性のある食べ物を紹介いていきたいと思います。

スポンサーリンク

高血圧の原因とは?

高血圧は読んで分かるように高い血圧のことですが、なぜ高血圧だといけないと言われるのでしょうか?

それは、高い血圧が血管に絶えず負荷をかけてしまっているからなんです。

自覚症状はこれと言ってないから、ついついほったらかしにしてしまったり、自分の血圧自体を把握していないという人もいます。

でも、高血圧は「サイレントキラー」というほど恐い状態なので、40歳を過ぎている人は特に気をつけなければいけません。

では、高血圧の原因を知りたいですよね。

ところが、高血圧の9割は本態性高血圧で、原因不明です。

ですが、高血圧になる要因ははっきりとしています。

1,肥満

肥満だと血圧が上がります。
これにはいくつかの理由があります。

体が大きくなるのだから循環する血液が増え、心臓から血液を送り出す際大きな圧力が必要となったり、食塩の摂取量が増えることで血圧が上がる、交感神経が亢進して血管が収縮して血圧が上がる、インスリン抵抗性が高まり糖代謝に異常をきたすので血圧が上がる。

以上の理由です。

2,ストレス

ストレスにより自律神経系が乱れることによって高血圧となります。

3,喫煙

喫煙をすることで、血管が収縮しますので、血液を体中に送るために血圧を高くしなくてはならず、高血圧の要因となります。

4,塩分の摂りすぎ

肥満の項目でもちらりと登場した塩分摂取ですが、肥満ではない方でも、塩分の摂取量が多いことが高血圧の要因として考えられます。

一日の塩分摂取量は、高血圧の方が6g以内、そうではない方でも10g以内に抑えましょう。

これらの生活習慣を改善することで、血圧が下がる方は多くいますので、高血圧に悩んでいる方はまずは自分の生活の見直しから始めると良いでしょう。

 

カリウムを多く含む食べ物で血圧を下げる!

カリウムは高血圧の要因の一つである塩分(ナトリウム)を体から排出する効果がありますので、高血圧でお困りの方には即効性のある食品ですから、積極的に摂りいれていくと良いでしょう。(※腎臓の悪い方は気をつけて下さい。)

そこで、カリウムを多く含む食品を紹介します。

●牛乳

一般的な牛乳には1回の摂取量を100mlとすると、158gのカリウムが含まれており、濃い目の牛乳でしたら、約180mg含まれています。

脱脂粉乳の方が含有率が高く、100mlにして飲むと216mgとなります。

1

●魚介類

魚介類は1回の可食部100gに対して、良く食べられているものではさわらカンパチが490mgと、カリウムの含有量が高いです。

今が旬のカツオも380mgと、カリウムが多く含まれています。

●豆類

納豆、大豆、小豆、枝豆、きな粉、アーモンド、ピーナッツ、ヒマワリの種など、豆類も含有量が多いので、積極的に摂りいれていきましょう。

特にこの時期は枝豆が美味しいのですが、塩を振りすぎては本末転倒ですので、塩分は控えめにしましょうね。

●果物

果物にはりんご、バナナ、アボカド、キウイフルーツがカリウムがカリウムを多く含んでいます。

りんごやバナナやキウイフルーツはアレルギー表示義務対象食品27品目の一つでもあるので、アレルギーのある方は摂取しないように気をつけて下さい。

●野菜類

ホウレンソウ、春菊、芽キャベツ、アスパラガス、ブロッコリーが含有量が多いので食べるようにしましょう。

あまり好きではない方もいるかもしれませんが、ゆっくりと食べていると甘味が感じられて、きっと気に入ると思います。

●いも類

芋類の中では里芋、山芋、じゃがいもがカリウムを多く含んでいます。

里芋では80gの1回量に対して448mg、山芋は50gの1回量に対して295mg、じゃがいもは50gに対して120mg含まれています。

●海藻

わかめが高血圧に良いと聞きますが、特にカリウムが多いのはとろろ昆布干したひじきです。

とろろ昆布のお味噌汁やひじきの煮物を食卓に並べると高血圧対策になります。

 

ドロドロ血液をサラサラにする食べ物!

高血圧対策として病院で処方されるのは、ドロドロの血液をサラサラにする薬です。

高血圧にはドロドロの血液対策が急務なんです。

そこで、ドロドロの血液をサラサラにしてくれる食べ物を紹介していきます。

●玉ねぎ、にんにく、らっきょう

玉ねぎやにんにく、らっきょうには硫化アリルが含まれていて、この成分が血液をサラサラにしてくれます。

●大豆

大豆に含まれている大豆サポニンが、コレステロール値を下げて血栓を予防したり、血液をサラサラにしてくれます。

●生姜

低用量アスピリンと同じくらいの血液サラサラ効果があるといわれる生姜。

体を温める作用もありますから、積極的に摂りいれていきましょう。

スポンサーリンク

その他の血圧を下げる効果のある食べ物とは?

●酢

お酢を継続的に摂り続けることで、高血圧対策になります。

お酢の主成分「アデノシン」が血管のかべに作用して血管が拡張することにより血液が流れやすくなり血圧が下がるのです。

●オリーブオイル

オリーブオイルはオレイン酸を豊富に含んでいます。

血液中の悪玉コレステロールを減らしてインスリンの働きを助けます

また、オリーブオイルに含まれるポリフェノール血管を拡張する作用のある一酸化窒素の濃度を増やすことで、血圧を下げます

できればポリフェノールをより多く含むエクストラバージンのオリーブオイルを選んでください。

なお、ポリフェノールは喉にピリピリとした刺激を感じさせ、これが本物の証と言えます。

購入したオリーブオイルを舐めてみて何の刺激も感じられないものは、避けた方が良いでしょう。

●赤ワイン

赤ワインもポリフェノールを多く含むことで有名です。

しかしながら、アルコールの摂りすぎは血圧に良くありませんので、何かのお付き合いでお飲みになる方は、ビールなどよりは赤ワインを選ぶと良いでしょう。

●チョコレート

チョコレートもポリフェノールを多く含む食品です。

ただし、普通のチョコレートでは糖分も多く含んでいるので、肥満対策になりません。

できるだけカカオの成分が高いものを選ぶようにしましょう。

2

 

最後に

血圧を下げる即効性のある食べ物を紹介してきましたがいかがでしたか?

高血圧を下げるための食事の基本は、ゆっくりとよく噛んで食べることです。

血糖値をゆっくりと上げていき、適切に満腹感を感じられるようにしましょう。

メタボリックシンドロームにならないように、高血圧である日突然倒れないように、毎日の食習慣があなたの命を守ってくれるはずです

スポンサーリンク

このページの先頭へ