血圧を下げる飲み物!効果のあるオススメの10個を紹介!

血圧を下げる飲み物!効果のあるオススメの10個を紹介!

会社の健診で高血圧で引っかかった、なんだか体力が落ちた、原因不明の体の不調で高血圧に気づいたなど、高血圧に気づくタイミングは人それぞれ。

夏の暑い季節に高血圧に気づいたけれど、改善する食事なんて作ってられないし、食欲もないよという方には、簡単に血圧を下げられる効果的な飲み物を紹介します。

コンビニで手軽に手に入るもの、家で作って常備できるものもあるので、日常的にお役立てください。

スポンサーリンク

飲み物で血圧を下げる時のポイント!

高血圧の改善には、基本的な生活習慣の見直しが必要です。

特に塩分控えめの食事内容の改善適度な運動で肥満を治す、アルコールの摂取を適度なものに抑える、などです。

そのため、ここで紹介する飲み物を飲んでいるだけで、さて、高血圧改善になるかというと、それは違います。

例えばビールを飲むところを、ここで紹介するものに置き換えるとか、「小腹が減ったから何かつまみたいけど、血圧が気になるからこの飲み物にしておこう」というちょっと我慢のために、飽くまで置き換える方法で試してほしいと思います。

 

血圧を下げる飲み物!オススメの10個を紹介!

●オレンジジュース

オレンジジュースが高血圧に効果的と聞くと驚かれる方もいるようですが、これはもちろん100%のものです。

果汁10%などのものは、効果的ではありませんので気をつけて下さい。

オレンジジュースには、カリウムや葉酸が豊富に含まれていますので、塩分(ナトリウム)を体外に排出する作用があります。

このことは米国食品医局部(FDA)も認めており、毎日コップに2杯ほど飲むと効果が期待できます

1

●コーヒー

少し前までは、コーヒーを毎日飲むと、カフェインのために生活習慣病へのリスクが高まると言われていたようですが、カフェイン抜きのコーヒーとカフェイン入りのコーヒー両方で研究した結果、カフェインの有無は全く関係なく、コーヒーを常用する人の高血圧リスクはどちらも低いことが分かりました。

2

●牛乳

牛乳にはカリウムはもちろん、ペプチドが含まれています

ペプチドには血管を拡張させることで、高血圧を予防する効果があります。

乳糖不耐症の方にはおすすめできませんので、ご自身の体質と相談してください。

●お茶

血圧を下げる効果が期待できるお茶はたくさんあります。

原料の種類も豊富な上、トクホとして市販されているものも数多くあり、ここで紹介しきれないくらいです。

ペットボトルの市販品、茶葉を購入して自身で煮るもの、原料から自身で作るものに分けて効果的と思われるものをいくつか紹介します。

【市販品のお茶】

サントリー胡麻麦茶

血圧に効果的な胡麻ペプチドが血管を収縮する酵素の働きを抑え、血管の血液をスムーズに流すために効果的です。

トクホ取得ですので、安心して普段の生活に取りいれてください。

ヤクルト蕃爽麗茶

血糖値の上昇を穏やかにすることを謳った商品ではありますが、主成分がグアバの葉なので、高血圧予防に効果が期待できます。

飲みすぎると便秘になるので、調子を見ながら取りい入れるようにしましょう。

【茶葉】

緑茶

緑茶には茶カテキンとテアニンという成分が含まれていて、この成分に高血圧を抑える効果があります。

さらに、温めて飲むことで血管を拡張して血流を良くしますので夏場でもエアコンで冷えた体には優しい効き目があるでしょう。

また、緑茶と牛乳を混ぜて飲むことで、カテキンの働きを高める効果があると分かりました。

粉末のグリーンティと牛乳を合わせた抹茶オレは、効果が期待できそうです。

ウーロン茶

ウーロン茶に含まれるポリフェノールは、血圧の調整、肥満予防に効果的です。

自分で茶葉から煎れてもいいし、コンビニのペットボトルを常用してもいいので、気軽に続けられる方法です。

【原料から作るお茶】

ゴボウ茶

ゴボウ茶には、カリウムやポリフェノールによって血圧を抑える効果が期待できます。

ポイントは、皮まで使うこと。

ご家庭ではゴボウを買ってきて、ささがきにし、天日干しをしてからフライパンで煎ってお茶にします

慣れればそれほどの手間は感じませんが、市販のものもありますので、面倒だと感じる方は、是非市販のゴボウ茶を試してください。

●酢

酢に含まれるアデノシンがに血圧を下げる効果があります。

最近では飲用のための酢も多く出ていますので、普段から取り入れてみてください。

しかし、対症療法的で飲用をやめた途端に血圧が元に戻りますので、継続して飲んでください。

3

●ココア

ココアにはエポカテキンというポリフェノールの仲間が含まれていて、これが血圧の上昇を抑えるのに効果的です。

●グレープフルーツジュース

グレープフルーツにもオレンジと同様にカリウムが含まれているので、高血圧対策には効果が見込めます。

●バナナの自家製ドリンク

バナナにもカリウムが豊富なので高血圧対策になりますが、バナナ100%のドリンクは市販されていないので、自家製してください。

バナナにりんご、ヨーグルトなどを加えて、お好きな配合で楽しんでください。

●玉ねぎスープ

玉ねぎには血液をサラサラにする硫化アリルという成分が含まれていて、血液がサラサラになることで血圧を下げる効果があります。

玉ねぎは一日に50g(約1/4個)摂取すればいいのですが、毎日となるとスープの方が摂りやすいと思います。

まとめて作っておき、冷蔵庫で保存しておくと良いでしょう。

玉ねぎとコンソメと塩があれば手軽に作れますよ。

●トマトジュース

トマトにも塩分(ナトリウム)の排出を促進するカリウムが豊富に含まれているので、高血圧予防に効果があります。缶のトマトジュースもペットボトルのものも手軽に飲めますが、苦手な方は是非お料理に使うようにしてください。

スポンサーリンク

水をたくさん飲めば血圧は下げるの?

血液がドロドロになると血圧が上がります。

同じ太さのホースに、泥水を流すのと、水を流すのでは、ホースに圧力がかかって負担をかけるのは泥水の方ですよね。

さらに、泥水の泥の分量が多い方がより負荷がかかります。

他の例ももう一つ上げます。

タピオカ入りのドリンクを飲んだ方は分かると思いますが、ストローにタピオカが引っかかると、強い力で吸い出さないとなかなか口までタピオカが来ませんよね。

これと同じで、血液中に水以外のものが多く含まれると、血管に強い力をかけることでこのようなドロドロの血液を流すことになります。

これを長年繰り返しているとやがて血管が壊れてしまいます。

そのため、体の水分量が多い方が血液が流れやすくなるため、たくさん飲んだ方が良いと考えていいと思います。

しかし、一度にたくさん飲んでも、体には適正量しか溜めてけおませんので、余った水分は尿として排出されていきます。

この時にカリウムを積極的に摂取していれば、尿とともに塩分が排出されていくので、こういった食生活を習慣化していれば少しずつ血圧が正常値に近づいていくでしょう。

 

最後に

4

高血圧にお悩みの方、特に夏の間は体からどんどん水分が奪われていきます

睡眠中も家の中で休息している間も、どんどん水分がなくなっているので、意識して水分補給をしましょう。

特に高齢になると、生理的な反応が鈍くなり、喉の渇きに気づかない、気温の上昇に気づかないこともありますので、同居のご家族には声掛けやお水の提供を行ってほしいです。

循環器系を守るためには水を積極的に摂るようにして、食べ物を受け付けない時には飲み物で改善できると良いですね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ