デジタルパーマと普通のパーマの違いとは?メリット・デメリットは?

デジタルパーマと普通のパーマの違いとは?メリット・デメリットは?

一口にパーマといってもパーマの中にも色々な種類があります

ストレートパーマは読んで字のごとく、髪の毛がまっすぐになるパーマ、他にパンチパーマアフロは有名ですよね。

では、デジタルパーマ、ご存知ですか?

しれにデジタルパーマと普通のパーマの違いってなんなのでしょう?

1

今日はデジタルパーマの特徴や、普通のパーマとの違いなどを紹介していきます。

スポンサーリンク

デジタルパーマと普通のパーマの違いとは?

デジタルパーマって実は登録商標なんです。

本当の名前を「形状記憶パーマ」と言います。

形状記憶パーマと言えばなんとなく、どういうものだかイメージしやすいですよね。

デジタルパーマをかける時に使う機械には、特殊な熱処理用の機械「デジタルフリー」本体と熱処理を加えるロッドがつながっており、それぞれのロッドの温度を細かく調節できるという特徴があります。

この熱処理用の機械「デジタルフリー」を使うことでかけるパーマなので「デジタルパーマ」と言います。

普通のパーマというと、「コールドパーマ」が基本となりますが、これはパーマ剤によってパーマをかける方法です。

昭和の美容院では、髪にロッドを巻いたお母さんたちが週刊誌を読んだりおしゃべりをしている光景が良く見られました。

この時のパーマのかけ方が「コールドパーマ」に分類されます。

他に「加温式パーマ」。

これは60度以下の温度で、頭の上からグルグルとドーナツ型のマシン「遠赤外線加温気」を使い緩めの熱を加え、薬剤を安定させる方法です。

このように、普通のパーマとデジタルパーマでは、熱処理するかしないかという点が施術の際の大きな違いです。

では、仕上がりにはどのような違いがあるのでしょうか?

最も特徴的な違いは、デジタルパーマをかけた髪の毛は、濡らすとストレートになりますが、乾くとパーマヘアになる点です。

普通のパーマだと、濡れた時の方がパーマがはっきりと分かりますよね。

その他の違いは、メリット、デメリットの項目で詳細に説明していきたいと思います。

2

 

普通のパーマの特徴とメリット・デメリット!

普通のパーマをコールドパーマと言います。

これは、熱処理をせずに、薬剤の力だけでパーマをかける方法です。

その工程は、まずアルカリ性の性質を持つ1液で、結合した髪の毛のたんぱく質成分をほどいて柔らかくします。

その影響で次の工程である2液が浸透しやすくなります。

2液は、酸化させる成分で、1液の時に一度ほどけたたんぱく質の成分を再び結合させることでクセを保つのです。

メリットとしては、施術内容から分るように、薬剤のみでの処理なので、施術時間が短時間で仕上がること、ロッドの種類がたくさんあるので、自分好みのスタイリングが追求しやすいこと、ふんわりとした女性らしい仕上がりが期待できることです。

デメリットとしては、長持ちしないこと(個人差はありますが1か月に1回の周期でかける必要があると感じている方も多いです。ほとんどのコールドパーマの周期は3か月以内と考えられます。)髪が乾くとゆるくなること、太くてかたい毛にはかかりにくい、逆に細くて柔らかい髪の毛にもかかりにくいなど、髪質を選ぶことです。

スポンサーリンク

デジタルパーマの特徴とメリット・デメリット!

デジタルパーマ特別なロッドで熱処理をして形状記憶させる方法です。

熱処理させるため、ホットパーマのうちの1種類です。

美容院によってはホットパーマ=デジタルパーマと呼んでいる所もあります。

メリットは、一度かけたらほどけにくいところです。

通常の仕上げ方で5か月以上持つという方や1年は取れないという方もいます。

そのため、デジタルパーマの周期を1年に1回と決めている人もいるようです。

髪の毛が乾くとクセがあらわれるので、毎日のスタイリングも手間いらずで、一度かけると、とっても楽なんです。

デメリットと言えば、細かいウエーブがつけられないくっきりした仕上がりになるので、ふんわりとした優しい印象のパーマをお好みの方には気に入っていただけないかもしれません。

仕上がりイメージが髪が硬くなる感じです。

 

結局、どっちがおすすめなの?

時間がない人→デジタルパーマ
髪に時間をかけたい人→普通のパーマ

これが判断基準だと思います。

育児中の主婦や、お仕事の忙しい女性は、デジタルパーマをかけて毎日手間いらず、年に一度のパーマで美容院にも時間をかけない。

それでも、美しくいたい。

そんな方はデジタルパーマをかければ、ありがたさが身に染みて、デジタルパーマなしではいられないと思います。

反対に普通のパーマに向いている方は、今までのパーマで特に不便を感じていない方や、ふんわりとした優しい仕上がりが好きな方です。

初めてパーマをかけるのであれば、どれだけ髪の毛に時間がかけられるか、まずは考えてみてください。

 

最後に

デジタルパーマをかけたら普段は手間いらずといいましたが、具体的には、夜普通にシャンプーリンスをして、朝はあまりブラッシングせずに、軽く濡らしてからドライヤーと流さないトリートメントで、手ぐしでさっとスタイリングしてください。

綺麗な髪の毛が持続するように、お手入れしてくださいね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ