目の下のクマの治し方を詳しく解説!即効性のある方法も!

疲れているからクマができる人、常にクマがある人。

クマにもいくつかの種類があるのですが、クマっていったい何なのでしょうね。

老けて見えたり、病弱に見えたりしてあまり良い印象がありません

そこで治せるものなら治したい、即効性のある方法ってないものでしょうか?

今日はそんな悩みの種、クマについて説明をしていきます。

スポンサーリンク

目の下にクマができる原因とは?クマとは何?

目の下にできるクマ、なかなかしつこくてやっかいですが、このクマ、原因は何なのでしょうか?

実はクマには3つの種類があって、種類ごとに原因は異なります。

そこでまずは、3つの種類ごとの原因をそれぞれあげていきます。

睡眠不足疲労ストレス平熱が低い(代謝が悪い)、眼精疲労血行不良目の周りの皮膚が薄いために生じることなどが原因の青クマ目の周りの皮膚にメラニン色素が沈着している茶クマ目の周りの筋肉がたるむことが原因で起こる黒クマがあります。

それぞれの原因ごとの対策方法は後ほど詳しく解説していきます。

1

 

なぜ目の下だけにクマができるの?

基礎化粧品や美容グッズも、目の周りのケアに力を入れた商品が多く出ているのは、目の周りのトラブルを抱えている人が多いからですよね。

それにしてもこんなに、疲れも年齢もクマも、目の周りばかりにあらわれるのはなぜでしょうか?

ひとつには、目の周りの皮膚の薄さによるものです。

目の周りの皮膚は元々血液の流れが良くない箇所血流が静脈内に停滞しやすく皮膚が薄いために血管眼輪筋(目の周りの筋肉)が透けて見えやすいところです。

また、皮脂腺が少ないのですぐに乾燥して、ターンオーバーのリズムが乱れやすいところでもあります。

その上、知らず知らずのうちに目をこすったり、洗顔のために目の周りに摩擦を加えることがあるため、色素沈着が起こりやすい場所です。

それらの様々な理由から目の周りは他の箇所と比べると、クマが特にできやすいと言えるのです。

スポンサーリンク

目のクマには3種類あるって知ってましたか?

2目のクマには先述した通り3つの種類があります。

1,青クマ

睡眠不足、疲労、ストレス、平熱が低い(代謝が悪い)、眼精疲労、血行不良、目の周りの皮膚が薄いために生じることなどが原因で生じる青クマ。

冷え性の方に起こりやすく、慢性的な疲れが背景にあるといえます。

2,茶クマ

目の周りの皮膚にメラニン色素が沈着している状態です。

元々目の周りはメラニン色素が集まっている箇所なので、摩擦や紫外線のダメージによって茶色く残りやすいのです。

また、化粧がきちんとクレンジングしきれていないと、残った化粧の成分が酸化したり、紫外線で反応することで茶色く残ってしまうことがあります。

3,黒クマ

加齢が原因となることが多く、目の周りの筋肉がたるむことが原因で起こります。

たるみによって影のように見えることから影クマと呼ばれることもあります。

 

それぞれの治し方を解説!即効性のある方法も!

あなたのクマはどれにあたりますか?

クマを放置することによって、改善しにくくなる場合もありますので、なるべく早めに対処する必要があります。

老けて見えたり病弱に見えたら、女性ならずとも損ですよね。

そこで、即効性のあるクマの治し方を紹介します。

1,青クマ

青クマは代謝が悪い冷え性などが背景にありますので、根本的に解決するには体質を変えていくことが肝心です。

しかしながら早く青クマを取り除きたい方は、温かい蒸しタオルを瞼に乗せてみましょう。

市販の温かくなるアイマスクなどもおすすめです。

2,茶クマ

茶クマの方は、血行不良が原因ではありませんので、マッサージで摩擦や刺激を与えるのは逆効果です。

素早く色素を取り除くのは難しいとは思いますが、より早く改善するためにはハイドロキノン配合の化粧品やレチノール入りのクリームを使ってみましょう。
.
個人差もありますが、効果的という情報があります。

強いものなので、説明書をよく読み、使い方に間違いがないよう気をつけて下さい。

3,黒クマ

加齢が原因となることが多く、目の周りの筋肉がたるむことが原因で起こりますので、日ごろから筋肉がたるむことを抑えるために顔の表情筋の運動を心がけましょう。

また、目の下の小じわがたるみの原因となりますので、コラーゲンやヒアルロン酸の摂取も必要です。

乾燥を避けることが大切なので、目の下のパックや集中ケアをしてみてください。

 

最後に

クマについてのあれこれ、いかがでしたか?

しつこいクマを撃退するには、やはり大切なのが代謝を上げていくことや普段のケアです。

毎日必ず行うことってなかなか大変なのですが、老け顔、病弱顔にならないよう、地道に日ごろのケアを行っていきましょう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ