母の日のカーネーションは赤色以外でもいいの?色に意味あるの?

来る5月の第2日曜日母の日です。

母の日
母の日とは、日頃の母の苦労を労わって母への感謝を表す日で、この文化は、日本やアメリカだと同じ5月の第2日曜日に祝うものだそうです。また起源は世界中で様々であり、日付も異なります。

そして母の日の象徴といえば、カーネーション
皆さんは母の日にカーネーションを贈ったことがありますか?

私はつい恥ずかしくて母にプレゼントをあげたことがなく、今年こそ感謝の気持ちカーネーションに託して渡したいと考えています。

花屋さんに行くとカーネーションでも様々な色のものがありますが、母の日赤色のカーネーションが有名ですよね。

何故、赤色のものが選ばれるのか?また、色の意味についても詳しく調べてみましたので是非渡す際の話のタネにして下さい(^o^)

スポンサーリンク

①母の日の贈りものに、なぜ赤色のカーネーションが選ばれるのか?

母の日

贈り物として花束を渡すのは定番ですが、花の種類がバラガーネットなど沢山あるなかで何故カーネーションが選ばれるのか?

そのきっかけは20世紀の初めごろにあり、アメリカに住むアンナ・ジャービスという少女が、いつも苦労して育ててくれた母が亡くなり、その際に追悼の意味をこめて白のカーネーション祭壇に飾ったのが始まりとされています。

日本では菊の花を贈ることと似ていますね。

やがてキリスト教徒を中心に母親にカーネーションを贈る習慣が広まっていき、さらに全米へと広がりました。その後アンナの提案で、存命する母親を持つ人は赤いカーネーションを、母親を亡くした人は白いカーネーションを自分の胸に着けるようになり、これが時の流れで母親にカーネーションを贈る風習へと変わっていきました。

日本も、戦後に広まった母の日の風習としてはアメリカと同じく赤と白のカーネーション区別をしていましたが、区別することで気持ちが傷つく子が居たり、実の母親に育てられなかった子供の気持ちに配慮をするべきでは?といった声も出てきたため、統一して母の日には赤いカーネーションを贈るといった風習が定着しました。

また戦後の日本では業界関係の宣伝などで、赤いカーネーションを贈る習慣が広く伝わっていきました。

今や大定番ですよね。この由来を知って、感謝の気持ち再確認して頂ければと思います。

②赤色以外の色でもいいの?

母の日

先ほど、カーネーションの色の由来についてお話ししましたが、他の色はどういった意味か、もしくは赤色以外のカーネーションでもいいのか気になるところです。

そもそもカーネーションには共通の花言葉があり、 「女性の愛」「感動」「純粋な愛情」などがあります。

今では、様々な色のカーネーションが販売されており、赤以外のカラフルなカーネーションの花束を贈る方もいらっしゃるそうです。

しかし、亡くなっている母に贈る意味のある白をはじめ「出来れば避けた方がいい色」があります。

例えば白のカーネーションだと「尊敬」「純潔の愛」「亡き母を偲ぶ」ですし、濃いめの赤だと「私の心に哀しみを」悲しい意味の花言葉です…。
また黄色の花言葉が「軽蔑」「嫉妬」「愛情の揺らぎ」と贈り物というよりか嫌がらせにもなりうる意味です(- -;)

贈る側彩りがいいからといって選んだカーネーションが、贈られた相手にとっては凄く気にされる方もいらっしゃるので気をつけましょう!

スポンサーリンク

③カーネーションの色別の意味を紹介!

母の日

先ほどは贈らない方がいい色をお伝えしましたが、改めて色別の意味について紹介します!

贈っても大丈夫だと言われる色ですと、

一番ポピュラーなは、

「真実の愛」「愛情」
「情熱」「母の愛」
「愛を信じる」

などストレートな愛が伝わりますね。

また可愛らしいピンクですと、

「感謝」「上品・気品」
「暖かい心」「美しい仕草」

優しい言葉となっています。最近疲れ気味のお母さんに贈るにはもってこいです。

また、オレンジ

「集団美」「純粋な愛」
「清らかな慕情」



ちょっと珍しい

「永遠の幸福」



落ち着いたには

「誇り」「気品」



とまさに長年育ててくれた母のように誇り気品があるような花言葉ですね(*^^*)

④最後に

母の日

母への感謝の気持ちは、なかなか日頃口に出せないものです。

一年に一度の母の日は、カーネーションではなくても気持ちが伝わるものであれば何でもいいと思います。

バラガーベラひまわりなど素敵な花も沢山ありますし、ものではなくとも家事を手伝うことや、ちょっとしたこと感謝の気持ちは伝わります。

何より、あなたが母にとって何よりの大切な贈り物であることを忘れず、笑顔でいることが一番です。

今年の母の日は、あなたもお母さんも笑顔で過ごせる1日になるといいですね!

スポンサーリンク

このページの先頭へ