裾上げの持ち込み料金の相場は?自分で簡単に裾上げする方法を伝授!

裾上げってお店にズボンを持ち込んだらいくらくらいかかるの?

ズボンの裾上げって自分でできるの?

あんまり器用じゃないんだけれどできるかしら?

1

ズボンの裾上げって難しそうでなかなか自分でやるのは、気が引けますよね。

でもちゃんとやり方を分かっていれば大丈夫!

縫うのだって慣れれば簡単です。

縫うのが苦手という方にもできる簡単な方法もお教えします。

この機会に自分で裾上げにチャレンジしてみてはいかがでしょう?

スポンサーリンク

ネットで買ったパンツ等の裾上げはどこに持ちこんだらやってもらえる?

2

インターネット通販で洋服を買うことありますよね?

お店と違ってその場で裾上げしてもらえない通販でも、裾上げする方法はありますよ。

裾上げを請け負ってくれるお店も存在するんです!

それが『お直し.com』!
郵送でズボンを送ると指定した丈に直して、自宅まで届けてくれるという仕組みです。

このシステムなら仕事や学校で「お店に行く時間はないわ」という方もお願いしやすいのではないでしょうか?

「店からコース」ならインターネットで買ったズボンをそのままお直し.comが受け取って、裾上げしてから家に届けてくれます!

これならより早く裾上げしたズボンが手元に届きますし、余分な手間を省くことができます。

直接店員さんに相談したいという方には、店舗型のお店がおすすめです。

スーパーやショッピングモールなど、お家の近くにもあるのではないでしょうか?

自分で裾上げするのは不安だからプロに頼んだほうが安心だという方にはこちらがおすすめです!

 

裾上げの持ち込み料金の相場は?

3

料金設定はお店によりまちまちで、大体の相場は700円~2,000円程度です。

しかし一言で裾上げと言いましても、三つ折り、シングル、ダブルなどやり方はさまざまです。

ズボンの素材によって料金も変わるので、事前にホームページや電話で確認するといいでしょう。

郵送で裾上げしてもらう場合は送料の確認もしておきたいですね。

スポンサーリンク

持ち込みしなくても自分で簡単に裾上げする方法!

4

・ミシン縫い方

ズボンの裾上げしたい長さで待ち針をとめます

アイロンをかけて布をまっすぐにして、縫い代の折り目をつけます

布が余るようであれば余分な部分は切ってしまいましょう

2回折にすれば切れ端も隠せるので、きれいな仕上がりになります。

待ち針でしっかりとめたら、ミシンで内側から一周縫います

普段ミシンを使わない方にはハードルが高いかもしれませんが、慣れてしまえば簡単に裾上げもできるようになりますよ!

ミシンが使えると何かを作りたい時、ぐっと幅が広がります。

・手縫い

縫いたいけれどミシンは持っていない。

そんな方は手縫いで裾上げしてはいかがでしょう?

縫い方はミシンと同じように丈を決めて、アイロンをかけ、待ち針で止めます。

あとはまつり縫いで縫うだけです。

ミシンに強度は劣りますが、細かい目で縫えば問題ありません。

思い立ったらすぐできる気軽さもポイントです!

・テープ

縫うのは苦手という方にもおすすめなのがこちら。
とっても簡単ですよ!

メーカーによって多少使い方に差がありますが、基本的には水で濡らして裾上げしたい幅におります

あとは設定の温度に温めたアイロンでくっつけるだけ!

アイロンの温度はメーカーによって違うので、使う前に説明書をしっかり読んでくださいね。

このテープは一発勝負なところがあります。

アイロンでもう一度温めればはがすこともできますが、布が攣ってしまったり、痕が残ってしまうこともあるので注意が必要です!

100円均一にも売っているので、料金は安く済ませることができます。

・ボンド

コニシ株式会社の『裁ほう上手』という糊をご存知ですか?

この商品で裾上げをすれば、糊をのばしてアイロンをかけるだけという驚きの手順で裾上げができてしまします!

ミシンも針も糸もいりません

透明なノリならちょっとはみ出してしまっても気になりませんね。

子どもがお裁縫に興味を持っているけど針やミシンはまだ早い…。という時にもピッタリです。

とっても簡単であっという間にできるので、忙しい方におすすめです!

・切りっぱなし

カジュアルなデニムなら、流行りの切りっぱなしはいかがでしょう。

ダメージ加工を自分でできるようなグッズも売っているので、自分で作るのを楽しみたい方にはとってもおすすめ!

オリジナルのデニムを作れるのでおしゃれも楽しめます。

ズボンをはいて裾上げの幅を確認してまち針をとめる際は、前かがみの状態で長さを決めないように注意してください。

まっすぐ立ってちょうどいい長さにしましょう。

ヒールをはく女性の場合は、実際に靴を履いてから長さを決めると良いですよ!

一人では難しそうなら、誰かにとめてもらうのもおすすめです。

 

最後に

5

裾上げについての疑問は解決しましたか?

お店に頼むにしても、自分で裾上げするにしても、何もわからないままでは不安ですからちょっとでも仕組みを知っていると安心です。

自分で裾上げするのも意外と簡単なんですよ!

ミシンがなくても裾上げする方法はたくさんありました。

今まで難しそうだからと思っていた方も、ぜひチャレンジしてみてください!

スポンサーリンク

このページの先頭へ