パパ産休、男性の育児休暇の制度はどうなっている?取得率は何%?

最近は、女性の社会進出で、男性の育児支援も大きく変わろうとしています
1
男性は、以前と比べると、だいぶ社会の目も、会社の目も、育児への参加が積極的に行われるように支援が厚くなってきています。

ですので、もっと男性の方が育児に携われるように支援が進んでいるのが現状です。

今回は、パパの産休について詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク

男性の育児休暇制度はどうなっている?

育児休暇は、子供が1歳になるまで取得できる休暇の事を言います。

1歳半まで休暇を取得できるケースでは、子供が保育園に入園できない場合、また配偶者が病気などで育児ができなくなってしまった場合などがあります。

育児休暇は、休業開始の1カ月前までに会社に申請することになります。

会社側は、その申請を拒否できないことになっており、育児休暇を取得した例が過去にないとうケースの会社は、育児休暇に関する制度がない場合もあります

しかしこのような場合でも、育児休暇は取得できるようです。

それから、妻が専業主婦、または仕事復帰していなくても、男性は育児休暇取得が可能です。

 

育児休暇・育児休業とは?

2育児休暇育児休業とは、産前・産後休暇に続いて必要になってくる休暇の事を言います。

育児休暇(育児休業)が認められているのは、常用雇用されている方のみです。

正社員契約社員派遣社員パートタイムの労働者が対象になります。

条件として、同じ会社・雇用者に雇われている期間が1年以上あり、育児休暇が終了する日を超えて労働契約が続くような場合に、育児休暇として取得できます。

育児休暇は、出産から子供が満1歳になる誕生日の前日までの1年間を取得出来るようになっています。

休業中の給与についてですが、休業期間中の賃金が支払われない、もしくは一定期間以上の減額がされる場合には、雇用保険から月額賃金の67%相当額が支給される「育児休業給付金」があります

取得手続きについては、希望する日から1ヶ月前までに書面で会社に申し出る必要があります。

スポンサーリンク

注目の取得率とは?

3厚生労働省の平成26年度の雇用均等基本調査によると、男性の育児休業取得率は、2~3%と依然として低いのが現状です。

男性の育児休業取得率は、2020年までに13%という政府目標がありますから、世の男性は今後さらに育児に専念できる対応がなされるようです。

 

取得に対する社会・会社の反応・・・。

4会社の規模、一緒に働く仲間や上司の性格にもよるかもしれませんが、男性サラリーマンの場合、職場の反応は普通の対応、反応のようです。

男性が育児に参加することへの認知度が上がっていることにも大きな要因があります。

育児に関しては、世の中の状況的にもだいぶ現在は受け入れられてきています。

それでも、職場への配慮は必要です。

基本的には、プロジェクトの切れ目で引き継ぎを完璧に終わらせることが、会社に対する最低限のマナーです。

それから、昇進に影響があることはいがめません。

休業を頂く事については、よく会社と話し合うべきでしょう。

また、もし万が一不当な扱いや、納得のいかない扱いを受けた場合には、相談できる場所があります。

それは、厚生労働省の「雇用均等室」という場所です。

相談しますと、直接的に会社に介入してくれます。

 

男性の育児休暇制度の今後について

5今後の改善策は次のような課題があります。

これからますます男性が積極的に育児参加する方向に向かうと思います。

男性が育児休暇を取得しずらい原因としては、職場の雰囲気、長時間労働、などがマイナス要因になっていますので、こうした点を今後改善する必要があります。

 

最後に

6男女雇用機会均等法が設立されて以降、男性が女性にもっと育児に協力出来る体制を整えるのが最善だと思われます。

育児休業を取得しやすい周りの配慮が、出産率をも上げてくれる機会になれば良いなと私は思います。

今後も、男女関係なく、育児が出来る体制が整うことを期待しています。

スポンサーリンク

このページの先頭へ