ねじれ腸の症状とは?ねじれ腸の改善に効果的なマッサージとは?

「ねじれ腸」というものをご存知でしょうか?

その名の通り、腸がねじれている状態なのですが、これによって便秘などの弊害が起こるため、悩んでいる方も少なくありません。

1

しかしそもそも、腸がねじれるとはどうゆうことなのでしょうか?

ねじれてしまった腸を改善する方法や効果的なマッサージなど、今日から始められるものをズバリご紹介します!

スポンサーリンク

ねじれ腸とは?

2

そもそもねじれ腸とは、大腸の一部がねじれてしまっている状態を指します。

そのために、便がスムーズに排出されず、便秘の原因にもなります。

さらに、ねじれ腸の人は日本人のおよそ8割

つまり国民の大半が腸のねじれを抱えているわけですね。

とは言え、自分がねじれ腸かどうかは、自分では判断できませんよね?

そこで、ねじれ腸の人に見られる傾向をまとめました!

以下の内、2つ以上当てはまる人はねじれ腸の可能性大ということです。

1.子供の頃から便秘がちだった
2. 便秘の際、腹痛を伴う
3.便秘になった後は下痢になりやすい
4.運動量が少なくなったら便秘になった

いかがでしょうか?
思いあたる節のある方は要注意!

ねじれ腸になっているかもしれません。

 

ねじれ腸の症状とは?

3

腸のねじれによって引き起こされる症状は、やはり便秘です。

腸がねじれることにより、部分的に腸が細くなり便がうまく通過できなくなります

そして、腸の中に便が溜まってしまうのです。

さらには、腸内に便が排出されず溜まり続けることにより、便の重みで腸が伸びてしまいます

こうなると腸本来の機能も著しく低下します。

そしてまた便が詰まるという、悪循環に陥ってしまうのです。

さらに、便秘になると排出されるはずの老廃物が腸内に溜まってしまうため、新陳代謝が低下して太りやすくなったり、肌荒れの原因になったりすることも・・・。

ねじれ腸が原因で大腸がんになってしまうリスクも高くなるので、放置しておかず改善策を取りましょう。

スポンサーリンク

ねじれ腸になってしまう原因とは?

4

日本人の腸は欧米人と比べると長いため、どうしてもねじれやすい構造になっているそうです。

なぜ日本人の腸が長いのかと言うと、元来、日本人は肉をあまり食べず、一汁一菜の質素な食生活を送っていました。

こうした植物性の食べ物の消化には時間がかかるため、自然と日本人の腸は長くなったと言われています。

このほかにも、近年よく見られるねじれ腸の原因があります。

1.食生活の欧米化

元々は肉の少ない食生活を送ってきた日本人ですが、食生活が欧米化したことにより、摂取する食べ物に変化が生まれ、腸内環境が悪化しているのです。

魚よりも肉中心の食生活は、日本人向けの長い腸には合っていないようです。

2. 運動不足の慢性化

腸がねじれていても、適度に運動して体を動かすことで、腸を正常な位置へ戻すことができます

しかし、近年オフィスワークの増加などから、慢性的に運動不足の人が増え、腸が元の位置に戻ることができないまま、ねじれだけが進んでいく状況にあるのです。

3.トイレを我慢しすぎる

仕事中、移動中など、トイレがうまい具合に見つからないと、ひたすら我慢することになりますよね。

この我慢が腸のねじれを進行させると言われています。

4.食生活が偏る

ダイエットなどで食べる量が減ったり食事の内容が偏ったりすると、食物繊維が足りなくなり、結果として便が詰まる原因になってしまいます。

無理なダイエットはせず、食事は健康的にまんべんなく摂るように心がけましょう。

 

ねじれ腸の改善に効果的なマッサージ方法!

5

残念ながら、伸びてしまった腸を元に戻すことは現在では難しいため、一度なってしまったねじれ腸は正常にはなりません。

ですので、治療するより、いかに快適な生活を送るか、ということに注目しましょう。

では、ねじれ腸を改善する効果的なマッサージの方法についてご紹介します!

簡単に行えますので、ぜひ試してみてくださいね♪

●マッサージその1

1.まず、両足を肩幅に開いて経ちます。

その姿勢のまま、上半身を左右に捻りましょう。

この時、下半身まで回してしまわないように注意してください。

2.次に、腸を伸ばすことを意識して、手を上に上げます。

これを、1分程度行いましょう。

●マッサージその2

こちらは、マッサージその1が終わったら行いましょう。

今度は、横になり、膝を立てた状態で行います。

左右それぞれ4本の指を使い、右手は上から、左手はお腹の左側から、軽くトントンと叩くように刺激します。

1.左側の肋骨の下あたりから足の付け根にかけて、上記の方法でトントンと刺激します。

2.次に、両手を使い、お腹を左右に揺らします。

3.上記の手順を、今度は逆にして行います。
肋骨の下まで叩いたら、同様にお腹を左右に揺らしましょう。

こちらも、1分程度行います。

●マッサージその3

こちらも、マッサージその2が終わってから行います。

S字結腸を刺激していきます。

1.おへその下あたりに手を当て、右から左へとトントン刺激します。
S字を書くように行います。

2.下まで行ったら、その部分を指でぐっと持ち上げるようにしてください

この1~3までのマッサージを起床時、就寝前に行うと効果的です。

また、お風呂で行うのもよいでしょう。

早い方であれば、マッサージを始めた翌日から便通が改善される方もいらっしゃいます。

毎日行い、腸の中をすっきりさせておくことが健康の秘訣です!

 

最後に

6

腸の詰まりは万病の元、と言っても良いほど、体に影響を及ぼします。

昔から便秘だからとあきらめている方、これまでいろいろな方法を試したけれど効果が出なかったという方も、ぜひ腸のマッサージを毎日続けてみてください。

快便はストレスをなくし、気分をすっきりさせてくれますよね。

健康的な生活への第一歩として、ぜひ、今日から行ってみましょう。

適度な運動バランスの取れた食事、そしてマッサージで、あなたも快適な毎日を手に入れましょう!

スポンサーリンク

このページの先頭へ