兵庫&大阪の猪名川花火大会!日程時間や穴場!混雑や見所ガイド!

大阪府と兵庫県の間で行われ、昭和23年から続く歴史ある夏の風物詩、猪名川花火大会!

基本情報から見どころ、周辺情報までまとめてガイド☆

スポンサーリンク

猪名川花火大会の基本情報!

1

◆開催の日程・時間!

8/20 (土) 19:20〜20:20
※荒天時は翌日8/21(日)に延期予定。

◆打ち上げ数は?

約4000発!
花火の大きさは最大で4号玉

◆開催場所・アクセスは?

猪名川河川敷

最寄駅は…
阪急 宝塚線 池田駅・川西能勢口駅から徒歩約10分
JR福知山線(宝塚線) 川西池田駅から徒歩約15分

◆屋台は?

川西会場池田会場に合計約350店が出店予定!

◆詳しいお問い合わせ先は?

○川西市文化・観光・スポーツ課
TEL 072-740-1161

○池田市空港・観光課
TEL 072-754-6244

 

見所!猪名川花火のおすすめポイント!

大阪府池田市と兵庫県川西市の間を流れる猪名川を舞台に行われる猪名川花火大会は、両市が合同で開催している歴史ある夏の祭典です。

猪名川の広い流域では他にも花火大会が行われるそうですが、「猪名川」の名前を冠しているのはこの猪名川花火大会のみ!だそうで、2つの自治体が合同で行う花火大会は珍しいのだとか!

両市の友好の証となっている猪名川花火大会ですが、来場者数は毎年11万人を超え、昨年は約12万4000人が来場!

阪神高速池田線を一時通行止めにして打ち上げられる迫力満点のスターマインなど約4000発の花火が夜空を華やかに染め上げ、猪名川の川面を照らす幻想的な光景が楽しめます。

メロディ花火変わり花火などバリエーションも豊富ですが、何と言ってもフィナーレの迫力あるスターマインは圧巻で、猪名川花火大会の代名詞とも言われるので必見!

また、花火の打ち上がる高さが比較的低めなので、会場近くで見ると花火が頭上真上の低い位置で花開き、臨場感たっぷり!

子供からお年寄りまで多くの方々に昔から愛されるアットホームな花火大会ですので、関西最大規模の花火大会の人出の多さが苦手という方にもおすすめ!

穴場的花火大会なので、川のせせらぎを感じる夏の夕涼みにぜひお出かけしてみては?

【関連】花火大会のメッセージ花火の料金・値段は?プロポーズや告白にも?

【関連】女からの花火大会デートへの誘い方!成功率を上げる5つのポイント!
 

混雑予想!

最寄駅が阪急 宝塚線 池田駅と川西能勢口駅、さらにJR福知山線(宝塚線) 川西池田駅の3駅に人出が分散しますが、やはり人混みを避けるなら早めの到着が鉄則!

駅からは少し歩きますが、当日は駅に会場までの案内が出ますし、わからないときは駅員さんに道を尋ねてみるといいでしょう。

お昼頃からだんだんと混み始め、夕方にはピークを迎えますので、できるだけ早めに現地に入りましょう。

その分、花火開始までの待ち時間は長くなりますが、猪名川沿いにずらりと並ぶ屋台は昼頃から始まりますので屋台グルメを楽しみながら待つのがおすすめ!

花火終了後は一斉に多くの人が移動するので混雑は避けられません。

そのため、花火が終わる少し前から帰り始めるか、終了後は1時間ほどゆっくり待機してから帰るといいでしょう。

また、周辺には専用駐車場がなく有料のコインパーキングなどもすぐに満車になります。

会場付近は交通規制が行われるなど、周辺道路は大変混雑しますので、電車やバスでの来場が断然おすすめです。

阪神高速道路池田線は一時通行止めも行われますのでご注意ください。

スポンサーリンク

観覧のおすすめスポット&穴場スポット!

猪名川花火大会を楽しむためのおすすめ人気スポット&穴場スポットをまとめてご紹介!

2

猪名川花火大会では有料の観覧席がないため、どの場所を確保するかは一大事ですが、事前の場所取りは16時〜などのルールがあることもありますので注意しましょう。

メインとなる川西会場と池田会場は例年の情報を参考に混雑予想!
今年は一部変更ということもありえますがぜひご参考に♪

◆川西会場

最寄駅は主に阪急川西能勢口駅・JR川西池田駅となります。

断然おすすめの観覧場所は駅から少し離れますが、打ち上げ場所に近い第2会場!

南側の猪名川大橋近くの場所で、川西能勢口駅・池田駅からは徒歩約25分、JR川西池田駅・北伊丹駅からは徒歩約20分の場所となります。

また、JR北伊丹駅はルートとしては遠いですが、その分穴場の駅でもあります。

ちなみに第1会場は屋台が出るそうなので、少々混んでいてもお祭りの気分を味わいたい方は第1会場もチェックを。

◆池田会場

最寄駅は主に阪急 池田駅となります。

打ち上げ場所にかなり近く人気のエリアなので混雑はしますが、駅から近い第1会場より第2会場は多少空いているのでおすすめ。

第1会場の方が多いようですが、両会場とも屋台が出るそうです。

◆猪名川運動公園周辺

駅から離れている分、混雑しにくくゆっくり観覧できる穴場スポットです。

◆絹延橋周辺

会場からは遠いですが、その分人は少ないのでゆっくり観覧できます

◆伊丹総監部東側

JR北伊丹駅からも近くてアクセスがよく花火もしっかり見えます

◆伊丹スカイパーク

大阪国際空港の滑走路沿いにある公園で、飛行場のライトアップとともに見ることができます

タイミングが合えば飛行機と花火が一緒に見れるかも!

【関連】花火の写真をスマホ・携帯で上手に撮る方法!4つのポイント!

【関連】花火大会は恋のチャンス!告白成功率80%?!混雑理由に手を繋ぐ!
 

周辺情報

◆コンビニ・トイレ情報!

駅周辺にはコンビニもありますが、会場や会場までの道のりでは見つけにくく、トイレも仮設トイレがメインになってしまいますが、どうしても混雑しがち。

コンビニなども含め、トイレは駅周辺で利用しましょう。

また、阪急 川西能勢口駅周辺には川西阪急、阪急 池田駅周辺にはダイエーがあります。

特に女性や子供連れの方は、トイレを見つけたら場所を覚えておくなど、こまめにチェックを。

◆グルメ情報!

阪急 川西能勢口駅・JR川西池田駅周辺にはダイニング・カフェが充実したショッピング施設がありますので、早めに駅に到着し、ゆっくり食事をするのもおすすめです。

もちろん買い出しやトイレでも利用しやすく便利な施設です。

○アステ川西
○モザイクボックス

 

近隣のおすすめスポット♪

猪名川花火大会が行われる周辺はおすすめスポットがいっぱいありますのでその一部をご紹介。

花火だけでなく、日中はこの近辺も遊びつくしてみては?

◆五月山公園

市の中央部にあり、標高は315.3メートル!園内はツツジ紅葉の名所としても知られていますが、ハイキングコース都市緑化植物園などの施設も!

◆五月山動物園

五月山公園内にあり、1957年の開設以来親しまれている、広さ約3,000平方メートルの動物園

オーストラリアから来たウォンバットワラビーなどのほか、アンデスの高地に住むアルパカなど、珍しい動物たちに出会えます。

◆水月公園

池と人工滝の景観が涼しい「水の公園」で、中段の池には、友好都市の中国・蘇州市から贈られた斉芳亭があります。

ダイナミックな人工滝も見どころ!

 

花火大会必須アイテム♪

最後に、花火大会必須アイテムをご紹介!

忘れ物をしても周辺のお店で買うのは混雑で一苦労なんていうことも。
お出かけ前の忘れ物チェックの参考に♪

○虫除け対策グッズ

川沿いで長時間過ごすので虫除け対策グッズは必須アイテムです!

○レジャーシートやブルーシート

場所取り必須アイテムももちろんお忘れなく!

○日焼け止めや帽子、タオル、うちわなど紫外線・暑さ対策グッズ

昼間からお出かけするなら紫外線対策も忘れずに!
帽子などのアイテムは熱中症対策としても必須!

○レインコート

急な雨などの場合、人混みの中でカサを広げるのは危ないのでレインコートを持参しましょう。

○ウエットティッシュ・ビニール袋

飲食時や手や服が汚れてしまったときなど、ウエットティッシュは大活躍です。

また、ゴミが出たときに使えるようビニール袋もあると便利。

ゴミは必ず持ち帰るか、会場内外に設置された専用ゴミ箱に捨てるようにし、周辺道路・店舗などに捨てたり、自然を汚すことのないようにマナーを守って楽しみましょう!

スポンサーリンク

【関連】花火大会の服装!女は浴衣以外ならどんな服装がいいの?

【関連】花火大会に行く時の持ち物リスト!必需品を紹介!蚊の対策にも!

このページの先頭へ