噂のロカボダイエットとは?ロカボ食品とは?その方法と効果を解説

みなさんロカボダイエットって聞いたことありますか?

聞きなれないロカボという言葉ですが、注目のダイエット方法なんですよ!

では、その気になるロカボダイエットの方法と効果を解説いたします!

スポンサーリンク

ロカボとはどういう意味?

ロカボとは、ローカーボハイドレートを略したものになります。

ロー(低い)+カーボハイドレード(炭水化物)です。

糖尿病や血糖値が高い方の対策として緩やかな糖質制限の意味もありますよ。

炭水化物の代表であるごはん、パンや麺類などの、血糖値をあげると言われている糖質をおさえてダイエットをおこないます

糖質オフダイエットとも似ていますが、ロカボダイエットは糖質だけを抑えて他はカロリーが高いものを食べても大丈夫なんですよ。

 

ロカボダイエット方法!

1

・1食の糖質摂取量20g~40g、1日の糖質摂取量70g~130g以内に抑えましょう。
・カロリー制限はしなくても大丈夫です。
・糖質だけ制限したらオッケーなので満腹になっても問題ありません。

糖質カットといいますが、日本人の1日の摂取量が270g~300gなので200gぐらいはカットしなければなりません。

ロカボダイエットをする上で、ぜひ分かっていただきたい糖質の簡単な説明をしますね。

血糖値が急にあがることで太る原因へとつながります。

血糖値は糖質をとるとあがり、血糖値のバランスを保つため、インスリンが分泌します。

インスリンは脂肪をとりこみたいため糖質を制限することが大事になってくるんです。

糖質は、パンやごはん、麺類、甘い糖もはいるんです、思った以上に糖質の種類ってたくさんありますね。

<実践方法>

1.誘導ダイエット(誘導段階)
2.減量段階
3.前体重維持段階
4.体重維持段階

1~4の順に行います。

1.誘導ダイエット(誘導段階)

炭水化物を1日あたり20gにします。

ごはん茶碗1杯分が100gなのでいかに20gが少ないかおわかりになるかと思います。

2週間続けると、体に残っている炭水化物エネルギーが空っぽになり、炭水化物がなくなると体は脂肪分解モードへと変わります。

そのため、1日に数100g~1㎏も痩せる場合もあります。

2.減量段階

脂肪モードへ変わると、炭水化物の量を増やしても脂肪分解が続きます。

1日40g前後、毎日ゆっくり5gずつ増やします

体重の減少が止まったあとに体重が増える量を把握し、減量しているときに摂取しても大丈夫な炭水化物量を決定します。

3.前体重維持段階

目標の体重に近づいて来たら体重が安定する炭水化物量へと徐々に増やしていきます

4.体重維持段階

目標体重になったら体重が増えない炭水化物量を保てる食生活にします。

お砂糖、シロップ、白米(精白されたものはダメです)。

取り入れる炭水化物は果物玄米おそばオートミールを少量にしましょうね。

理想のメニューは、豆腐野菜を取り入れたものになります。

スポンサーリンク

ロカボ食品!低糖質食品紹介!

・肉類

牛肉や豚肉、鶏肉の糖質は100グラムあたり1グラムです。
すごく低いです。
ダイエット中にお肉をたくさん食べれるってうれしいですね。

・野菜

イモ類、にんじん、ごぼう、玉ねぎ、かぼちゃ、れんこんがNGですが、その他の野菜類はオッケーですよ。
緑黄色野菜が特におすすめです。

・きのこ

・乳製品

・大豆

豆腐、豆乳、おから

・海藻

お腹いっぱいになるまで食べましょう!

 

ロカボダイエットの効果&メリット!

2

・ロカボダイエットは、痩せたのが目に見えて分かります。

見た目が大きく変わることがダイエットをする上で目的にしている方多いと思いますが、ロカボダイエットは断トツで効果が出ます

それは、日本人の主食はお米

おいしいパンに、街にはおそばに、ラーメンパスタ糖質は、身近にありますね。

女子が大好きなスィーツ全般にも糖質は含まれています。

この糖質を減らすことで痩せる体を作ります。

・カロリー制限なし

糖質を減らし、その代わりにタンパク質を多く摂りましょう

脂質も、オッケーなのがありがたいですよね。

ダイエットの天敵マヨネーズも食べれますよ~。

・医学的に効果が裏付けされている。

ロカボダイエットは、減量するのも早くて、効果を2年後も維持できていた。
そんな裏づけがあります。

なんと、半年でマイナス6キロ以上痩せた結果がでていますよ!
驚きですね。

 

最後に

ロカボダイエットについてよくわかったでしょうか?

糖質を制限することはツライかと思いますが、その他のタンパク質でしっかりエネルギーを取り入れましょう!

見た目で効果がはっきりでるとダイエットの意欲が増すかと思います。

くれぐれも、糖質をすべて絶つことはしないでくださいね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ