歯が茶色い!そんな茶渋の取り方・方法ッ!こんな裏技知ってます?

歯の着色汚れに悩んでいる方いませんか?

わたし自身も茶色気味。
真っ白な歯に憧れています

茶渋や、着色汚れのことをステインと呼びます。

ステインってこんなに身近な飲み物や食べ物にあるんですよ。

例えばコーヒー紅茶お茶赤ワインなどのドリンク、鉄分が多い食べ物チョコレートココアそれに、タバコのヤニなどの色素が沈着することで歯の着色につながります。

タンニンポリフェノールカテキンなどの色素が歯の表面に沈着し歯の色を変えてしまうんです。

1

研磨剤が多く入っている歯磨き粉の場合、一時的に歯の汚れを落とすことはできます。

茶渋が付着した歯は研磨剤を使えばその汚れを落とすことができますが、ごしごしと磨くうちにだんだんと表面に傷が増えて、汚れがなかなか落ちにくくなります

歯の表面のザラザラした部分に汚れがたまっていきます。

歯磨きしても取り切れなかった細かい汚れが蓄積していくうちに、歯の表面のたんぱく質と結合して歯の色を変えてしまうのです。

実は、茶渋はつきやすい人とあまりつかない人がいるんです。

つきやすい人の歯には、たくさんの傷があるんですね、そこに茶渋がくっついてしまうと、歯磨きしてもなかなか取り除くことができません。

歯がちゃんとみがけていない人も茶渋がつきやすいんです。

そういう私も歯磨きが下手です。
意識して磨かないと汚れがついたままに感じるときも多々あります。

真っ白な歯は憧れで終わってしまうのでしょうか?

スポンサーリンク

歯の茶渋の簡単な取り方・落とし方!

調べてみるとこんなにたくさん歯の茶渋の簡単な取り方や、落とし方がありました。

2

・歯磨き粉を歯を白くする効果が高いものに変えてみる。

いわゆる美白用の歯磨き粉のことですね。
普通の歯ブラシより値が張りますが、使っていくうちに汚れがつきにくくなっていきます。

・重曹を使う

歯磨き粉代わりに食用の重曹を使用してみましょう。

重曹は弱アルカリ性なので虫歯菌が出す酸を中和してくれます。
重曹は、虫歯予防にも最適です。

しかし、研磨効果があまりにも高いのでエナメル質を傷つけないよう優しく磨きましょう。
使いすぎには要注意です!

・塩を使う

茶渋に含まれるタンニンが塩と結びくことできれいになります。
研磨剤など入っていないため、安心して使えます

家にある塩で茶渋が落ちるとうれしいですね。

・歯の消しゴム

デンタルイレーサーと呼ばれるものです。

軽く歯を研磨することで歯が白くなります。
目立つ部分を隠すのに良いです。

・歯のマニキュア

歯を削らないで、マニキュアを塗って白くみせます。

マニキュアを塗って固めることにより何年かもちます。
お値段は歯科で行われるホワイトニングと同じくらいです。
歯医者には行かず絶対うちでやりたい人にはおすすめします。

・音波歯ブラシ

電動歯ブラシより高速振動する音波歯ブラシを使用することで、プラークを取り除きます。

スポンサーリンク

毎日の茶渋対策!

・食後にうがいするように口に水を含ませます。

茶渋がこれだけでもつきにくくなります。
これならお子様もすぐできますよね。

・毎日の歯磨きを丁寧に磨く。

いままで適当に終わらせていた歯磨きの仕方を改めてみましょう!

・ホワイトニング用歯磨き粉を毎日使う。

歯磨きは毎日のことですから、簡単に試せるかと思います。

・ガムなどを噛み唾液をでやすくする。

口内に唾液が少ないと歯が着色しやすくなってしまいます。

 

最後に

いくつか紹介しましたが、試してみたい方法はありましたか?

茶渋がついて歯を見られたくない・・・歯の色が気になってしかたがない

そんなあなた、今からでも遅くありません。
ぜひきになったものを試してみてくださいね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ