山形芋煮会フェスティバル2016年日程&時間と開催場所ガイド!

東北の秋と言えば芋煮です!

川原で皆で鍋を囲む楽しい集いですが、豚肉の味噌仕立て、という宮城県流に対し、牛肉にしょうゆ味、というのが山形県の伝統。

9月の到来を待ちわびて毎年恒例で行われ、全国ニュースでも必ず話題となる山形の芋煮会フェスティバル、大型重機を活用した調理でも有名ですが、一足早く詳細をお届けします!

スポンサーリンク

日本一の芋煮会フェスティバル基本情報!日程&時間と開催場所について!

まずは肝心の日程から。

2016年の山形名物日本一の芋煮会フェスティバルは9月18日(日)、雨天決行です。

セレモニーが9時ごろから、芋煮配布開始が11時ごろからとなっていますか、大鍋の芋煮を食べるためには一枚300円(予定)の芋煮引換整理券を入手しましょう。

ただ食べるだけではなく、大鍋に重機から材料が投入される様子も見ものなので、できればなるべく早く行ってみることをおすすめします。

場所は毎年恒例、山形市の馬見ヶ崎川の河川敷、双月橋付近です!

 

芋煮を食べるためには?整理券が必要?

先ほども少し触れましたが、例年、芋煮を食べるためには引換整理券をゲットする必要があります。

1

8時半から整理券販売所で300円で販売され、番号が記入してありますので、指示に従って順番が回ってきたら引き換えに行けばよいのです。

 

どのくらいの量が作られるの?

日本一の芋煮会フェスティバルとうたうだけあって、スケール感は半端ではありません!

直径6メートルの大鍋で3万食もの芋煮がいっぺんに調理されます。
これほどたくさん作られたら美味しくないはずはありませんね。

材料の投入には、新車の重機が使われます。

衛生面には細心の配慮がなされていますので、重機だからと心配することはありません。

鍋に投入される様子を見ることも醍醐味なのです。

材料もけた外れ。
3トンの里芋1.2トンの牛肉こんにゃく3500枚ネギ3500本蔵王の水6トンしょうゆ700リットル日本酒50升砂糖200㎏

これを6トンのナラ材で炊き上げるという、想像を超えたスケール感が何よりの魅力です。

しかも、里芋も牛肉もこんにゃくも山形産!
地産地消でここまでのフェスティバルができるなんて、すごすぎます!

スポンサーリンク

その他見所・ブースを紹介!

ゆっくりフェスティバルを楽しみたい方には、会場内には予約制の「芋煮茶屋」が設けられます。

午前午後の入れ替え指定席で、中学生以上前売2500円当日残席があれば3000円で、しょうゆ味と味噌味両方の芋煮と月山自然水のセットがつき、しょうゆ味芋煮はお代わり自由です。

その他、山形名物の玉こんにゃくやワインビールお土産ものの販売もありと、ゆったりと過ごすこともできます。

↓芋煮茶屋のご案内はコチラ↓
http://www.y-yeg.jp/imoni/ticket_chaya.php

その他、イベントブースおいしいものフェスタご当地戦隊・イモニレンジャーショーなど、お楽しみもたくさん!
いろいろな楽しみ方ができそうです。

 

混雑&交通規制!

当日の山形市内は大混雑が予想されるため、車での直接の来場はできません

市内4箇所の指定駐車場に駐車し、そこからシャトルバスを利用してください。

↓イベント会場はコチラ↓
http://www.y-yeg.jp/imoni/about.php#access_map

また、県内外からの団体バスでの来場も、専用の指定駐車場が用意されていますので、事前にお問合せください。

 

最後に

まだまだ夏の暑さが続く時期ですが、芋煮会のニュースを聞くと秋の訪れを感じます。

年に一度の元気なフェスティバル、是非足を運んでみませんか。

くれぐれも熱中症に注意して、心もお腹も大満足な1日をお過ごしくださいね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ