短時間でぐっすり眠る方法!誰でもショートスリーパーになれるのか?

忙しさに追われ睡眠時間を削っている方多いと思います。

睡眠時間が不足すると次の日だるくなったり頭がぼんやりしてしまいますよね。

しかし睡眠時間が短くても元気いっぱいな人がいるんですよ。

皆さんはショートスリーパーって聞いたことありますか?

スポンサーリンク

ショートスリーパーとは?

ショートスリーパーというのは、短い睡眠時間でも健康を保つことができる人のことを指します。

ナポレオンエジソン明石家さんま上戸彩伊集院光みのもんたなどの有名人もショートスリーパーだそう。

人間の1日の平均睡眠時間は6~7時間と言われています。

しかし、中には6時間未満でも健康に支障なく生活できる人がいます。

ショートスリーパーは、平均睡眠時間の人と比較するとレム睡眠が少ない
ノンレム睡眠の時間はほとんど変わりありません。

睡眠時間は、遺伝子で決められているので、睡眠時間を短くすることは難しいと睡眠医は言っています。

年齢で睡眠時間は変化する場合があり、若いときに比べると高齢になるにつれて睡眠が短くなる人が多くみられます。

また、日本人の5~8%が睡眠時間6時間未満のショートスリーパーです。

 

ショートスリーパーのメリットとは?

睡眠時間が短くても元気いっぱいというのが最大のメリットです。

生活するうえで、今まで睡眠にあてていた時間を有効につかえるのです。
仕事や家事もたくさんこなせますよね!!

睡眠不足に弱い人にはショートスリーパーはとてもうらやましい。

今までの睡眠時間を変えることってできるのでしょうか?

睡眠時間が短くても大丈夫ということは、睡眠の質がいいということになります。

1

 

短時間でぐっすり眠る4つの方法 !!

1.眠る前にお風呂にはいり、眠気を誘う。

お風呂あがりに体温が急にさがることにより眠気がきます。
眠気がくるこのタイミングが大切になってきます。
お風呂からあがって眠る体制になることが重要です。

2.眠る前に、スマホやテレビなどを使用しない。

ブルーライトや、テレビの光は脳を起こしてしまい眠りを妨げます。

3.睡眠の質をあげる

短時間睡眠の最適時間が4時間半といわれています。

人間の睡眠は、深い眠りのノンレム睡眠と、浅い眠りのレム睡眠が1セット90分サイクルで繰り返されているんです。

寝付いてすぐの最初の3時間は、そして午前0時から午前6時の間に寝ると睡眠に関わる3つのホルモン(成長ホルモン、コルチゾール、メラトニン)が分泌され、レム睡眠とノンレム睡眠が邪魔しあわない時間になっているからです。

4.食事は小食がおすすめ

1日3食をやや少なめに感じる程度にすることで、消化につかわれるエネルギーを抑えられ睡眠の質があがる。

夜食や間食はおすすめしません。
内臓の負担を減らすイメージです。

無理しない程度に行ってみましょう。

スポンサーリンク

はたして誰でもショートスリーパーになれるのか?

ひとりひとり必要な睡眠時間は遺伝子により決まっています

睡眠時間を把握することがまず大事になってきます。

8時間睡眠から4時間睡眠にする場合は、90分を1単位にします。(1.5時間)

レム睡眠とノンレム睡眠のサイクルが90分になっているのでこれを1単位とします。

現在の睡眠時間ー1,5時間をしばらく試してみます。

体が無理なく過ごせるようになったら、今の睡眠時間ー1.5時間にしてみましょう。

睡眠サイクルを作るには、規則正しく過ごすことも大切になります。

体がきつく感じたら90分単位でもとに戻し調整してみましょう。

ここまで読まれたあなた、これでショートスリーパーへの一歩に近づきましたね。

2

 

最後に

ショートスリーパーは、睡眠の質をあげることにより誰でもなることはできます

90分サイクルを意識してみましょう。

時間の有効活用ができるショートスリーパーにあなたもなってみませんか??

スポンサーリンク

このページの先頭へ