八王子まつり2016年の日程&時間!屋台や素敵な山車!花火等見所満載

8月上旬に行われる八王子まつりは、もともと存在した二つの神社の山車まつりと合わせて、市民のまつりとして昭和30年代半ばに生まれました。

今では規模も大きくなり、東京郊外の夏の風物詩としてすっかり定着して親しまれています。

ここでは、2016年の八王子まつりの日程や時間、屋台や山車、花火大会などの見所について解説します!

スポンサーリンク

八王子まつり2016年の日程!

八王子まつり8月初旬の金土日の3日間に渡って実施されます。

2016年の場合は8月5日(金)、6日(土)、7日(日)に開催されます。

八王子まつり

金曜日は千人を超える子どもたちによる盆踊り大会氷の彫刻展土曜日関東太鼓合戦神輿渡御山車の居囃子日曜日には上地区、下地区別の山車の巡行が行われ、祭りのハイライトを迎えます。

このようにいろいろな性格を持ったお祭りで、さまざまな楽しみ方ができるのが八王子まつり魅力なのです。

屋台情報!

祭りの楽しみのひとつ屋台でのお買い物。八王子まつりは、甲州街道沿い250を超える出店が立ち並び、ゆっくり楽しむことができます。
数が多いだけにバリエーションにも富んでいます。一風変わった出店もあるというウワサですよ。

八王子まつり

なお、屋台が出店するのは主に一日目の金曜日と二日目の土曜日です。三日目の日曜日はゼロというわけではありませんが、屋台の数は少ないので気をつけてくださいね。

スポンサーリンク

山車など見所を紹介!

八王子にはもともと多賀神社のお祭り(上の祭り)八幡八雲神社のお祭り(下の祭り)の二つがあり、7月8月にそれぞれ行われていました。300年の歴史を誇る山車祭りで、関東地方では広く知られていました。

太平洋戦争末期八王子空襲では8台もの山車が焼失するという悲劇もありましたが、両社のお祭りが統合されて八王子まつりに参加するようになって以来、再び盛んになり、現在では19台の山車を数えるようになりました。

現在ではもともとの形を尊重し、上地区下地区に分かれて、別々に山車の巡行が行われるようになっています。山車にはさまざまな彫刻が施され、電灯などで照らされ、非常に華やかなものとなっています。

何といってもこの山車が八王子まつりの一番の見所です。

花火大会もありますよ!

八王子まつり本体に先立つ7月最終土曜日2016年の場合は7月30日に、花火大会も行われます。時間は19時から20時30分です。会場は八王子市民球場。

屋台はあまり出ないものの、夜空に花開く花火は格別です。是非浴衣をきてお出かけくださいね。

最後に

八王子まつりは、JR中央線八王子駅からも、京王電鉄京王八王子駅からも徒歩10分程度と、アクセスが非常によいのも魅力です。

古くからの伝統を引き継ぐ華やかな山車の魅力を見るために、是非お出かけください。

スポンサーリンク

このページの先頭へ