敬老の日には何歳からプレゼントを渡すべきなの?!知ってた?!

9月の第三月曜は敬老の日
2016年の場合は9月19日です。

お年寄りを敬い大切にするという心温まる日で、プレゼントをしたりしますよね。

敬老、というのはちょっと難しい問題もあり、まだまだ若いと思っていらっしゃる方にとって、お祝いされることがショックで、かえって失礼になってしまうことも。

だいたい何歳から敬老にあたり、プレゼントを差し上げればいいか、ちょっと考えてみましょう。

スポンサーリンク

敬老の日の由来

そもそも敬老の日はいつから始まったのでしょうか?

敬老の日は日本特有の風習です。

兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町八千代区)の村長が、1947年(昭和22年)に「としよりの日」を提唱したのが始まりです。

お年寄りを敬い、「お年寄りの知恵を大切にした村づくり」というのが趣旨でした。

この動きは次第に広まり、1950年(昭和25年)からは兵庫県全体として祝われるようになりました。

1964年からは、前年に成立した老人福祉法で9月15日を老人の日とし、1966年からは「敬老の日」として国民の祝日になった、という経緯があります。

当初は9月15日固定でしたが、2003年からはハッピーマンデーに伴い、現行の9月の第3月曜日となりました。

1

趣旨が類似しており、時期的にも近いものとして、古来より伝わる五節句のひとつである9月9日の「重陽の節句」が挙げられます。

 

敬老の日は何歳からプレゼントを渡すべき?

ちょっと固い話になりましたが、長年に渡り社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿をお祝いする、というのが敬老の日の趣旨なわけですね。

日本人の平均寿命が80歳前後ということを考えると、おいくつくらいから長寿と言えるのか、悩ましいところです。

2

昔は60歳の還暦で、退職して赤いちゃんちゃんこを着てお祝いしたら、あとはもうお年寄り、というイメージがありました。

しかし現在では、介護保健の第一号被保険者も65歳以上となり、個人差は大変大きくなりますが、60歳はまだまだ社会的にも現役の方が大半です。

区切りとして60歳のお誕生日に還暦のお祝いをしても、同じ年の敬老の日にお祝いするということは少ないのかもしれません。

もちろんご本人の健康状態やお考え次第ですが、だいたい65歳過ぎくらいからプレゼント、というのが妥当なところかも知れません。

あとはご家族構成にもよると思います。
まだ同居の独身のお子さんだけでは、両親の老いをお祝いする感覚はお互い持ちにくく、素直に受け取れない部分があるかも知れません。

お孫さんがある程度成長して物心がついたあたり、というのが一つの目安になると思います。

祝う側も祝われる側も何となくお互い納得する頃合いを見計らうのは面倒でもありますが、結局トラブルもなくスムーズです。

スポンサーリンク

敬老の日には何をしてあげればいいの?

敬老の日は、高齢の方の今までのご尽力をねぎらい、長寿を祝うのがそもそもの趣旨です。

それにはどのようにするのが一番ふさわしいでしょうか?

3

月並みなようですが、孫たちを連れて子どもたちが集い、立派に成長した姿を見せることが何よりなのでは、と思います。

共に食卓を囲み、和やかに語り合うことが何よりのお祝いだと思います。

プレゼントについては、ご本人の希望を伺って用意する方がいいと思います。

サプライズのプレゼントではありませんし、例えば杖のように、加齢によって必要となってきたものを子どもたちで用意する、というのが趣旨に合うのではないでしょうか?

その他、お孫さんたちの手作りの作品も大変喜ばれます。
おじいちゃんおばあちゃんが残した子孫が立派に育っている証だからです。

世代間をつなぐ絆を大切にしたいものですね。

 

老人週間って?

慣れ親しんだ「9月15日の敬老の日」が第3月曜日と改められるに当たっては、高齢者団体からの反発が相次ぎました。

そのため、老人福祉法を改正して9月15日を「老人の日」とし、9月15日〜21日の1週間を老人週間と定めました。

4

この老人週間には、高齢者福祉への理解と高齢者の生活意欲を高め、啓発していくための事業が行われます。

高齢者の博物館など施設への入場料が無料となったり、各種イベントが開催されます。

 

最後に

敬老の日は高齢者の今までの業績に感謝し、長寿を祝うのが趣旨です。

以前とは同じ年齢でも活動度が異なるため、60歳だから、と一律にお祝いしてしまってはかえって失礼にもなりかねません

家族構成も考え、お互い納得がいくシチュエーションなのを見計らい、心がこもったプレゼントでお祝いしてあげてくださいね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ