JR山手線をぐるっと一周する場合に要する時間と料金は??

山手線をぐるっと一周する場合に要する時間はどれくらいかかるのでしょうか

また、料金はどのようになるのでしょうか

それでは「山手線」についてのお話をしていきましょう

スポンサーリンク

東京都心部をぐるっと一周している山手線とは??

一概に「山手線」と言われれば、ほとんどの方が “ピン” とくると思いますが、なかには「山手線って何?」と言われる方もあると思います。

「山手線をぐるっと一周する場合に要する時間と料金」についてお話する前に、まずは山手線について説明しておきましょう。

山手線は東京の都心部をぐるっと一周しているJR東日本が所有している路線のことをいいます。

そして山手線には外回り線内回り線があり、目的地に早く到着できるように外回り線・内回り線のどちらでも利用できるようになっています。

1

山手線は環状線のようにループ路線ですので、起点と終点がないように思われがちですが、起点の品川から渋谷・新宿 を通り、池袋を経て終点の田端までの区間が山手線となります。

「えっ!? 山手線って品川からぐるっと回って品川までではなく田端まで? それって一周していないじゃないの?」
そう思われるでしょう。

実際には山手線を走る電車は山手線を含め、3つの路線を併用して東京都心部を一周しているため、これらを総称して山手線と呼ばれているようです。

山手線(総称)には全部で29の駅があり、山手線と表示された電車は29の駅を通って東京都心部をぐるっと一周しています。

山手線にある29の駅と路線名は以下のようになります。

1品川山手線
2大崎
3五反田
4目黒
5恵比寿
6渋谷
7原宿
8代々木
9新宿
10新大久保
11高田馬場
12目白
13池袋
14大塚
15巣鴨
16駒込
17田端
東北本線
18西日暮里
19日暮里
20鶯谷
21上野
22御徒町
23秋葉原
24神田
25東京
東海道本線
26有楽町
27新橋
28浜松町
29田町
品川

このように、山手線を含む東北本線・東海道本線の3路線を併用して東京都区内をぐるっと一周しているのが山手線(総称)です。

 

山手線をぐるっと一周するのに要する時間は??

山手線にある29の駅をぐるっと一周するのに要する時間は、外回り線・内回り線ともに64分(1時間4分)となっています。

ただし、時間帯によって設定されている所要時間が違うようですが、2~3分程度の誤差なのでほとんど変わりません。

この64分(1時間4分)は、途中下車をせずに同じ電車で一周した場合の所要時間です。

途中で事故や故障などがあった場合は確実に遅延するのでこの限りではありません。

通常、山手線をぐるっと一周するなんてことはありませんが、旅行で都内を訪れた方が途中下車しながら観光する場合はぐるっと一周しても不思議ではありません。

このような場合は観光やお買い物などに時間を要するので、ぐるっと一周するのにもっと時間がかかります。
当たり前ですが・・・。

それでは、山手線をぐるっと一周した場合の料金(運賃)について説明いたしましょう。

スポンサーリンク

山手線をぐるっと一周した場合の料金(運賃)はいくらになる??

通常、運賃は営業キロ(乗車駅から最終降車駅までの距離)によって決められていますが、山手線の場合は山手線専用の運賃が設定されています。

営業キロ運賃
1~3㎞140円
4~6㎞160円
7~10㎞170円
11~15㎞200円
16~20㎞260円

【参考】山手線をぐるっと一周した場合の営業キロは34.5㎞になりますが、山手線の場合は20㎞までの運賃設定になっています。

2

これから説明する内容は品川駅を起点としてお話をしていきます。

山手線の場合は1区間の運賃である140円で一周することは論理上「不可能」です。

それはどうしてかといいますと、環状線のように一周している山手線の場合、品川から隣の駅(田町、または大崎)までの乗車券の扱いになるため、品川からぐるっと一周して品川まで戻ってきたとしても、1区間分の運賃が不足となるために品川駅で改札を通過することは出来ません。

品川駅で140円の切符を購入した場合は田町または大崎までの運賃となりますので、品川から山手線をぐるっと一周して品川で改札を出る場合は田町または大崎でいったん改札を通過し、改めて田町または大崎から品川までの1区間の切符を買いなおす必要があるのです。

その場合は1区間運賃である140円が別途必要となってしまいます。

という事で、山手線をぐるっと一周する場合は・・・
(乗車開始駅~隣駅までの切符) 140円 + (隣駅~乗車開始駅までの切符) 140円280円 が必要となってくるという事になります。

なお、旅行で観光される場合などは通常の切符では途中下車は出来ませんので、このような場合は1日限り有効の都区内パス(750円)のご利用をお勧めします。

詳しくはJR東日本おトクなきっぷをご覧ください。

それではこれまでの内容をまとめてみましょう。

山手線とは、JR東日本所有の路線であり、山手線・東北本線・東海道本線の3路線を併用して東京都心部をぐるっと一周している路線の総称で、この山手線内には29の駅があり、営業キロは34.5㎞あります。

山手線を途中下車することなく、同じ電車で一周した場合の所要時間は64分(1時間4分)ですが、時間帯によって設定されている所要時間には2~3分の誤差があるようです。

山手線の運賃は、隣駅まで140円ですが、出発駅から山手線をぐるっと一周して出発駅に戻ってくる場合には、いったん隣駅で電車を降りて改札を通過し、そこで出発駅までの切符を買いなおす必要があるので、山手線をぐるっと一周する場合の運賃は140円+140円=280円が必要となります。

また旅行で観光される場合などは都区内パスというフリー切符がお得です。

スポンサーリンク

このページの先頭へ