現美新幹線って何??運行区間や料金、予約方法は??

現美新幹線とはどのような新幹線なのでしょうか。

また、どこで運行されているのでしょうか。

ここでは黒い新幹線「現美新幹線」についてお話していきましょう。

スポンサーリンク

現美新幹線とはどのような新幹線??

みなさまは黒い車体の新幹線車両「現美新幹線」をご存知でしょうか。

現美新幹線は「旅するアートカフェ新幹線」または「走る美術館」ともいわれており、上越新幹線で運行されている黒い新幹線のことをいいます。

この黒い新幹線を覆っているデザインは、新潟県出身の写真家「蜷川(にながわ)実花(みか)」さんによって撮影された長岡の花火が、新幹線の車両全体にラッピングとして施(ほどこ)されています。

1

現美新幹線の外観は、デザインを協調するために片側の窓はすべて埋められています

そして埋められた窓は、車内では壁となっており、そこには様々なアーティストの作品が展示されています。

この現美新幹線は移動手段として運行されているのではなく「旅するアートカフェ新幹線」「走る美術館」と言われているように、芸術を楽しんでもらう事を目的として運行されているようです。

また13号車カフェスペースでは菓子研究家であり、(株)romi-unie代表でもある「いがらしろみ」さん監修の「十日町すこやかファクトリー」で製造したスイーツやこだわりのコーヒー「ツバメコーヒー」が提供されています。

13号車「カフェスペース」で提供されているスイーツ・飲み物の一例

スイーツ
・魚沼産米粉のバニラケーキ
・佐渡バターフィナンシェ
・佐渡クリームチーズのレモンケーキ

飲み物
・コーヒー
・カフェラテ
・アルコールなど

※カフェスペースでのメニュー内容は変更される場合があります。

 

現美新幹線の運行区間や運行時刻は??

現美新幹線は2016年4月29日(金)から臨時列車として運行され、上越新幹線「越後湯沢~新潟」で運行されています。

途中の停車駅は燕三条・長岡・浦佐の各駅停車となっています。

黒い新幹線(現美新幹線)の運行ダイヤについてご案内いたします。

列車名始発駅発車時刻終着駅到着時刻
とき451号越後湯沢8:24新潟9:14
とき452号新潟11:26越後湯沢12:20
とき453号越後湯沢12:44新潟13:38
とき454号新潟14:02越後湯沢14:56
とき455号越後湯沢15:20新潟16:14
とき456号新潟18:18越後湯沢19:08

上記の通り、現美新幹線は越後湯沢~新潟間で1日3往復運行されています。
※運行日についてはJR東日本のホームページをご覧ください。

スポンサーリンク

現美新幹線に乗車するにはどうすればいい??

現美新幹線の「乗車券の入手」について、および「びゅう旅行商品」についてのご案内をいたします。

乗車券の入手について

現美新幹線に乗車するには全国のJRの主な駅JR旅行センターまたは主な旅行会社にて乗車券を予約、またはお買い求めいただけます。

また、えきねっとモバイルSuica特急券などのインターネットでも予約することが出来ます。
ただしインターネットでご予約いただく場合には会員登録が必要となります。

びゅう旅行商品のお申込みについて

びゅう旅行商品はJR東日本のびゅうプラザまたは主な旅行会社にてお申込みいただけます。

びゅう旅行商品のご案内

現地発着コース

・コースについて
このコースは「現美新幹線の片道乗車券および特急券」と「オリジナルグッズ(現美新幹線ロゴマーク入りスプーン・フォークセット付き)」をセットにした商品となりますが、お食事が付かない商品となっております。

なお、現地発着コースが実施される日程についてはびゅうプラザまたは主な旅行会社にお尋ねください。

・乗車区間について
現美新幹線の乗車区間については2つのパターンがございます。

① 越後湯沢 → 長岡 / 長岡 → 越後湯沢
② 越後湯沢 → 新潟 / 新潟 → 越後湯沢

※首都圏発の日帰りコースや宿泊コースの設定もあるようです。詳しくは関係機関にお尋ねください。

・旅行代金について
閑散期・繁盛期によって旅行代金が変動しますので、価格幅でのご案内となります。

越後湯沢 → 長岡
長岡 → 越後湯沢
大人 4,200円~4,600円
小人 3,200円~3,400円
越後湯沢 → 新潟
新潟 → 越後湯沢
大人 5,400円~5,900円
小人 3,700円~4,000円

もっと詳しく知りたい方、現美新幹線に興味があるという方はJR東日本のびゅうプラザ・主な旅行代理店にてパンフレットが用意されていますので、そちらをご覧になってみてはいかがでしょうか。

それでは「GENBI(現美) SHINKANSEN(新幹線)」についてのまとめをしてみましょう。

現美新幹線とは、黒い車体に長岡の花火のデザインを施した「旅するアートカフェ新幹線・走る美術館」といわれている新幹線で、車内には様々なアーティストの芸術作品が展示されています。

また13号車のカフェスペースではスイーツや飲み物も提供されています。

現美新幹線は上越新幹線「越後湯沢~新潟間」を各駅停車の臨時列車「とき451号~とき456号」として1日に3往復しており、停車駅は「越後湯沢・浦佐・長岡・燕三条・新潟」となっています。

現美新幹線の乗車券のお求めはJRの主な駅JR旅行センターなたは主な旅行会社にて予約・購入できます。

その他の予約方法として「えきねっと・モバイルSuica特急券」(会員登録制)などのインターネットもご利用いただけます。

また「びゅう旅行商品」のご予約については「JR東日本のびゅうプラザ」または「主な旅行会社」にてご予約いただけます。

スポンサーリンク

このページの先頭へ