目黒さんま祭り2016年日程と時間は?混雑&待ち時間予想!

さんまと言えば目黒に限ります! 初秋の東京の風物詩としてすっかり定着した「目黒のさんま祭り」ですが、もちろん、この2016年も開催されますよ!
日程や時間、混雑具合、待ち時間など、さんま祭りのすべてについて伝授いたします!

スポンサーリンク

目黒さんま祭り2016年日程と時間!

目黒のさんま祭りといいますが、実は1年に2回あることをご存知でしょうか?
というのも、実は目黒駅は品川区にあるのです。ちなみに品川駅は港区。
そして、目黒駅にほど近い目黒駅前商店街も、実は目黒区ではなく品川区にあります。
これが「品川区の目黒のさんま祭り」。

一方、目黒区でも「目黒のさんま祭り」が開催されますが、少し駅からは離れた場所になります。
目黒駅をはさんで両区でお祭りが実施されるなんて、さすが「目黒のさんま」のネームバリューを感じますね。

ということで、2016年、「品川区の目黒さんま祭り」は9月4日の日曜日。時間は10時から14時、目黒駅東口の目黒駅前商店街で実施されます。

一方「目黒区の目黒のSUN祭り」の一環として実施されるさんま祭りは、現状では日程が公表されていませんが、ほぼ2週間後ですので、おそらく9月18日の日曜日、9時半から15時半、目黒駅から徒歩10分ほどの田道広場公園を中心に開催されます。
000

ちなみに、なぜ目黒でさんまなのか、ご存知でしょうか? 落語「目黒のさんま」に由来しているのです。
あるとき馬の早駆けに出かけた松平出羽守というお殿様、すっかり腹ペコになってしまい、たまたま通りかかった目黒で空腹のため倒れそうになってしまいました。
民家に泣きついて出てきたのが、油がしたたるほどじゅうじゅう焼けたさんま。
当時は身分が低い者が食べる下品な魚とされていたので、お殿様は見たことがありません。
あのようなものを、と周囲が止めるのも聞かず、パクパク食べたお殿様、「これほど美味な魚は初めてじゃ」と大喜びで帰りました。

さて、その後、お屋敷に帰った殿様、さんまを待ちわびても食卓にのぼるはずなんてありません。
たまたまご親戚のところにお呼ばれされたのをいいことに、さんまが食べたいと所望します。

頭を抱えたのがお呼びしたご親戚のお屋敷。そんな下品な魚、見たこともありません。
どのように調理したものやらと悩んだあげく、しっかり蒸して油を落とし、骨も全部丁寧に取り、お上品にお上品に仕上げてお出ししました。

油したたるじゅうじゅうしたさんまを楽しみに大喜びだったお殿様、一口食べてはあ、っとため息。
つい出た言葉が「やはり、さんまは目黒に限る」。
そんな話がもとになっているのですね。

 

いくら?参加費は?

太っ腹なことに、どちらのさんま祭りも参加は無料! 入場料もありません。本当に嬉しい限り!
皆さんに安心して楽しんでもらいたいという、主催者の心意気を感じます。

じゅうじゅう焼けるさんまの匂いだけでも食欲もそそられちゃいます。
頑張って並べば無料でゲットできちゃうなんて、ありがたいことですよね。
1

双方のお祭りには微妙な違いがあり、品川区のほうは、友好都市である岩手県宮古市から直送のさんまに徳島県名西郡神山町のスダチが添えられます。
また「さんま寄席」が開催されるのも評判で、無料で落語を楽しむことができるのも特徴です。
目黒区のほうは、宮城県気仙沼市のさんまに大分県臼杵市のカボスという取り合わせ。
ふるさと物産展やおまつり広場など、さんまのほかにたくさんのお楽しみがあるのも嬉しいことです。

スポンサーリンク

整理券が配布される?混雑&待ち時間予想!

それぞれ、毎年2万人から3万人もの方が訪れる人気のお祭りです。
雰囲気を楽しむだけの方もいらっしゃいますが、ここは是非さんまをゲットして食べたいもの。
先に実施される「品川区の目黒のさんま祭り」は10時から開始ですが、開始早々に焼きさんまはなくなってしまうことがほとんどで、早朝から待つ覚悟をしたほうがよさそうです。
グルメ

目黒区のSUNまつりは、品川区のリベンジの方も多いようです。
こちらはSUNまつりの一環としてのさんま配布で、整理券も配布されますが、やはり早朝から並ぶのがオススメのようです。
それぞれ3時間待ち程度は覚悟しておいたほうがよさそうです。

 

何人前くらい用意されるの?

品川区のさんま祭りは6000尾、目黒区のSUNまつりのほうは5000尾の新鮮なさんまが用意されます。
これほどの量の新鮮なさんまがあっという間になくなってしまうなんて、いかに人気があるのか、よくわかりますよね。

 

最後に

目黒駅をはさんで行われる二つのさんま祭り。
9月に行われますし、大混雑と猛暑が予想されますので、熱中症には十分にをつけて楽しんでくださいね。
二つのお祭りのはしごを楽しんで、さんま三昧の早めの秋も良いと思いますよ。

スポンサーリンク

このページの先頭へ