男の枕が超臭い(汗)その理由は?臭いを改善する方法を伝授!

家の中でお父さんの枕がいちばん臭い! しかもなんか茶色い! そういう声はよく聞きます。
中には絶対触りたくないなんて意見も。
そして、それが決して言い掛かりでないことも悲しい事実。
男の枕は臭いのです。
それにはどんな理由があるのでしょうか?
どうやったら改善されるのでしょう?
良い方法がありますので伝授いたします!

スポンサーリンク

男の枕が超臭くなる理由は?!

男の枕が超臭いのは、ズバリ、頭や首から分泌される汗や皮脂が原因です。
もちろんそれは女性だって同じことなのですが、男性ホルモンの影響で、男性のほうが汗や皮脂の分泌量がぐっと多くなってしまいますし、特に夜間、枕を使っている時間帯に増えてしまうのです。
そうなると、どうしても枕はぐっしょり。
0

臭いの原因となるのは主に皮脂ですが、皮脂そのものが臭いのではなく、皮脂が空気に触れて分解してできる脂肪酸が元凶です。
年代によって生成される物質は違い、40代以降にできるノネナールはいわゆる加齢臭の原因物質でえもいわれぬ臭いを放ちますし、30代ごろに多いペラルゴン酸にも独特の臭気があります。

隠して、気がつくとお父さんの枕は超臭い家族の嫌われもの、という悲しい結果になってしまうのです。
どうしても枕が汗や皮脂で汚れるのはしかたがないこと。臭いが染みついてしまう前に早めの対策を考えましょう。

 

枕に臭いをつけない為に!臭いの改善方法!

枕や枕カバーのお手入れが欠かせないのはもちろんですが、分泌される皮脂量をコントロールする方法もないわけではありません。
食生活で動物性たんぱく質や脂質をたくさん摂取していると、臭いの元になる物質を体内にたくさん溜め込んでしまうことになるので、野菜多めのバランスがよい食生活を心がけましょう。
01

また、不規則でストレスが多い生活は、男性ホルモンの分泌を促進し、夜間の汗や皮脂の分泌を増やしてしまうことになります。
生活リズムを大切に、ストレスを溜め込まないことが大切なんですね。
そう思うと、激務に追われ、会社の主戦力として常にストレスに苛まれ、夜は接待続きの毎日で、お父さんの枕が臭くなるのはしかたがないこと。
家族の皆さんも広い心で理解してあげたいものです。

スポンサーリンク

男の枕の洗濯頻度は?

枕に臭いが染みつく前に枕を洗って爽やかな夜を迎えたいものです。
そのため、枕は丸洗いできるものがベストです。
水洗いできないものは、洗濯洗剤をつけた布でたたいたあと、すすぎがわりに水を含んだ布で拭いてあげましょう。
湿気は禁物ですので、こまめに干して日光消毒することも大切です。
枕本体はなかなか手入れが面倒ですが、枕カバーを通り越して汚れがつく前に、週に一度程度ケアできるとベストです。

枕カバーはもっとこまめにお手入れしましょう。
2、3日に一度は洗うこと。皮脂汚れは染み込みやすく、ただ洗濯機に放り込んで回しただけではなかなか落ちにくいので、つけ置き洗いをしたり漂白剤を使ったり、ひと手間をかけましょう。
特にシミになりかけて気になるところを早めに集中的にケアすることが、気持ちいい枕につながります。
02

 

最後に

一生懸命働くお父さんのその頑張りが、枕を一層臭くしてしまう原因になるなんてショックですよね。
いや、お父さんだけでなく、新陳代謝が激しく、スポーツにも打ち込んでいる中高生男子の枕の臭さも半端ではありません。
皮脂の分解に対応した洗剤も市販されています。うまく使って清潔で気持ちがいい睡眠を取るようにしましょう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ