Suicaオートチャージの設定方法!オートチャージがされない?タイミングと場所とは?

Suicaのオートチャージの設定方法とオートチャージされるタイミング・場所、そしてオートチャージ設定しているのにチャージされない場合の対処法についてお話していきましょう。

スポンサーリンク

Suicaオートチャージの設定方法は?

Suicaオートチャージの設定は 駅のATM(VIEW(ビュー) ALTTE(アルッテ))12項目を選択するだけで設定できます。

駅のATM(VIEW(ビュー) ALTTE(アルッテ))の操作方法を説明いたしましょう。

1. メニュー画面の「ビューカードのサービス」より オートチャージ設定 を選択します。

【取り引き画面】に移行します

3_03

2. 取り引き画面のオートチャージ設定の下にある Suicaのリンク を選択します。

【Suicaのリンク設定/変更・解除】の画面に移行します

3_03

3. Suicaのリンク設定/変更・解除の画面の左下にある リンク設定/変更 を選択します。

【リンクするSuica定期券・My Suica(記名式)を入れてください】の画面に移行します

3_03

4. ビューカードとリンクさせるSuicaを挿入 します。

【ビューカードを入れてください】の画面に移行

3_03

5. Suicaとリンクさせるビューカードを挿入 します。

【暗証番号をキーボードで押してください】の画面に移行します

3_03

6. カード挿入口の下にあるキーボードで 暗証番号 を入力します。

【Suicaのリンク設定が行えます】の画面に移行します

3_03

7. ビューカードSuica定期券・My Suica(記名式)の氏名生年月日性別が一致しているかを確認します。
間違いがなければ、画面右下の 確認 をタッチします。

【Suicaのリンクに関する以下のご案内を…】画面に移動します

3_03

8. Suicaのリンクに関するご案内を最後まで読んで、画面下にある 同意する をタッチします。

※同意しないを選択すると、ここから先へ進むことが出来ません。

【Suicaのリンク設定…オートチャージ設定を行いますか?】の画面に移行します

3_03
オートチャージ設定をしない場合

オートチャージ設定をしない場合は「オートチャージ設定しない」を選択し、ビューカードとSuica・利用明細を受け取って終了です。

オートチャージ設定をする場合

9. 画面左下の オートチャージ設定す をタッチします。

【オートチャージの各種お申込み/変更が行えます】の画面に移行します

3_03

10. オートチャージご利用状態の右にある お申込み をタッチします。

【オートチャージに関する以下のご案内を…】画面に移動します

3_03

11. オートチャージに関するご案内を最後まで読んで、画面下にある 同意する をタッチします。

※同意しないを選択すると、ここから先へ進むことが出来ません。

【オートチャージの各項目について設定が行えます】の画面へ移行します

3_03
オートチャージ金額を変更しない場合

オートチャージ入金実行金額とオートチャージ実行判定金額が表示されます。
オートチャージ金額を変更しない場合は、画面右下にある 確認 をタッチし、ビューカードとSuica・利用明細を受け取って終了です。

オートチャージ入金実行金額とオートチャージ実行判定金額を変更する場合

12. 金額表示の右にある 変更 をタッチして、希望の金額を設定します。
設定が完了しましたら画面右下にある 確認 をタッチします。

3_03

ビューカードとSuica・利用明細を受け取ります。

このように操作方法を文章で見ると「設定にかなりの時間を要してしまう」と思われがちですが、実際には「あまり時間がかからずに設定できる」と思います。

スポンサーリンク

オートチャージ利用可能エリアとオートチャージされるタイミングは??

まずはオートチャージ利用可能なエリアについて説明いたしましょう。

オートチャージ利用可能エリア
仙台・新潟・首都圏のSuicaエリアPASMOエリアオートチャージが利用可能となっています。

ただし、仙台・新潟・首都圏のSuicaエリアとPASMOエリアであってもオートチャージが利用不可能な場所もあります

オートチャージが利用できない場所
仙台地下鉄のicscaエリア
一部の簡易Suica改札機
私鉄との乗り換え改札機
新幹線自動改札機

これらの場所についてはオートチャージ利用不可能な場所となります。
オートチャージ利用場所の詳細は事業者にお尋ねください。

次にオートチャージされるタイミングについて説明いたしましょう。

1

オートチャージされる場所とタイミング
オートチャージされる場所とタイミングについては、Suicaの残額が設定した金額よりも少なくなると、入場時自動改札機にタッチした時点であらかじめ設定しておいた金額が自動的にSuicaにチャージされます。

※出場時にはチャージされません。

スポンサーリンク

オートチャージされない場合

オートチャージされない場合にはいくつかの要因があります。

1. Suica・PASMOのオートチャージエリア外である。

2. オートチャージ1日の限度額である20,000円を超過している。

3. クレジットカードの利用限度額を超過している。

4. クレジットカードの有効期限が失効している。

5. 新幹線の回数券などを購入している。

など、オートチャージされない場合には様々な要因が考えられます。

ここで上記2の「オートチャージ1日の限度額である20,000円を超過している」を例に挙げて説明しましょう。

2

大人2人で東京から上越新幹線「MAXとき」を利用して燕三条まで行くとします。

東京から燕三条までの大人1人の片道運賃は

普通運賃 5,080円 + 指定席料金 4,200円 = 9,280円

このようになります。

この乗車券を大人2人分購入すると18,560円となり、1日のオートチャージ限度額が20,000円ですので

1日の限度額 20,000円 - 新幹線料金 18,560円 = 残額 1,440円

となり、その日の利用限度額である1,440円をオーバーしてしまうとオートチャージされなくなります。

それではこれまでの内容をまとめてみましょう。

Suicaのオートチャージ設定は駅のATM(VIEW(ビュー) ALTTE(アルッテ))で12項目を選択するだけで簡単に設定することが可能です。

オートチャージ利用可能エリアは新潟・仙台・首都圏の各エリアのSuicaエリアPASMOエリア内ですが、仙台地下鉄icscaエリアと一部の簡易Suica改札機、私鉄との乗り換え改札機、そして新幹線自動改札機ではオートチャージの利用はできません。

オートチャージされる場所とタイミングについて、Suicaの残額が少なくなれば入場時のみ自動改札機をタッチすると自動的にチャージ(オートチャージ)されます。
ただし、出場時にはチャージされません。

オートチャージされない理由には、オートチャージ利用可能エリア外であったり、1日の限度額の20,000円を超過した場合などの様々な要因が考えられます。

スポンサーリンク

このページの先頭へ