電車で目的地まで直通切符を購入するよりも分割購入する方が安い?

電車で目的地までの切符を少しでも安く購入したいという方に、切符の購入方法や金額などの比較をしながらお話していきましょう。

スポンサーリンク

目的地までの切符を少しでも安く購入するには??

バス運賃や高速道路の通行料などの場合、途中のバス停やインターチェンジでいったん降りて乗りなおすと、直通で行くよりも割高になってしまうので、電車の場合でも途中の駅でいったん降りて乗りなおすと、運賃が割高になってしまうという先入観があるためなのか、ほとんどの方が発駅から着駅までの直通切符を購入していると思います。

しかし、場合によっては出発駅から途中駅まで購入し、途中駅から到着駅までの切符を購入するという分割購入をする方が安くなることもあります。

1-1_03

ご存知の方が多いと思いますが、運賃計算は営業キロによって決められていますので、営業キロによっては直通運賃を支払うよりも、分割して運賃を支払う方がお得な場合があります。

 

切符を購入する場合には直通切符を購入する??それとも分割切符を購入する??

目的地までの切符を分割して購入したからといって、必ず安くなるとは限りません

分割購入するとしても、分割する駅の選択を誤った場合には高くなってしまうこともあります

また、乗車駅から降車駅までの距離があまりにも近い場合は分割すると高くなってしまいます。

それでは、切符を 分割購入すると安くなる といったことが、なぜ起こるのかということについてですが、先ほども申し上げましたように運賃計算は営業キロ(乗車駅から降車駅までの距離)によって決められているために発生する現象のようです。

1-1_07

例えば営業キロが16~20㎞だと320円になりますが、出発駅から16㎞のところにある駅も20㎞のところにある駅も、16㎞~20㎞の間にある駅のため、運賃はどちらも同じ320円になります。そのため、分割で切符を購入した方が安くなる場合があるということです。

それでは、目的地までの切符を購入する際に直通切符を購入した場合と分割切符を購入した場合の例としていくつか挙げてみましょう。

東海道本線・高山本線を利用して「岐阜から高山」へ向かう場合
直通運賃

始発駅終着駅運賃営業キロ
岐阜高山2,590円136.4㎞
運賃合計2,590円

分割運賃

始発駅終着駅運賃営業キロ
岐阜各務原240円13.2㎞
各務原美濃太田240円14.1㎞
美濃太田高山1,940円109.1㎞
運賃合計2,420円

従って切符を分割して購入した場合には・・・
直通運賃2,590円-分割運賃2,420円=170円安くなります。

東海道本線・伊東線を利用して「静岡から熱海経由で伊東」へ向かう場合
直通運賃

始発駅終着駅運賃営業キロ
静岡伊東1,660円92.5㎞
運賃合計1,660円

分割運賃

始発駅終着駅運賃営業キロ
静岡富士580円34.0㎞
富士伊東970円58.5㎞
運賃合計1,550円

従って切符を分割して購入した場合には・・・
直通運賃1,660円-分割運賃1,550円=110円安くなります。

中央本線を利用して「新宿から大月」へ向かう場合
直通運賃

始発駅終着駅運賃営業キロ
新宿大月1,320円77.5㎞
運賃合計1,320円

分割運賃

始発駅終着駅運賃営業キロ
新宿高尾550円42.8㎞
高尾大月580円34.7㎞
運賃合計1,130円

従って切符を分割して購入した場合には・・・
直通運賃1,320円-分割運賃1,130円=190円安くなります。

この表のように、直通運賃を支払うよりも分割運賃を支払う方が安くなる場合があります。

スポンサーリンク

分割して切符を購入した場合の最終着駅での改札口を通過する方法は??

直通運賃を支払った場合には1枚の乗車券で目的地まで行くことが出来ますので、最終着駅の自動改札機に乗車券を通して流出することが出来ますが、切符を分割購入した場合には何枚もの切符を自動改札機に通すことは不可能です。

このような場合には有人改札を利用して流出しなくてはなりません。

しかし、何枚もの切符を一度に渡してしまうと、駅員さんによって不思議に思われるのは、ほぼほぼ間違いないと思います。

その結果、切符を何枚も持っている理由を尋ねられたり嫌な顔をされたり注意されるなどのリスクが伴います

5

場合によって(営業キロが100㎞以下の場合など)は旅客営業規則に違反している可能性もあるため、分割方式での乗車を断られる場合もあるかも知れません

少しでも安く目的地まで行くために切符を分割する場合は、これらのリスクが伴うということを理解しておきましょう。

それでは、これまでの内容をまとめてみましょう。

運賃は営業キロによって決められているため、乗車駅から降車駅までの直通運賃を支払うよりも、切符を分割購入した方が安くなる場合があります

もし分割購入をする場合には、分割する駅の選択を誤らないようにしないと、誤って選択してしまった場合には、逆に割高になってしまうこともありますので注意が必要です。

そして切符を分割購入した場合、降車駅で改札口を通過する際に、自動改札機に何枚もの切符を通すということは不可能なので、自動改札機ではなく有人改札を利用しましょう。

ただし、その際には切符を何枚も持っている理由を尋ねられたり、嫌な顔をされたり、注意されるなどのリスクが伴います

切符の分割によって運賃が安くなるという現象を上手く利用すれば、運賃を少しでも節約することが出来ます。

スポンサーリンク

このページの先頭へ