JRの新幹線・特急切符はどこでどのように予約すればいいの??

普段は自動券売機できっぷを購入されていると思いますが、旅行や出張などの際にいちいち自動券売機で購入するのも大変ですし、購入できる区間が近郊となっているため、ほとんどの自動券売機が長距離に対応していないと思います。

このような場合の切符の予約はどうすればいいのでしょうか。

スポンサーリンク

JRの切符を予約する方法とは??

JRを利用して旅行や出張される方は多いと思いますが、利用する日時や列車を事前に決定し、当日にはスムーズに利用が出来るようにしたいものです。

では、JRの切符を予約する方法をご案内いたしましょう。

まず最初に切符というと頭に思い浮かぶのが、主要駅にある「みどりの窓口」または「JR全線きっぷうりば」ではないかと思います。

しかし、みどりの窓口またはJR全線きっぷうりばは 予約ではなく前売販売 となりますので予約をするのには不向きな設備であると思われます。

ですので切符を予約する場合は一般的にインターネットで予約する場合が多いのではないかと思います。

1

パソコンやスマートフォンなどを利用してインターネットで予約する場合についてお話ししましょう。

 

インターネットでJRの切符を予約する方法は??

JRにはJR北海道JR東日本JR東海JR西日本JR四国JR九州の6社(新幹線含む)ごとにインターネット予約専用のシステムが設けられています。

では、各会社ごとのインターネット予約専用システムのご紹介をいたしましょう。

JR北海道JR北海道予約サービス
JR東日本えきねっと
JR東海EX予約
PLUSEX
JR西日本JRおでかけネット
EX予約/E5489
JR四国電話で列車予約
(インターネットでの予約は出来ません)
JR九州列車予約サービス
新幹線Synergy Ticket

このように、JR各社ごとにインターネット予約専用のシステムがあり、これらを利用するには利用する各社ごとにインターネットで会員登録をする必要があります。

会員登録することに抵抗がある方も多いとは思いますが、インターネット予約専用のシステムで予約をした場合には、インターネット割引などのお得な割引きっぷが用意されていますので、決して損をすることはないと思います。

ご利用になられる会社に対応している予約サービスのホームページにて会員登録をすることによってJRの切符の予約をすることが出来ます。

2

ただし、JR四国に関しては電話予約のみの対応で、インターネットでの予約は受け付けていないようです。

また、取り扱いがある切符についても制限があり、少しややこしいのでJR四国の取り扱いがある切符について、参考までに説明しておきましょう。

JR四国のおすすめトクトクきっぷ

阪神往復フリーきっぷ

中村・宿毛ゾーン発は除く

一部の普通・快速を含む特急列車、新幹線のぞみ・ひかり・こだまを利用して阪神地区までの往復、そして阪神地区のJRフリー区間をセットにした割引きっぷのことです
阪神往復フリーしおかぜ・南風グリーンきっぷ

中村・宿毛ゾーン発は除く

岡山までの特急列車のグリーン車指定席、新幹線のぞみ・ひかり・こだまを利用して阪神地区までの往復、そして阪神地区のJRフリー区間をセットにした割引きっぷのことです
阪神往復フリーマリングリーンきっぷ
岡山までの快速マリンライナーグリーン車指定席、新幹線のぞみ・ひかり・こだまを利用して阪神地区までの往復、そして阪神地区のJRフリー区間をセットにした割引切符のことです
のぞみ早特往復きっぷ
東京や横浜へお出かけの場合に、出発日の21日前から7日前までに購入すると、とてもお得になるきっぷのことです
広島往復きっぷ
特急列車と新幹線のぞみ・ひかり・こだま・さくら・みずほを利用して広島を往復するためのきっぷのことです
博多往復きっぷ
特急列車と新幹線のぞみ・ひかり・こだま・さくら・みずほを利用して博多を往復するためのきっぷのことです

このようにJR四国の場合のみ、インターネットでは受け付けをしていないので、電話での予約のみという事になります。

JR四国以外の各社については会員登録をすれば、インターネットでご予約いただけます。

スポンサーリンク

インターネットで予約をした場合の変更はできるの??

インターネットで予約した場合の変更はチケットを受取る前に限り可能です。

予約を変更する場合、予約していた分を取り消し、新たに変更後の予約をしていただくことになり、この場合には手数料が発生する場合があります。

各社サービスによって異なりますので、ご利用になられた会社へお問い合わせしていただくことをお勧めします。

3

各社のインターネット予約サービスでの変更可能な時間帯については次の通りです。

JR北海道

JR北海道予約サービス5:30~23:00であれば変更が可能。

JR東日本

えきねっと5:30~23:400:20~1:40であれば変更が可能。

JR東海

EX予約5:30~23:30であれば変更が可能。
PLUSEX5:30~23:30であれば変更が可能。

JR西日本

EX予約5:30~23:30であれば変更が可能。
e54895:30~23:00であれば変更が可能。

JR九州

列車予約サービス指定列車出発時刻前まで可能。ただし、最初の購入日から3か月以内のものに限る

新幹線

Synergy Ticket指定列車の出発前まで可能。

インターネットで予約をした場合の変更については、このように各社に違いがあります。

インターネットで予約をした場合の変更手続きをされる際は、ご利用になられた会社のサービス内容をご確認いただくと良いでしょう。

それでは、これまでの内容をまとめてみましょう。

JRの切符を予約する場合はJR北海道・JR東日本・JR東海・JR西日本・JR九州、そして新幹線のインターネット予約専用のシステムを利用して予約をします。

ただしJR四国に関しては電話予約のみの取り扱いとなります。

インターネットで予約する場合は、ご利用になるインターネット予約サービスへの会員登録が必要で、会員登録をすればインターネット割引などお得に切符を購入することが出来ます。

インターネットで予約した列車を変更する場合は、予約をしたインターネット予約サービスのホームページより変更が可能です。

なお、変更取扱が可能な時間帯などについてはサービスにより異なります。

スポンサーリンク

このページの先頭へ