山形県新庄まつり2016年の日程!見所紹介!山車のライトアップが幻想的

東北の夏はまつりの夏。
出店業者たちにとっても毎年フィナーレを飾るまつりになるといわれるのが
山形県新庄まつりです。

260年の歴史を誇るこのお祭り、
宝暦の大飢饉で疲弊した領民を勇気付け、豊作を祈るため、
城内にいまも残る天満宮の祭典を行ったのが発祥。

東北三大山車祭りにかぞえられるほど、
山車行列は有名で、2009年には
重要無形民俗文化財にも指定されました。

こんな山形県新庄まつり、2016年の日程や見所、
ライトアップ時間など、観覧に役立つ情報を
いろいろ伝授しちゃいます!

スポンサーリンク

山形県新庄まつり2016年の日程!

1

まずは日程の確認から。
山形県新庄まつりは、例年8月24日、25日、26日の三日間
開催されるのが通例です。
2006年のみは250周年を記念して
27日も開催されたことがありますが、2016年は例年通り。
ということで、やはり8月24日(水)〜26日(金)の三日間です。

 

宵まつり・本まつり・後まつり!

山形県新庄まつりの三日間は、それぞれ宵まつり、
本まつり、後まつり
と呼ばれます。
24日は宵まつり。午前中の戸沢神社の祭礼のあと、
正午に若連や囃子連が山車小屋を出発し、
町内に山車を披露したあと市内を練り歩き、
宵宮パレードの出発点を目指します。
午後6時からは電飾に飾られた山車のパレードが始まり、
新庄の町は深夜まで祭り気分に包まれます。

25日は本まつり。
朝から最上公園(旧城内)の天満宮の例大祭が行われるのに合わせて、
すべての山車が最上公園に集結します。
そのまま隊列を組んで市内を練り歩き、
午後3時30分ごろ北町交差点で解散となります。
各山車は引き続き囃し立てながら午後6時ごろそれぞれの町内に戻りますが、
山車の巡行はここでおしまいとなるため、
夜遅くまで大変な盛り上がりとなります。

26日は後まつり。
午前中には戸沢神社で鹿子踊りが披露されたあと、
午後、山車は飾り山車として展示されます。
夕方、20台ほどの山車が山車小屋へと
巡行する姿を見ることができます。

この日は3台の山車が表彰され、
翌年まで市内に通年展示されることになります。

賑わった夜店も8時ごろに店じまいして、
あっという間に閑散とする市内が来る秋を感じさせ、
東北の夏祭りは幕を閉じることになります。

スポンサーリンク

見所を紹介!

0

新庄まつりの魅力は、何と言っても日本一とされる山車行列ですが、
それ以外にも神輿渡御や典雅な鹿子踊りなど、
藩政期から連綿とつながる伝統の香りが魅力
です。
山車も静と動の両方を楽しむことができます。
町内単位で毎年新たに作られる、
その心意気を味わうことができます。

また、東北の夏の最後を飾る出店も楽しみの一つ。
冷やかしながら素朴な味を楽しんでください。
後まつりの日などは、仕入れ品をすべて処分するため、
破格な価格になることもあり、とてもオトク
です。

 

山車とは?ライトアップが幻想的!

山車のことを新庄の人たちは「屋台」と呼びます。
各町内ごとに若連を組織し、毎年豪華な山車を作ります。
題材は能や歌舞伎、古典や伝説などから取り、
登場人物を等身大の人形に仕立て、山車の上に飾り、
周りに山や館、滝、花などの風物を添えて仕上げます。
それほどの手をかけても、通年展示に選ばれなかった山車は
祭りの翌日に壊されます。

山車の制作のためは毎年何百万円もが必要となり、
まつり期間中には町内各家庭を巡って寄付を募る
「花もらい」
という習慣があります。
この山車がライトアップされるのは
宵まつりの夕刻!幻想的な姿、是非見てみたいものですね。

 

来場者数・混雑状況は?

山形新幹線が新庄まで開通したことで
首都圏からのアクセスがアップしたことにより、
来場者も増えました。
例年40万人ほどが訪れます。

新庄市の人口が約3万7000人であることを考えると、
この時期だけで10倍以上の人出になるということ。
大賑わいで大混雑するのもうなずけますね。

 

最後に

6
まださほど知られていないかも知れませんが、
長い歴史と伝統を持つ素晴らしいお祭りです。
秋の訪れのまえに、今年は新庄に足を運んでみませんか?

スポンサーリンク

このページの先頭へ