京都五山送り火2016年はいつ?見えるホテルは?鑑賞スポット&穴場は?

俗に「大文字焼き」とも呼ばれる京都五山送り火。
大文字のほか、妙法、船形、左大文字、鳥居形の五つが
夜の山に浮かび上がります。

日本人なら誰もが知っている夏の行事ですよね。
2016年について、いつ実施され、よい鑑賞スポットや穴場はとこなのか、
などについて伝授いたします。

スポンサーリンク

京都五山送り火2016年は点灯日・時間はいつ?

京都五山送り火は、毎年8月16日の20時に点灯されます。
長い夏の日も落ち、うだるような盆地の暑さの中、
漆黒の闇が広がるころ、まず東山の大文字が点灯されます。

その後5分おきに、松ヶ崎の妙法、船形山の船形、
金閣寺そばの左大文字、嵯峨野の鳥居形
と、
20時20分までに半時計回りに点火されていきます。

点火されている時間は1時間にも満ちません。
あっけなくも美しいひとときなのです。

 

五山送り火の意味は?

02

送り火、というのは盆の送り火のこと。
関西地方では旧盆の8月にで行事を行います。
盆というのは、地獄の釜のふたがあいて、
胡瓜の馬や茄子の牛に乗って
ご先祖がこの世に帰ってくる時期です。

そのために、盆の入りには、特に新盆を迎える家では
オガラを焚いて迎え火で迎え、数日をご先祖さまとともに
過ごすことができます。
でも、お盆が終わる前に霊はまたあの世に帰らなければなりません。
ご先祖がお帰りになるときには送り火を焚きます。

この送り火が大掛かりになったものが京都五山送り火なのです。
古い伝統が受け継がれる京都ならではの、
深い宗教的な意味がある、味わい深い行事です。

スポンサーリンク

おすすめ鑑賞スポット&穴場は?

03

五山は京都の北方にかなり広い範囲にわたって存在しますので、
なるべくたくさんの送り火を見たいのか、
それとも1〜2つの送り火をじっくり見たいのかで
鑑賞スポットが変わってきます。

点灯時間も短く、市内は交通規制で
移動も困難
になっていますので、
きちんと方針や計画を立ててみないと
満足できる鑑賞はできません。

比較的数多い送り火がみられるのは、
やはり高いところ、広々としたところ
です。
高いところとしては、京都タワーや京都駅ビル空中通路、
将軍塚など、広々としたところとしては
出町三角州や高野川堤防、賀茂川堤防、嵐山渡月橋など
が挙げられます。
後で述べますが、もちろんホテルからも
素晴らしい眺望が得られます。

一つ二つをじっくり見たければ、大文字に近い銀閣寺道、
船形や左大文字に近い広沢の池、
鳥居形に近い清涼寺北側など
が挙げられます。
点火から消灯までを臨場感たっぷりに
じっくり眺められるのが魅力です。
特に鳥居形は、街中から少し離れた嵯峨野からよく見え、
「大」の字ではないため穴場
と言えるでしょう。

いずれも混雑しますので、日が高いうちに
場所を確保して備えることをおすすめします。

 

五山送り火が見えるホテルの紹介!

ウエスティン都ホテル、ホテル日航プリンセス京都、
京都ホテルオークラ、ANAクラウンプラザなど、
京都中心部のホテルは五山送り火をいくつもみられるスポット
です。
多少値は張りますが、送り火を見やすいお部屋を用意しての
宿泊パックがあるところがほとんどです。
年によって変動があるので、
まずは各ホテルへのお問い合わせをおすすめします。
涼しい部屋で一杯傾けながらの送り火鑑賞。何よりの贅沢です。

なお、送り火の時期は京都市内の宿泊施設は
早めに一杯になりがちです。
ホテルでの鑑賞を希望するのでなくても、
遠方からの方は宿の確保はしっかりと。
場合によっては大阪や神戸に宿をとり、
関西圏をフルに楽しむのも手ですよ。

 

最後に

夜空を飾る幻想的な送り火。
街中からもよく見えますが、
できることなら計画的に場所を決め、
満足できる鑑賞をしたいもの。

年に一度の行事であるからこそ、
チャンスがあれば大事にして、
一生の思い出に残る送り火にしたいですね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ