電車の乗り換え時に2枚のICカードをタッチらどうなる??

電車の乗り換え時に2枚のICカードが入ったカードケースをタッチした場合はどうなるのでしょうか。

また2枚のICカードが入ったカードケースを使ってスムーズに乗り換えするには、どうすればよいのでしょうか。

スポンサーリンク

乗り換え時に2枚のICカードが入ったカードケースをタッチした場合に自動改札機を通り抜けることは可能?

電車の乗り換え時に、それぞれの路線に適用するICカードをタッチして自動改札機を通られていると思いますが、各路線に適用するICカードを乗り換えの度にケースから出してタッチするのは非常に面倒だと思われている方は多いのではないでしょうか。

使用する路線によって、ICカードを取り出しては直し、また乗り換え時には別のICカードを取り出しては直しの繰り返しが非常に面倒です。

しかも、取り出したいのになかなかパスケースから出てこないという経験をされた方も多いと思います。

そこで2枚のICカードが入ったカードケースをタッチして自動改札機を通り抜けられるのかどうかという事についてお話します。

1

実際、2枚のICカードが入ったカードケースをタッチした場合は、「このICカードは読み込めないので使用できない」と自動改札機が認識してしまい、改札口全体に独特の警報音が鳴り響きます

しかも、これが通勤時などの慌ただしい時間帯に発生してしまいますと、周りからの注目を一斉に浴び、冷たい視線が一点に集まってしまいます

そして、他の利用者の方々も急いでおられる場合がほとんどなので、後続の方々にも多大な迷惑をかけてしまいます

そう考えると、2枚のICカードが入ったカードケースをタッチして、自動改札機を通り抜けることは不可能なのかと思われますが、2枚のICカードが入ったカードケースをタッチして、自動改札機の警報音が鳴らずにスムーズに通り抜ける方法もあります

スポンサーリンク

2枚のICカードが入ったカードケースを使用して自動改札機を通り抜ける方法とは?

電車を乗り換える場合、カードケースに入れてある2枚のICカードのうち、該当路線のICカードだけを取り出してタッチしていると思いますが、そんな面倒なことをしなくてもよいアイテムがあります。

そのアイテムとは「カードケース」です。

2

カードケースならいつも使っている。と言われればそれまでなのですが、カードケースにはいろいろな種類のものが販売されており、複数のICカードを簡単に使い分ける事が出来る便利なカードケースも販売されています。

カードケース自体を変えるだけで、2枚のICカードでも簡単に自動改札機を通り抜ける事が可能になり、面倒だったICカードをいちいち取り出さなくてもスムーズな乗り継ぎが出来ます。

 

電車の乗り換え時に2枚のICカードで通り抜けることが可能なカードケースとは?

2枚のICカード用自動改札機エラー防止ケース」という商品があります。
いったい、どのような形状のカードケースなのでしょうか。

通常、定期入れのようなパスケースを連想されると思いますが、この「2枚のICカード用自動改札機エラー防止ケース」は形状が違ってきます。

どのような形状のものかと言いますと、トランプで「ばば抜き」をするときに、カードを広げて取りやすくするスタイルを思い浮かべていただくとわかりやすいと思います。

3

このような形状のICカード入れになっているカードケースで、これを使用すれば電車の乗り換え時に2枚のICカードを入れているカードケースをタッチした場合でも、該当路線のICカードだけをタッチすればいいので、いちいち面倒なICカードの取り出しをしなくても、自動改札機の警報音が鳴らずにスムーズに自動改札機を通り抜けることが可能となります。

電車の乗り換え時に2枚のICカードが入ったカードケースをタッチした場合はどうなる?について、実際は2枚のICカードを重ねて使用したり、同じパスケースに2枚のICカードを入れたまま使用する」というのは不可能です。

ただ、2枚のICカード用自動改札機エラー防止ケースを使用すれば「2枚のICカードを入れたカードケースで、スムーズに自動改札機を通り抜けることが可能」となり、面倒だったICカードの入れ替えをしなくてもよく、そのうえ時間短縮にも繋がります。

一度、試されてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

このページの先頭へ