電車で乗り換えした場合の領収書の貰い方・もらう方法は?

電車を利用した場合に領収書はどこで貰えるのでしょうか。
また、電車で乗り換えした場合の領収書の貰い方はどのようにして貰えばいいのでしょうか。

それでは「電車を利用した場合の領収書」についてお話ししていきましょう。

スポンサーリンク

電車を利用した場合に領収書はどこで貰えるの?

領収書は、会社のおつかいを頼まれたときや確定申告書に添付するために貰うことがあると思いますが、出張の多い会社員の方を除いては、電車を利用して領収書を貰う事はほとんどないに等しいと思います。

では、電車を利用した場合に領収書は貰えるのでしょうか。

電車に限らず、どのような場合でもお金を支払えば領収書を請求することが可能です。
1
電車を利用した場合の領収書って、まさか使用した切符を領収書の代わりに貰うことになるの? 券面に「無効印」や「使用済印」が押してある切符を見たことがあるので…。
という方も中にはおられるかも知れません。

首都圏のように人があまりにも多い駅では、そのように済まされる場合も稀(まれ)にあるそうですが、たいていは駅窓口で鉄道会社の印が入った正式な領収書を発行してもらえます

※自動券売機で購入した場合は自動券売機に領収書ボタン、または液晶タッチパネルに領収書があります。

では、領収書を貰わなければならない場合、利用開始の駅で貰わなければならないのか、または目的地の駅で貰わなければならないのか

さて、どちらの駅で領収書を貰うのでしょうか。

基本、領収書はお金を支払ったときに貰います

すなわち、切符を購入した駅で貰う事になります。

しかし、最近はワンマン運行の路線も増え、無人駅や駅係員の掛け持ち駅が増えてきて、駅や窓口に鉄道会社の駅係員がいない場合もあるため 申告をすれば目的地の駅でも領収書が貰える場合もあります

※利用開始の駅に窓口がある場合に限っては、必ず目的地の駅で領収書が貰えるとは限りません。目的地の駅で領収書を貰えるのは、鉄道会社の方の善意の行為だと思いますので、領収書は出来るだけ利用開始の駅で貰うことをお勧めします。

では、電車で乗り換えした場合の領収書の貰い方は、どうすればいいのでしょうか

スポンサーリンク

電車で乗り換えした場合の領収書はどこの駅で貰えばいいの?

鉄道会社1社のみを利用して乗り換えした場合の領収書の貰い方についてお話しします。

鉄道会社1社のみを利用する場合には、たとえ乗り換えをして目的地に向かう場合であったとしても同じ鉄道会社間での乗り換えになりますので、利用開始の駅で領収書を貰うことになります。

※自動券売機で購入した場合は自動券売機に領収書ボタン、または液晶タッチパネルに領収書があります。
2
利用開始の駅が無人駅の場合で自動券売機がない場合は、先ほど説明いたしました下線部分の目的地の駅の窓口で貰うことになります。

では、鉄道会社2社以上の乗り換えをした場合の領収書はどこの駅で貰うのでしょうか

 

鉄道会社2社以上の乗り換えをした場合の領収書はどこの駅で貰えばいいの?

利用する路線で鉄道会社2社以上の乗り換えをする場合も切符を購入した駅の自動券売機または窓口で貰います

首都圏のように連絡切符が通用する路線を利用した場合の領収書は1枚となり、連絡切符が通用しない路線の場合の領収書は、利用する鉄道会社ごとの最初に利用する駅でそれぞれ貰う事になりますので、切符の枚数分の領収書を貰う事になります。
3
切符形式の領収書ではなく、正式な領収書が必要な場合は、あらかじめみどりの窓口、またはJR全線きっぷうりばで購入しておくか、最初に利用する駅にみどりの窓口、またはJR全線きっぷうりばがある場合は、そこで切符を購入して、その場で領収書を発行してもらうのが良いでしょう。

これまでの要点をまとめてみますと…

電車で乗り換えした場合の領収書は「切符を購入する各駅」で貰います。

自動券売機がある駅で切符を購入する場合は「自動券売機の領収書ボタン」を押す、または「液晶タッチパネルの領収書」をタッチして発行します。

切符形式ではなく、正式な領収書が必要な場合は、購入した切符を駅窓口へ出して領収書を発行してもらうか、あらかじめ「みどりの窓口」または「JR全線きっぷうりば」で購入し、その場で領収書を発行してもらいます。

なお、次の場合は事前に鉄道会社に問い合わせしておくと良いでしょう。

・自動券売機に領収書発行機能がついていない場合
・自動券売機がない場合
・無人駅で駅係員がいない場合など

これで電車で乗り換えした場合の領収書の貰い方については、大丈夫ですね(*^^*)

スポンサーリンク

このページの先頭へ