クラゲに刺された時の対処法ッ!!効果的な薬を紹介!

夏といえば海水浴!
友達と、家族と、恋人と。
楽しいひとときが過ごせる海はいいですよね♪
000
しかし!そんな楽しいひとときを邪魔するものがいます。
それはクラゲです。

特にお盆を過ぎるとクラゲが大量発生します。

クラゲに刺されたら最悪死に至るケースもあります。
刺されたときの対処法を知っていないとパニックになり、
海水浴を楽しむどころじゃありませんよね。

今回はクラゲに刺されたときの対処法や、
効果的な薬はどれなのかを調べてみました!

正しい対処法を学んで、海水浴をばっちり楽しみましょう!

スポンサーリンク

クラゲに刺された時の症状!

001

クラゲに刺されたら、まずチクッと電気が走るような痛みを感じます。
ビックリするくらいの激痛を感じることもあるようです。
しかしすべてのクラゲが危険というわけではなくて、
クラゲにも様々な種類がいて、毒をもつタイプと
持たないタイプがいます。
また毒をもつタイプでも毒性の強さによって、
現れる症状も違ってきます。

<毒性の弱いクラゲに刺された場合の症状>
・ピリピリと痛む
・かゆみがある、チクチクする
・熱を持った感じがする
・水ぶくれができる
・ミミズ腫れになる

注意したいのが、
毒性の強いクラゲに刺されたときです。

上記の症状に加えて、以下のような症状が現れます。
<毒性の強いクラゲに刺された場合の症状>
・感電したような激痛
・倦怠感
・頭痛
・吐き気、嘔吐
・呼吸困難

このような症状がでると非常に危険ですので、すぐに病院へ行きましょう。

また一度クラゲに刺されている人は、クラゲ毒の抗体が
作られている可能性があり、二度目以降に刺されてしまうと
「アナフィラキシーショック」を起こしてしまうことがあります。
アナフィラキシーショックは簡単に言うと
強いアレルギー反応が起こってしまうものであり、
じんましんや皮膚が赤くなるなどの軽いものから、
血圧低下や意識を失い、最悪死に至る症状まであります。

ハチなども2回目刺されると死ぬ、と言われたりしますよね。
クラゲも同様に危険ですので、1度刺された人は気をつけてください。

 

クラゲに刺された時の対処法は?

002

クラゲに刺されたときの対処法を、ステップごとにお教えします。

1.冷静になり、海から出る
クラゲに刺されたときの痛みでビックリして、
海の中でパニックになると溺れてしまう可能性があります。
また、クラゲがその辺に固まっている場合がありますので、
また刺される可能性もあり危険です。
冷静になり速やかにその場から離れ、陸に上がりましょう。

2.患部を海水で洗う
この時注意してほしいのが、こするようには洗わないこと!
毒針を押し込んでしまう可能性があります。

また真水では洗わないこと。浸透圧の関係で、
毒が広がってしまいます。
それと「酢」をかけると良いと昔から言われていますが、
実は根拠があるわけではなく迷信レベルです。
海水で洗い流すようにするのが一番です。

3.毒針を抜く
患部に毒針が残っている、またはクラゲがまだくっついている場合、
取りましょう。
しかし素手で触ってはいけません。
刺される可能性があります。
ビニールなどで手を覆って触りましょう。
また毒針を抜くとき、粘着テープで抜くと抜きやすいです。

4.冷やす
氷や冷たいもので冷やしましょう。
クラゲの毒はタンパク質なので、冷やして不活性化(無毒化)します。
温めてタンパク質を無毒化させてもいいのですが、
50度で30分、60度で5分とかなのでやけどの危険があり素人には難しいです。
また40度程度でやると逆に、血管を広げて毒が回りやすくなってしまいますので、
温めるより冷やしましょう。

5.薬を塗るか、病院へ行く
クラゲに刺された後、冷やすなどの応急手当だけで良くなることもありますが、
皮膚薬を塗れば治りが早くなります。
しかし息苦しさや吐き気、広範囲の発疹などがあれば、
ためらわずに病院へ行ってください。
救急車を呼んでいいと思います。

スポンサーリンク

効果的な薬を紹介!

003

皮膚科に行くほどでもないとき、市販の薬を塗って対処しましょう。
抗ヒスタミンもしくはステロイド系を含む軟膏を使うと良いでしょう。
アレルギー反応や炎症を抑える効果があります。
一番のおすすめは「ムヒアルファEX」です。
クラゲにも効く!とパッケージにも書いてありますしね。

またそれ以外ですと
キンカン、ムヒ、マキロンなど。
薬剤師さんがいる場合は、相談してみていい薬を探してもらうと良いでしょう。

もしもの時のために、海に行くときは薬を持っていくと安心ですね!

 

最後に

なんだかフヨフヨしていてカワイイ!という理由で、
最近はペットとして飼うことも多くなってきているクラゲ。

その見た目でだまされそうですが、海にいるクラゲは意外と危険です。
海でクラゲを見かけたら、素早くその場から離れ、
触らないようにしましょう。

まちがってもペットとして家に持って帰ろうとしてはダメですよ!

スポンサーリンク

このページの先頭へ