女性観察!ピアスを開ける位置に意味があるって本当?!

ピアスは開ける位置によって意味が違ってくるのをご存知ですか?

1

オシャレな意味合いでつけている人が多いピアスですが、開けることによって運勢を変えるとも言われています。

男性と女性でも意味が違ってきますし、開けた位置によっては悪い意味にとらえられてしまう場合もあります。

どうせピアスをつけるのなら、運気ダウンよりも運気アップのほうにしたいですよね?

今回はピアスの開ける位置によってどんな意味があるのかを調べてみました。

スポンサーリンク

女性観察!ピアスを開ける位置による意味は?

2

ピアスは最近のオシャレなものというイメージがありますが、実は歴史的には古く魔除けの道具などの意味があるとされています。

海外では子供のころに開ける習慣のある国があったり、日本の大仏様にもピアスの穴が開いているものがいたりします。

そんな古くからの伝えられているピアスとして、片耳だけに開ける場合、このような意味があると言われています。

右耳:守られる人(女性)
左耳:守る人(男性)

また、このことから派生して、例えば女性が左耳に1つだけ開けると、守る人ですという意味になってしまうので、「私はレズビアンです」という意味になると言われています。

また男性が右耳だけに付ける場合も、守られる人ですということになってしまうので、「ゲイです」ということになります。

これはレズビアンやゲイの方たちの暗黙の了解となっていることもありますので、自分の恋愛対象が異性の方は、女性なら右耳に1つ付けた方が良いでしょう。

そして開ける位置が両耳に1つずつになっていれば、自分は「ストレート」または「バイ」という意味になります。

ちなみに開ける位置が耳たぶの上だとか下だとかはあまり関係ありません。
右耳や左耳に開いているか、何個開いているかが重要となってきます。

 

何個開けているかでも意味があるの?

3

ピアスを付ける個数によっても意味が変わる場合があります。
それは個数が2個より5個がいいとかの数の話ではなく、片耳についている個数が奇数か、偶数かで決まってきます。

先ほど右耳は守られる人(女性)左耳は守る人(男性)と紹介しましたが、詳しく言うと

右耳:優しさと成人女性の証
左耳:勇気と誇りの象徴

という意味があります。

ピアスをたくさんつける場合、意味を持たせたい方の耳に奇数個、その反対に偶数個つければ良いとされています。

例えば女性なら右に偶数個、左に奇数個つけて「優しさにあふれた女性」という意味を持たせればいいと思います。

ただ、現代ではオシャレ的な意味合いが強く、個数や開ける位置にそこまでこだわってはいないと思いますので、ご参考までにしてください!

スポンサーリンク

ピアスが運勢も変える?運気アップ?

4

ピアスは歴史的には縁起がいいとされていますが、実はあまりしない方が良いとされています。

人為的に体に穴をあけた場合、それは風穴と言われており、そこから運気が逃げていくとされています。

耳は「裕福さの象徴なのでそこに風穴をあけたら、そこから金運が逃げていくということです。

また1度開けると運命が変わる、と言われるほどなので、開けてしまえば開ける前と同じには戻れません。

じゃあどんどん運気下がっていくじゃん!開けたくないよ!と思うかもしれませんが、運気を逃さない方法、それどころか逆に運気を上げる方法があります!

ピアスで運気アップする方法!

・ピアスを外さない
・金、プラチナ、天然石のものを付ける
・誕生石のものを付ける

穴が開いているから運気が逃げるわけで、そこを塞いでおけば運気は逃げていきません。
ピアスは基本つけっぱなしにしておきましょう。

ずっとつけっぱなしは衛生的に良くないので、お風呂の時には外すたまに手入れをするなどしてきれいに保ちましょう。

そしてプラチナ天然石などのパワーストーンを見に付けることで運気アップの効果が期待できます。

とくに誕生石はより強い効果が期待できるので、誕生石がついているピアスを付けるのも良いですね!

 

最後に

ピアスはオシャレでかっこいいですよね。

しかしオシャレと同時に運気アップの道具としても活用していくと、よりピアスを開けたり、何を付けるか選んだりするのが楽しくなると思います!

またピアスの穴は一生ものですから、開ける位置も考えてから開けましょうね。

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

このページの先頭へ