高速道路の割引制度が適用される時間帯とは?!割引率も教えて!

これから大型連休お盆休みなど、夏にむけて連休が多くなります。
家族や友人と遠出することも増えて、高速道路を利用する機会も増えますよね。

そんな早くて便利な高速道路も、気になるのがかかる料金

私もよく利用するんですが、これが意外と高くつくんですよね(T_T)

1

実は、高速道路には料金の割引制度が適用される時間帯があることを知っていますか?

これからのお出かけにはお得に使える割引を知って、かしこく高速道路を利用しましょう!

今回は、高速道路の割引の時間帯や割引率についてお伝えしていきたいと思います

スポンサーリンク

高速道路の割引制度とは?

2

まず、高速道路の割引制度について紹介します。

最近は2011年から日本に導入されたETCによって、待ち時間もすくなくスムーズに精算できるようになりましたよね。

普及もすすんで、ETCはほとんどの車に付けられることが多くなりましたが、実はETCが搭載された車に対して3つの割引があるんです!

それは深夜割引平日朝夕割引、そして休日割引です。

高速道路をよく利用される方ならご存知かもしれませんが、この割引を使うだけでなんと最大50%の料金割引が受けられることも!これは必見です!

 

割引時間帯と割引率を紹介

3

さきほどご紹介した高速道路のETC割引について詳しくお伝えします。

まず1つめは深夜割引です。

これは、すべての車種において毎日深夜0時~4時までのあいだ、割引対象道路にて30%割引がききます!
これは走行距離や割引適用回数の制限はありませんのでうれしいですね(^_^)☆

そして2つめは、平日朝夕割引です。

こちらはすべての車種において平日月曜からし金曜まで(祝日を除く) 朝 6~9時、夕 17~20時のあいだが対象となります。

そして、1ヶ月のうちに5回〜9回までの利用で通行料金の最大100km相当分を約30%分還元、そして10回以上だと約50%の還元をしてくれます!

高速道路をよく利用する方にはとってもお得ですよね( ゚д゚)
ですが、この割引を適用するには事前にETCマイレージサービスに登録することと、1ヶ月に5回以上利用することが条件となります。
お忘れないように。

そして最後3つめは、休日割引です。

こちらは割引対象車種が、普通車・軽自動車等(二輪車)に限定されます。

対象日は土曜日・日曜日・祝日(終日)と毎年1月2日、3日でETCが整備されている入口インターチェンジをETC無線通信により走行してください。

NEXCO3社が管理する割引対象道路を走行すれば30%の割引が適用されます。

スポンサーリンク

割引適用条件!注意点!

4

こういった割引もただ高速道路を利用するだけじゃ適用されるわけではありません

割引が適用されるための条件をしっかり押さえておきましょう!

まず第一条件としては、ETCを搭載した車であることです。

冒頭でもお話ししましたように、高速道路の渋滞を緩和するためにETCカードが普及しています。
まだ付けていない方は割引を受けるためにも早めに付けると後々お得ですよ!
ETCの価格帯は広く5,000円~30,000円ほどですので、検討してみてください。

また、平日朝夕割引ではETCマイレージサービスに登録されたETCカードを使用するという条件があります。

これは航空会社のマイレージに似たようなサービスで、ある程度のポイントが貯まったら、高速料金に還元できる、つまり高速利用料金を無料にすることができるサービスです!

ETCカード手に入れてから、ETCマイレージサービス公式サイトで登録すると、ポイントを貯め始めることができるので是非登録しておきましょう!

そして、どの割引においても注意する必要があるのが対象時間・日時に料金所を通過することです。

休日割引においては、地方部の高速道路を通過したときのみ割引が適用されるということですので、料金所の場所もしっかり把握しましょう!

 

最後に

5

いかがでしたか?
高速道路の割引はこんなに沢山あるとは知りませんでした。

これからは、割引の時間や曜日を狙って利用すると、よりお得に利用できますね♪

仕事はもちろん、プライベートでも利用することも多い高速道路。
割引を使って浮いたお金は、旅行先での食事やお土産代に当てられます☆

出かける機会も多くなるこれからの季節、ぜひ割引を上手に使って高速道路をどんどん利用しましょう!

スポンサーリンク

このページの先頭へ