ホテルと旅館、そして民宿の違いとは?!それぞれの基準は?

今度の連休、どこに行こう?
あまり遠くに行けなくても宿にはこだわりたいな。

ん…ホテル旅館民宿
そういえば違いって何なんだろう?
自分はどれを選ぶといいのかな?


実は旅館業法という法律で、それぞれの宿泊施設はしっかり基準が決められています。もちろん法律上の規定のほかに言葉が持っているイメージもありますが、ちょっとした基礎知識を知ることで今度の旅行がより一層楽しくなるかも知れませんよ。

スポンサーリンク

ホテルの基準とは?

まずホテルからいきましょう。

主に、洋室のお部屋が10室以上、一部屋あたりの広さが9平方メートル以上ある場合ホテルと呼びます。

え、ビジネスホテルのシングルはもっと狭いよ、とか、カプセルホテルはどうなの?とか、いろいろ疑問が聞こえてきそうです。宿泊施設に「〜ホテル」名前をつけること自体は自由なのです。ホテル、と言われた方が高級感もありますものね。ただ、設備上その他の条件から正式のホテルとは認められません。

イメージの通り、ホテルといえば洋室というのは間違いではなかったんですね。ただ、洋室と和室のうちお好きな方を選べたりベッドと座敷が両方備えられていたりと、設備が充実した観光タイプホテルもあります。また、会議室を完備して泊まりがけの研修に使えたり、多目的に使えるのもホテルならではと言えるでしょう。

旅館の基準とは?

次に旅館について見てみましょう。

主に和室のお部屋の数が5室以上、一部屋あたりの広さが7平方メートル以上というのが旅館業法上の規定となります。

やはり旅館といえばしっとりと和室です。部屋出しのお料理を楽しんだり、ゆっくりお酒を楽しんだりと、ホテルよりプライベートな感じが強いと思います。設備的にも温泉があったり、最近はお部屋の中に露天風呂があったり、家族風呂が充実していたりとさまざま。宿泊そのものを楽しむには最適です。

スポンサーリンク

民宿の基準とは?

以上に述べたホテルや旅館の基準に満たないもの民宿とかペンションと呼び、ホテルや旅館にはないきめ細かいサービスが受けられるところも多いようです。

例えば海のそばの、海水浴やダイビングに最適な民宿は、夏のシーズンのみの季節営業のところが多いです。

また、一流レストランのシェフだった方がキッチン担当するなど、食事に特にこだわりがあったり、陶芸などのアクティビティが充実していたりと、個性的な滞在が楽しめるのが民宿です。

民宿

もちろん囲炉裏を囲んでオーナーのご家族と楽しんだりと、手作りの素朴なおもてなしを喜ぶ方にも最適です。

地元情報をゲットしたり、土地の名物に舌鼓を打つことができるのも民宿の良さです。

サービスや値段の違いは?

プライバシーを尊重して自由な行動をとるのに向いているのはホテルです。一人から宿泊でき、食事をつけるのもつけないのも自由。時間に縛られることもなく気楽なのが特徴です。街に飲みにでるのも気楽です。その分、至れり尽くせりのおもてなしを期待する方には向きません。逆に至れり尽くせりでない良さがあると思ってください。

値段もさまざまで、最高級ホテルからリーズナブルなシティーホテルまで、さまざまな選択肢の中から選ぶことができます。

ホテル

旅館は、至れり尽くせりのおもてなしを楽しむ場です。食事の心配もなく、カラオケなどもついていたり、布団の上げ下ろしもしてくれたりと、ひたすらのんびりすることができます。その分お値段は多少割高な事が多いです。

いちばんカジュアルなのが民宿です。お部屋も広くなく、親戚のお宅を訪問したような気楽さがあります。 お値段もリーズナブルなのが嬉しいところです。

ホテル・旅館・民宿のメリット・デメリット!

プライベートな空間でゆっくり休むのにはホテルが最適です。シングルから宿泊可能なのも嬉しいところ。ただ、もちろん二食つきのものもありますが、ホテルのダイニングは旅館ほどの華やかさはなく、素泊まりだと食事の心配をしなければならないのがデメリットです。

旅館逆にサービスが過剰すぎて、鬱陶しく感じる方もいらっしゃるでしょう。ただ単に泊まれる場所を探しただけ旅館を選んでしまったら、ここまでもてなしてくれなくていいよ、という気分になるかも知れません。しかし、たまにはのんびりと考える方にはこたえられない魅力があります。

民宿

民宿は、旅館なみのサービスのところも時にはありますが、お部屋も質素でトイレも共同のところがほとんどです。手作りのお食事も見かけよりは中身重視なので、豪華さを期待するとがっかりするかも知れません。しかし、心温まるおもてなしには他に代えられないものがあります。

最後に

洋室中心でプライベートを重視するホテル
和室中心で濃厚なおもてなしが受けられる旅館
家族的でこじんまりとした民宿
と、それぞれの良さがあります。お値段もさまざまで、ニーズにあわせて選ぶことができます。

さあ、今度の旅行、あなたはどの宿泊施設を選ぶでしょうか?

スポンサーリンク

このページの先頭へ