多汗症を手術で改善!リスクはある?その費用は?保険は適用可能?

日に日に汗ばむ陽気が増えてきましたね。
000
汗をかくことは体温調節を行うために必要なことです。
体温が上がることで汗が出て、汗の気化熱で体温を下げているのです。

それにしても、必要以上に汗をかいている気がするなぁ…
ひょっとすると多汗症かもしれませんよ。

多汗症とは、体温の調節に必要な通常の発汗量を超えて
発汗が異常に増加する症状のことです。
手や足、腋の下、顔などに、日常生活に支障を来たすぐらいの汗をかきます。

多汗症には、全身に多量の汗をかく
全身性多汗症と、
ある特定の部分だけに多量の汗をかく局所性多汗症があります。

全身性多汗症
結核や婦人病、更年期障害やホルモンバランスの乱れ、
または急性リウマチなどの疾患が原因で発症するとされている。

局所性多汗症
自律神経の乱れや精神的ストレスが原因で発症するとされている。

局所性多汗症は
汗をかく部位によって病名が異なります。

・手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう) 手の平に多くの汗をかく症状

・足蹠多汗症(そくせきたかんしょう) 足の裏から多くの汗をかく症状

・腋窩多汗症(えきかたかんしょう) 脇の下に多く汗をかく症状

・頭部多汗症(とうぶたかんしょう) 頭から多く汗をかく症状

・顔面多汗症(がんめんたかんしょう) 顔面から多く汗をかく症状

また、手掌多汗症と足蹠多汗症には関係があるとされていて、
手掌足蹠多汗症とも言われています。

現代のストレス社会における精神的なストレスが原因で、
局所性多汗症の人は増えていると考えられていますが、
実際は緊張や不安などの精神的な原因による発汗ではなく、
身体機能の失調、交感神経の失調により引き起こされる
病的な発汗が、多汗症であるとされています。

精神的に緊張したから多量の汗をかくものとされていましたが、
実際は緊張した時に交感神経が過度に敏感になるため、多量の汗をかくのです。

多汗症は、日常生活に支障をきたすことも多く、
汗染みやニオイといった悩みもつきません。
原因も人それぞれで多岐にわたるので、
自分の努力だけではどうにもならいことも…。
でも、もし可能なら治したいですよね?

スポンサーリンク

本当に手術で多汗症は改善できるの?

多汗症を治療する方法は、
汗が生じる部位や程度により様々な種類があります。
軽度の症状なら、
飲み薬や塗り薬で抑えることも出来ますが
一時的なもので、症状がひどい場合は
手術を考える必要も出てきます。

手掌多汗症をほぼ100%治すことが出来、
さらにその効果はずっと持続すると言われている手術があります。
それが、胸腔鏡下交感神経節遮断術(ETS手術)です。
一時的に多汗症を抑える治療法と比較して、今注目されている治療法です。
ETS手術がどんな手術なのかをお話ししましょう。

 

多汗症の手術法とその費用について

001

手術方法は、ワキの下の皮膚を2~4mmほど切り、
そこから内視鏡を入れてモニター画面で胸腔の様子を見ながら、
背骨の近くにある交感神経の束を10mmほど切除します。
交感神経節を切断することで、多汗症を高い確率で抑えることが出来るのです。
手術時間は、両わき合わせて1時間程度。
切開する傷もとても小さいので、術後の痛みも少なく、
日帰り手術も可能です。

ETS手術は健康保険が適用され、自己負担は3割程度です。
適用後の費用は10万円前後ですが、
高額医療費変換手続きをとることにより、
数か月後に一定額が戻ってくる
ので、
詳しくは加入している保険にご相談を。

ちなみに、メスを使わずに処置できる治療法として、
ボトックス注射(ボツリヌス療法)があります。
しかし、効果は短くて3か月、長くても1年ほどしか持続しません。
費用は腋窩多汗症のみ保険が適応されて3割負担で3万円、自費で10万円程度です。

スポンサーリンク

リスクはあるの?

多汗症の症状をほぼ100%治すことが出来るのなら、
ETS手術も一つの手段と言えるかもしれませんが、
実は副作用を伴うんです。

代償性発汗
上半身からの発汗を抑制する代わりに、
下半身に汗をかきやすくなります。
代償性発汗は96%の人に生じるとされていますが、
個人差があるので気になるかならないかは手術してみないと分かりません。

熱がこもる、顔のほてり
体温を下げる汗が少なくなるため、
体内に熱がこもり熱く感じることがあります。

 

最後に

03

多汗症は、決して治せないものではありません。
今回ご紹介仕切れなかった治療法がまだあります。
自分の多汗症の程度なども鑑みて、最適な治療法を見付けましょう!

スポンサーリンク

このページの先頭へ