日焼け止めスプレーのおすすめランキング7選!

少しずつ暖かい日差しを感じられる様になってきましたね。
外に出る機会も増えてきたのではないでしょうか?
000

ですが、今の時期は一年の中でも紫外線がぐっと強くなり始める時期なので、日焼け止めはマストアイテムです。
そこで日焼け止めを購入しようと思った時に意外と悩んでしまうのがSPFとPAの数値…この数値のせいでどれを買えば良いのか迷ってませんか?

スポンサーリンク

SPF / PAとは?!

まず、この2つの数値の違いについて触れる前に紫外線について話す必要があります。

太陽の光が大きく3種類に分かれるのはご存じですか?

可視光線、赤外線、紫外線の3つです。

虹の7色を思い浮かべて下さい。
赤・橙・黄・緑・青・藍・紫と赤から始まって紫に終わります。
その赤から紫までの色の光は、目に見える光で可視光線と呼びます。
そして赤色より外側の目に見えない色の光を赤外線、紫色より外側の目に見えない色の光を紫外線と呼びます。

ueyaji
出典:http://www.ci-labo.com/item/makeup/hiyakedome/article/00000022/

そして紫外線にも3種類の光が存在します。

1つ目が、紫外線A波(UVA)です。
肌の奥深くまで届き、肌内部に活性酸素を作り出し、シワやたるみなどの肌老化を招きます。
雲や窓ガラスも突き抜けるため、曇りの日や室内でも注意が必要
です。

2つ目が、紫外線B波(UVB)です。
肌の表面に発生した活性酸素が、紫外線を浴びなくても過剰なメラニン色素を作り、やがて色素沈着を起こし、シミやソバカスの原因となります。
肌表面が赤くなる炎症を引き起こします。

3つ目が、紫外線C波(UVC)です。
B波より有害な紫外線で、オゾン層によって吸収され地上まで届くことは無かったのですが、近年のオゾン層破壊により地上まで届いてしまうことが心配されています。

日焼け止めは、紫外線A波(UVA)と紫外線B波(UVB)をカットするものです。

さて、紫外線について理解したところで、SPFとPAについてです。

まずSPFとは、サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略で紫外線B波をカットする力を表す目安の数値です。
もちろん数値が大きいほど効果が高くなります。

紫外線に当たり始めてから日焼けしてしまうまで、人によって個人差はありますが、だいたい15分~20分と言われています。

20分程度の間に何も付けていない素肌と比べて、日焼けが始まるまでの時間を何倍に伸ばすことが出来るかということで、つまりSPF20の場合、20分×20=400分=6時間40分。
6時間40分までは日焼けが抑制されるというわけです。

残念ながら日焼け止めを塗ったからといって、
100%紫外線が防げているわけではないのです。

いわゆる、SPFとは「時間」ではなく「防御力」であると言えます。
通勤やおつかいなど1時間以内のお出かけには35程度、1時間以上のレジャーやスポーツには50以上を使うと良いでしょう。
ただし、日焼け止めは時間が経つとともに効果が減ってくるので、こまめに塗り直しましょう。

一方でPAとは、プロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略で、紫外線A波のカットする力を表す目安の数値です。
+の多さが効果の高さを示します。
++++、+++、++、+の4段階があります。

紫外線A波は紫外線B波と比較して、1年通して安定して降り注いでいます。
つまり、1年通してUVケアが必要と言うことです。

1saigo
出典:http://www.ci-labo.com/item/makeup/hiyakedome/article/00000022/

 

日焼け止めスプレーのおすすめランキング7選!

SPFとPAの違いは分かったけど、それでもまだ多くの種類の日焼け止めから選ぶのは大変だなぁ…と、まだ迷ってるあなたに、朗報です!

日焼け止めスプレーってご存知ですか?
顔や髪に直接スプレー出来る日焼け止めで、特に今まで認識の無かった、「髪の日焼け」対策も出来るようになった画期的なアイテムです。
髪の日焼けが進むと、枝毛や切れ毛、髪の色が抜けて痛む原因になります。

日焼け止めスプレーを使う前に、肌の汗や汚れなどを拭き取っておきましょう。
また化粧水で保湿が必要そうであれば保湿をして、肌の状態が問題無ければ、30cmぐらい話した場所からスプレーをかけましょう。
全体的に日焼け止め成分がかかるようにするのがポイントです。

それでは、特別に「@cosme」で紹介されている日焼け止めスプレーのおすすめランキングベスト7を教えましょう!

第1位 Ajuste(アジャステ) UVカットスプレー
クリーンシャボン SPF50+・PA++++

1i
出典:http://www.cosme.net/product/product_id/10079000/pictures/photo/3611822
人気の理由は、まず大容量なのに安い!こと。
だから、惜しまずに使う人が多いみたい。
全身に使えて、ストッキングの上からでも、メイクの上からでもオッケー!汗や水にも強い!

日焼け止め独特の匂いは無く、爽やかなせっけんの香り♪で、付け心地もベトベトせずしっとり、さらさら。
それは、7種類の保湿成分が配合されているから。

第2位 スキンアクア さらさらUVシャワー SPF50+・PA+++
21
出典:http://www.cosme.net/product/product_id/10054851/pictures/photo/2056513
外出する時にササッと、出先でもササっと、いつでも気になった時に使える、持ち運びに便利な大きさ。
細かいミスト状なのでベタベタせず、常にサラサラ♪
刺激も無く、スッキリ出来ます。
全身に使う時にもとっても楽に、そして満遍なく使えるし、香りも気にならない。。

多少日差しの強い日でもしっかりカバーしてくれます。

第3位 アネッサ パーフェクトエッセンスUVスプレー SPF50+・PA++++
31
出典:http://www.cosme.net/product/product_id/10090374/pictures/photo/4401267

時間がない時など、手軽に簡単に使え、馴染みも良く、潤いもあり、日焼け止め効果もしっかり。
ムラ焼け防止設計のお陰で、軽く吹き掛けるだけでも満遍なく付けられる。
付けた後はすぐに乾き、ベタベタしないし、専用のクレンジングも不要!
髪の毛やメイクの上からでもオッケー。
髪にたっぷりと吹き掛けても、キシキシしないし、白くならない。

第4位 ライオス サンスクリーンスプレー ライオス ソープの香り SPF50・PA+++
4i
出典:http://www.cosme.net/product/product_id/10083476/pictures/photo/3916061
スーパーヒアルロン酸やローヤルゼリーなどの美容成分をたっぷりと配合し、肌に優しいUVスプレー。
白くならず、さらさらとしたつけ心地。
メイクの上からも、ストッキングの上からも、しっかり紫外線をカット!
塗り直しが面倒な方にもピッタリ。
旅先やレジャーで持ち歩くのにも便利な大きさで、清潔感あふれるせっけんの香り。

第5位 エテュセ UVブロックスプレー SPF50+・PA++++
5i
出典:http://www.cosme.net/product/product_id/10077996/pictures/photo/3564671
髪にしっかりと吹き掛けても、キシキシしたり、白くなったりしない。
身体に吹き掛けても使い心地はさらさら。
汗や皮脂に強く、フローラル系の優しい香り♪

様々な大きさの紫外線散乱剤と吸収剤を組み合わせることで、紫外線を隙間なく強力ブロック。
さらに紫外線散乱剤と吸収剤を肌に直接触れないようにコーティングしているので、肌への負担が軽減。

持ち運びに便利な大きさ。

第6位 マリ・クレール パフィーキス UVプロテクトスプレー SPF50+・PA+++
6i
出典:http://www.cosme.net/product/product_id/10021245/pictures/photo/1326650
ボディや髪にスプレーするだけで、紫外線から強力ガード。
逆さにしても使用することが出来、背中などに吹き掛けられる。
肌に白く残らない、サラサラの付け心地で、水にも強い。
爽やかなレモン&コットンキャンディの香り♪と可愛い見た目。

持ち運びにも便利な大きさ。

第7位 LIBERTA (リヴェルタ) UVプラス SPF50+・PA++++
7i
出典:http://www.cosme.net/product/product_id/10062924/pictures/photo/2601004
ノンケミカル処方で吸収剤の代わりに反射剤を使用。
肌の乾燥を防ぐため、保湿美容成分、ヒアルロン酸とコラーゲン配合。
素肌を優しくいたわりながら、UVケアと保湿ケアが同時に出来る優れもの。
髪や肌に直接スプレーを吹き掛けて、少し手で馴染ませるだけと簡単♪
汗、水、皮脂に強い。

 

最後に

saigo
気になる日焼け止めスプレーはありましたか?
迎える夏本番を前に、今から日焼け対策をしっかりしていきましょう!
鑑みて、最適な治療法を見付けましょう!

スポンサーリンク

このページの先頭へ