胃検査!胃カメラとバリウムを比較!費用・違いは?どっちが高精度?

なんだか胃の調子が良くない、
そういう時にお世話になるのが、胃カメラを使った検査と、
バリウムを使った造影検査です。
000
両方を経験しましたが、費用面、そして、
身体的な苦痛等を比較してみますと、
両者はかなり異なります。
もともと目的が違いますので、使い分けをした方が良いのです。

どっちが良いかはその時の状況によります。

スポンサーリンク

胃カメラ検査とは?

hjp@gwgw胃カメラ は正確には上部消化器官内視鏡検査といいます。
一般的には口腔から管を通して、胃腸の状態をモニター越しに
目視で確認する検査です。

現実に飲んでみて何が大変だったかといいますと、
管を飲む苦しさはさることながら、
食道を広げるための麻酔です。

システムとしては、管の先端が動いて角度を変えることができ、
胃壁などもしっかり見ることができます。

でも、飲みやすくするために、喉に麻酔薬を塗った後、
しばらく喉が動きにくくなります。

今は鼻腔から入れる胃カメラや、
カプセル式の胃カメラ
もあります。
胃カメラの精度は機材によって違いますが、
かなり高い方です。

随分前のことですが、私が飲んだ時
胃の上部と食道の間にあるべき開閉用の弁が無いことが
分かりました。
希望すれば見せて解説してくれます。
飲むのが大変でそれどころではないことも多いですが。

今は、レーザーメス搭載の胃カメラ が多くあって、
胃壁に出来たポリープを切除してサンプル採取できます。
がんの発見などに一役買います。

簡単な手術ならドクターがその場でメスを操って
腫瘍等を切除してくれます。

レーザーは通常のメスと違ってスパッと切れますので、
出血量が少なく、縫合も必要ありません。
開腹しなくてよいので、患者の負担が少ないのです。
内部の炎症等を発見するのに向きます。

 

バリウム検査とは?

jnere胃カメラより、健康診断等で遭遇する率が高いのが
バリウム検査です。
あの不思議な味の水溶き片栗粉のような液体は
何だとずっと思っている方も多いでしょうね。

バリウム検査と私たちが呼んでいるものは、
上部消化管造影検査と呼ばれます。
あの白い液体は、硫酸バリウムです。

皆様、X線の性質は御存知ですか。
人間の身体等は通すのですが、
特定の物質は透過できません。
硫酸バリウムもそうなのです。
バリウムが胃の壁に張り付くことで、その形が分かるのです。
呑み込んだ後、食道などもうつります。
ぐるぐる回る台の上に乗るのは
撮りもらしがでないようにするためです。
動くとお腹の中でバリウムが動いてその動きで引っかかりが無いか、
ポリープや炎症が無いかを確認します。

上部消化管造影では見ることが出来る範囲が広いのです。
胃を出た後の十二指腸も撮影できます。
消化剤とバリウムを出すための下剤を飲まないといけないのが
少しネックですが。

スポンサーリンク

2つの検査を比較!

胃カメラ と、バリウムを使った造影検査はどう違うのか、
まずは胃カメラが内側から撮影する のに対して、
バリウムは内側から輪郭を映し出すという点が違います。

胃カメラはその場で病変の色なども詳細に見えますが、
X線造影は、見えない部分もあります。

患者の身体への負担ということでは、
やはりバリウムの方が軽いというのが一般的な見解です。
幾ら胃カメラの管が細くなったり、
鼻から入れることが出来るとはいえ、
まだ飲むのに抵抗がある人が多いです。
麻酔や鎮静剤がいるので、解けるまでに時間がかかります。

バリウムの方がかかる時間も少ないですし、
受け入れやすいので、健康診断によく使われます。
技師の被ばくなど問題はありますがね。

費用面では胃カメラは内視鏡検査まで入りますと、
1万5千円ぐらい、胃カメラだけですと数千円です。

ただし、保険適用の時ですが。
念のため、2万は見ておいた方が良いです。

また、バリウムですと1万円ぐらいが目安です。

精度に関しては、胃カメラは医師の知識と腕次第
というしかありません。
専門医ならば病変の組織の様子を観察できます。
生理検査をサンプルを使ってする時には
病理学の専門家が見てくれますので、
ごく小さな腫瘍も見つけることができます。

バリウムの方の精度としては、これもまた、
読み手次第
ということになります。
造影剤系の検査というのは、見間違い等が頻繁に起きるものです。
中を直接見ることができないので、精度は若干落ちます。

 

現在の主流は?どっちがいい?

胃カメラと、バリウム検査とどちらが主流といわれると、
よく使われるのはやはりバリウムです。
どちらが良いのかといわれると複雑ですが、
内科系の場合、まず選択されるのは、
超音波エコー、そして、バリウム、その後胃カメラ、
内視鏡検査となります。

比較というよりは、最初に死ぬ可能性のある病変を見つけていくことを
医師は心がけます。
がんを想像する方もおいでしょう。

後は胃潰瘍、十二指腸潰瘍も危険です。
大量に吐血して亡くなることもあります。
生まれつきの奇形から逆流性食道炎を持っていますが、
嘔吐したときに食道の壁を傷つけて吐血したことがあります。
この場合、判断がやや難しいのですが、
吐血自体では死ななくとも、汚れた唾液が肺に入ることで
誤嚥性肺炎を起こしたり、のどに詰まらせることもあります。
胃カメラの判断がくることもあります。
体力が無い方は飲む負担は大きいのでバリウムになったりもします。

最後に

何、その値段、顔が病院でひきつったことがあります。
救急搬送された先の病院で胃部レントゲン等
いくつも検査を受けたり、
調子が悪くて行った病院で幾つも検査をした時に
よくあることです。

胃カメラ バリウム、いざというときには
比較してどちらが良いか
という判断は医師でも難しいものです。
事前の解説をしっかり聞きましょう。
両者の違いを知っておいた方が安心できます。

命があればお金は稼げますが、
命を買い戻すことはできません。
胃カメラ、バリウムどちらを用いるにしろ、
十分な予算を組みましょう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ