なかなか治らない口内炎に即効効く治し方は?効果のある食べ物は?

口内炎口腔内もしくは口の周辺に出来る炎症を伴うできもののことです。
jgqhq
熱の花こと口唇ヘルペス混同されることがあります。現実にガンジダヘルペスといった病原菌要因となることもあります。非常に感染力が低い菌ですがお子さんにうつしてしまうことがあります。

他にもいくつか型がありますが、口内炎は主に免疫力の低下によるものです。

しっかり食べて栄養を取って、休息をとり、ストレスを回避することで、徐々に治っていきます。



スポンサーリンク

口内炎になってしまう原因とは?

ああ、やってしまった、たまに口の中を噛んでしまいます。そこにが入って口内炎になることがあるのです。犬歯が当たってなってしまう事もあります。

口内炎口腔内の粘膜が細菌に弱くなって炎症を起こす病気です。

今私が挙げた口内炎カタル性口内炎といいます。傷が出来たことが原因口内炎です。歯茎に歯ブラシが当たるなどしても起きます。

そして、アレルギー口内炎要因になります。炎症反応が起きてしまうために腫れます。タバコも原因となります。

細菌感染が要因の口内炎もあります。カンジダ性口内炎、そしてヘルペス性口内炎です。これらは、性感染症、STDを引き起こす菌です。えっ、と思う方が多いかと思います。ただ、人の身体には一定数いる常在菌です。

カンジタは、カビの仲間です。真菌です。
カビはどんなところが好きでしょうか。じめじめじとじとしている場所ですね。口の中はまさしくうってつけなのです。

ヘルペス単純ヘルペスと呼ばれるものです。口腔内乾燥したりしていますと傷がつきやすく感染の原因となります。後はホルモンバランスの崩れやストレスも関わります。

最も多いのは免疫力の低下によるアフタ性口内炎です。疲れると白っぽいもの口周りや口腔の中に出来ます。夜更かしによる自律神経失調、冷えによる代謝の低下口内炎の原因となります。

どの口内炎にせよ、十分な休養と生活リズムの改善が大切です。

口内炎

なかなか治らない口内炎に即効効く治し方とは?

口内炎を一発で治す方法、少し難しい話です。

ウイルス性のものなら病院に行って菌を調べてもらって塗り薬をもらってきましょう。それが早いです。

ドラッグストア貼って置いて治す薬もあります。ビタミンを摂取することも大切です。代謝に関わり修復がなされますから。

簡単に治る方法伝授いたします。

用意するのはラベンダーの精油です。綿棒につけて口内炎に軽く塗ります。精油は通常、直接塗ってはいけないのですが、この精油は大丈夫です。研究中に火傷をした化学者がうっかり水と間違えてラベンダーの油に手を突っ込んだら早く治ったという逸話があります。炎症を止めるには役立ちます。

抗菌ならティートゥリーが有名です。同じ使い方が出来ます。間違っても飲もうとしないでくださいね。

後は、今時する方はそう多くはないでしょうが、ヨモギの葉ドクダミの葉を塩で揉んで、口内炎に貼ります。こちらも古い薬草です。後はアロエ消炎作用があります。

もし免疫力の低下や腸内環境の悪化が要因だとわかっているなら、簡易灸薬局で買ってきてしこりのある部位にすえます。ツボを通じて便秘冷えが治るだけでも口内炎はおさまります。腸そのほかの内臓は、口の粘膜にもつながっています。血行が悪化すると、免疫が落ちますからね。

スポンサーリンク

口内炎に効果のある食べ物は?それはなぜ?

口内炎の原因によって食べるとよい食材は違います。

その辺りにあるものですと、キュウリなどは如何でしょうか。ビタミンCが多く、体の熱をとる働きがある夏野菜です。トマトもやはりビタミンが多いですね。加熱しても壊れない構造ビタミンを持っていますし、他にリコピンなども多いので口内炎と肌荒れを起こした方によいでしょう。

後は、白身魚、特に鱧など梅肉の組み合わせも良いでしょう。ビタミンが豊富ですし、粘膜の修復に必要なコラーゲンも多く含んでいます。白身魚ですので、胃腸に負担がかかりません。梅肉には疲労をとるクエン酸が含まれます。

アレルギーが無い場合は、亜鉛などが多い貝類を摂取しましょう。精神安定につながり、ストレス軽減が可能になります。海のミルクとも言われます。ローカロリーなのでダイエット中の方にはお勧めです。

個人的におすすめしたいのは甘酒ですね。栄養価が非常に高く疲労を抜くのには良いのです。発酵食品ですから、腸の状態も良くなります。

口内炎

最後に

口内炎再発しやすい病気です。治った後も、油断はせずに、睡眠、食事、排泄など、日常生活に気を付けてください。

適度な運動ストレス解消、血流量の増加などにも役立ちます。

また、自分で勝手に口内炎という風に決めていたら別の病気だったということもあります。ただれが酷い場合口内炎でもウイルス性のものの可能性があるので、受診をしてください。

スポンサーリンク

このページの先頭へ