選挙権が18歳に引き下げられた理由は?引き下げはいつから?

いよいよ今年2016年から、18歳から選挙に参加することが可能になります。
選挙権
それにより選挙権を持つ方の数が増え、日本の未来に大きな影響を及ぼすことが予測されます。

皆さんは、いつから18歳が投票権を持てるようになるかご存知でしょうか?

現在10代の皆さん、これから選挙に向かうための知識をここで学んでくださいね。




スポンサーリンク

18歳が投票可能になるのはいつから?

実際に、18歳投票可能になるのは、2016年夏の(7月)参議院選挙になる予測されています。

ですので、高校生の中でも7月前に誕生日を迎えられた方は、選挙に参加することが出来るようになります。

おおよそ人数にして240万人の方が、新たに選挙権を持つことになり、選挙する方が増えることによって新たな意見も取り入れるという事が目的のようです。

選挙権

選挙権が18歳に引き下げられた理由は?

選挙権昨年6月の国民投票法の改正から始まり、憲法の中身を変えることに賛成か反対かを決める国民投票で、投票できる年齢18歳以上に引き下げられました。

そのとき、選挙権の年齢もできるだけ早く18歳以上に引き下げることを各党が約束しました。そのため、各党が話し合い、改正になりました。

世界的に見ると、ほとんどの国では18歳以上に選挙権があり、約190の国・地域では9割が18歳以上の選挙権を持っています。引き下げを議論してきた国会議員は、日本国際基準になったと喜んでいます。

また、日本の将来を背負う若い世代の意見を、政治にもっと取り入れていく狙いもあるようです。



スポンサーリンク

18歳に引き下げられたことによるメリットとデメリットは?

メリット

若者の積極的な政治参加を促し、若者の意見をより社会へ反映しやすいようにすること。また、若者が選挙へ投票していないことが問題となっているため、選挙権の引き下げで若者の意見を高めようという試みです。

つまり、若者がメリットとなる選挙公約が広がる可能性があります。そして、社会保険などの負担の世代間格差などについて、若者の意見を政治に反映することもできます。


デメリット

若者は、社会的経験の浅い方だと政治的判断力に乏しい事、また日本の学生他人に流されやすく下手に選挙権を与えるのは危険だという意見も多いのも事実です。

18歳、19歳の子供たちに国を動かす選挙を託すのは危ないことや、選挙権を手に入れても政治に関心が無く、とりあえず有名な政治家に一票をする可能性もあります。そういった安易な考えが予測されることも考えられています。




選挙権

最後に

少子高齢化が急速に進む日本にもっと早くに18歳引き下げ選挙権を持たせるべきだと私は今回思いました。18歳の方選挙権を持つことにより、日本の未来が大きく変わってくれるように私は期待しています。

年金問題も、10代の若いうちから関心を持つことによって、自身の老後問題、生活に大きな義務責任があるのだという個としての考えが若いうちから持てることは日本人には必要です。社会保障に関心を持てるいい機会にもなります。

そうすることで、諸処の問題を自分で考える力も養えますし、大人の仲間入りをするという意識も芽生えて、社会の一員だという自覚も自然と持てるようにもなります。

もちろん、メリットだけだということはあり得ないかもしれません。ですが、高齢化が進む今、日本には若い方の活力をもっと活用すべきだという意見の方が大切な気がします。

より良い社会になるよう、日本全体が一丸となって社会を築き上げていくことが今後楽しみです。皆で幸せな社会を作りたいなと思えてなりません。

スポンサーリンク

このページの先頭へ