潮干狩りに役立つ便利な持ち物&潮干狩りに適した服装を特集ッ!

春から夏にかけて行うことができる潮干狩り

1

あさりがたくさんとれるのは楽しいし、食べてもおいしい!!
さらにカニやヤドカリなど、あさりだけじゃない海の生き物もいて、子供も喜びます。

まさに家族で楽しむのにおすすめのレジャーです!

しかし潮干狩り初心者ですと、どんな服装で行ったらいいのか、どんな持ち物が必要なのかもわからないと思います。

今回は潮干狩りの持ち物・服装や、あったら便利なものまでご紹介しますので参考にしてください!

スポンサーリンク

潮干狩りの基本装備!

2

潮干狩りに普段着で行こうとはしないと思いますが、意外とどんな服装で行ったらいいのかわからないものです。
基本的には動きやすい服装汚れてもいいもので行くといいですが、どんな装備がおすすめなのか詳しくまとめてみました。

<上半身の服装>

Tシャツ、もしくはまくれる長袖のTシャツなどが動き易くていいでしょう。

また、いくら気温が高くても、長袖の上着を一枚持っていってください。
日焼け防止の意味もありますし、海辺は風があるので意外と寒かったりします。
軽く羽織れるシャツやパーカーなどがおすすめです。

<下半身の服装>

半ズボンでも長袖のズボンでも良いですが、ジーパンなど固いものは動きにくいので避けてください。
ジャージスウェットなど、簡単にまくれるやつがおすすめです

また、まず下半身は濡れますので、ズボン型の水着でもいいかなと思います。

私のおすすめは長靴をはいて、長ズボンを中に入れるやつです。
日焼けもケガも予防できます。

<靴>

濡れるから裸足でいいのではと思うかもしれませんが、裸足はやめた方がいいです。
細かい貝殻がたくさんあるので、足を切る可能性があり危険です。
せめてサンダルで行きましょう。
一番のおすすめは長靴です。

<小物編>

・帽子
海は日差しが強いので、熱中症対策に必要です。
風が強いことがあるので、紐付きの帽子がおすすめ。

・サングラス
海の反射でまぶしかったりします。
なくても大丈夫ですが、あると便利です。

※NG小物
・時計、金属のアクセサリー
機械類は海の風にあたりすぎると、動かなくなってしまいます。
また金属はさびる危険があります。
濡れてしまったらさらに最悪です。

お気に入りの小物をダメにしたくなかったら外しましょう。

 

忘れてはいけない持ち物リスト!

3

<熊手・網・バケツ>

言うまでもなく必需品。熊手バケツは貸し出してくれるところや売っているところもありますが、ホームセンターで買う方が安いです。

また、毎年使えますので自分で買ったほうが安上がりですね。

<海水を入れる容器>

家であさりの塩抜きをするために、海水を入れて持って帰れるものが必要です。
おすすめは2リットルのペットボトルです。

<着替え・タオル>

着替えはもちろん一式必要です。
潮干狩りに行って濡れないなんてありえません!

またタオルは、1枚は潮干狩りの最中に首にかけておいて汗を拭くもの、
もう1枚は潮干狩り後足などを洗って拭くもの、と2枚以上は用意するのがおすすめです。

<水分>

暑い中潮干狩りをするわけですから、熱中症や脱水症状にならないために必ず水分はとりましょう
ちなみに自動販売機がおいてあるところが多いので、現地でも買えます。

<日焼け止め>

日焼けするのが嫌だとかそういう話ではなくて、日差しに当たりすぎると、体力を消耗してしまいます
海は特に日差しが強いので、思った以上に疲れてしまいます

日焼け止めを塗って、日差しのダメージを和らげましょう

スポンサーリンク

コレがあったら役立つ便利!

4

<ばねばかり>

あさりは1人あたり持って帰れる重さが決められており、最後に測ってもらうまでどのくらいの重さかわかりません

2kgまでなのに1.5kgしかとれてなかったらもったいないので、潮干狩りをしながら測れると便利です。

<クーラーボックス・保冷材>

気温が高い時、長時間車に乗っているときなどに、あさりがダメになってしまわないようクーラーボックスに入れて保冷剤を入れておくと安心です。

<新聞紙>

車で来ている場合、熊手やバケツ、あさりなど、濡れているものが多いので、新聞紙を下に敷いておく濡れないので便利です。

またバケツであさりを持って帰る場合、塩を吐くので新聞紙で蓋をしておくと車がびしょびしょになりません。

 

子供が一緒の場合は?

5

お子様がいる場合、まず濡れる泥まみれになります。

普通に汚れてもいい半袖半ズボンでも良いですが、水着を着用させるのが一番いいと思います。
もちろん着替えは忘れずに

また子供は大人よりも暑さに弱いので、日焼け止めを塗ってあげる帽子をかぶせるなどして日差し対策をしてあげましょう

こまめに水分も飲ませてあげてください。

 

最後に

いかがだったでしょうか?
潮干狩りの服装や持ち物のポイントがわかりましたか?

基本的に、潮干狩りは濡れますし、日差しがすごいです。
そのことを意識して、潮干狩りに臨んでください。

楽しい潮干狩りができることを願っております!

スポンサーリンク

このページの先頭へ