赤ちゃんの為の適切なエアコンの設定温度とは?【夏編】

夏の暑い時期、エアコンが無いと生きていけないですよね~(;´・ω・)

1

それは赤ちゃんも一緒!
ちょっと泣くだけで、赤ちゃんの頭や背中は汗でベタベタです・・・。

も~こんなに汗かくくらい泣かなくても・・・な~んて思ったことありませんか?笑
でも、“泣くのが仕事”の赤ちゃんは、熱いから・汗かくから泣かない!というわけにはいきません(*^^*)

どんなに暑くてもどんなに汗をかいても
「ママ~抱っこして~」
「おなかすいたよ~」
「オムツ気持ち悪いよ~」
力いっぱい泣くんでしょうね♪

こんな暑い夏の時期、今やエアコンを使うのが当たり前の時代です!
まだ小さい赤ちゃんが、暑いお部屋で過ごすということにさまざまなリスクが生じます!

しかし、エアコンを使いつづけることが、からだに良くないのは確かです(+_+)

はたして、赤ちゃんに最適な設定温度とは?!
エアコンを使いすぎも良くない?!

気になる方は必見ですよ~\(^o^)/

スポンサーリンク

体温の調節が下手な赤ちゃん!暑い夏に考えられるリスク!

2

真夏の30度超える日の部屋で過ごすことは、大人のわたしたちでもかなりキツイです!

赤ちゃんの場合だと、身体は未発達であり、体温調節がうまくできません
体の中に熱がこもってしまい、さまざまなリスクが生じます!

そのリスクとは・・・

・脱水症
・熱中症
・汗疹やムレなど皮膚トラブル
・食欲不振(ミルクを飲まない)

などが挙げられます!

この中でも、一番リスクが高いのが熱中症です

赤ちゃんは体温調節が上手にできずからだに熱がこもってしまい急激に体温が上がりやすい傾向なので、熱中症になりやすいと言われております。

 

夏!赤ちゃんに最適なエアコンの設定温度!

3

暑い夏!
赤ちゃんの危険リスクを無くしたい、守ってあげたい!

そこで大活躍するのが、エアコンです。
猛暑な日は、室内でも車内でもエアコンはかかせませんよね!

でも気になるのが設定温度です(>_<)
あまりにも暑いと20度、21度と低めに設定される方も多いのではないでしょうか?

私たち大人は、暑い!」と感じたら低めな温度に設定して、冷える!」と感じたらエアコンを弱めたり電源を切るなどをして自分で快適に過ごせますが、赤ちゃんはそうはいきません!

もしかしたら、わたしたちが涼しいと感じる温度が赤ちゃんにとってはかなり寒いのかも・・・?!

なので、赤ちゃんの最適なエアコンの設定温度を知っておきましょう♪

最適なエアコンの設定温度は、26℃~28℃です(*^^*)

それでも、暑いような気がする、汗かいてる!という場合は
ママも赤ちゃんも薄着になりましょう!

とくに赤ちゃんは体温調節が難しいので、部屋が冷えれば冷えるほど身体も冷えてしまい、風邪を引くこともあります

真夏の設定温度にしては、28℃では高すぎないかと思う方もみえるかもしれませんが、汗をかいた赤ちゃんの身体に、エアコンの冷たい風があたることでかなり冷えてしまいますので設定温度は高めでお願いします♪

スポンサーリンク

赤ちゃんが寝る時にエアコンは使うべき?

4

多くのご家庭では、1時間タイマーにして1時間後にエアコンが自動的に切れるようにして眠るようですよ♪

私も我が子が赤ちゃんだったときは、この方法で真夏の夜を乗り気にました(*^^*)

授乳やミルク、夜泣きで起きた時に部屋が暑いと感じれば、再びエアコンをタイマーセットしてつけたり、外に風があれば窓を開けていました。

お住まいの地方にもよりますが、我が家では、夜は日中ほど暑くないのでほとんど窓を開けて過ごした気がします♪

授乳の時って、ママも赤ちゃんも、身体が密着するなどして暑いんですよね~(^_^;)
私なんかは、親子汗だくで授乳していましたよ笑

夏の夜は臨機応変に、風があるなら窓をあけて、それでも暑いならエアコンをつけるという感じで乗り切りましょう☆

でも、エアコンの使い過ぎにはご注意を・・・!

 

エアコンを使いすぎも良くない!

5

エアコンを使いすぎるのも良くない!」という話を聞いた事はありませんか?

その言葉、聞いたことはあるけれど、理由は知らない・・・

という方も多いのでは?

では、なぜエアコンを使いすぎると良くないのかというと・・・

・発汗の機能が発達しにくい
・喘息の引き金
・皮膚トラブル
・冷えすぎると風邪をひく

ということが挙げられます!

赤ちゃんは、3歳までに発汗機能が成長していきます。

確かに、体温調節が未熟ではあるのですが、だからといってあまりエアコンに頼りすぎると発汗機能の発達に影響を及ぼすことがあるのでほどほどにしましょう。

他にも、エアコンの内部はハウスダストやカビが繁殖しやすいので、つけっぱなしにすることで部屋中にまき散らしてしまっていることも・・・。

赤ちゃんは肺機能が未熟な為、喘息の引き金になったり、アレルギー性皮膚炎など皮膚トラブルを起こす可能性も考えられます!

また、赤ちゃんは大人の2倍汗をかくと言われており、エアコンの風が当たったり、冷えすぎると汗をかいたときに身体がかなり冷えてしまうようです。

急に冷えるという状況が繰り返されると風邪を引いてしまいますので、設定温度を高めにする、常にエアコンをつけっぱなしにしないなど対策をして注意しましょう(*^^*)

 

最後に

6

赤ちゃんにエアコンが良いのか悪いのか、悩むママやパパはかなり多いようですね!

さまざまな機能が未熟な赤ちゃん。

エアコンが赤ちゃんに良くないのは確かなのですが、だからといって30度を超える日に室内で過ごすのは大人のわたしたちでもかなりキツイですよね(+_+)

赤ちゃんはとくに汗をかきやすいので、熱中症脱水症など深刻な症状に陥ってしまう危険もあります!!

なので、エアコンを使うことは仕方のないことだと思います!

ただ、エアコンの風が当たったり、常につけっぱなしにして使うのは避けた方が良いですね(>_<)!

外で風が吹いているようなら、換気がてら窓を開けて過ごす時間も必要に思います!

エアコンの設定温度を高めにして、涼しくなったら切って窓開けるなどをして、この夏!赤ちゃんと乗り切ってくださいね!!

スポンサーリンク

このページの先頭へ