母子家庭の味方!9つの手当・助成金の金額&制限や条件を解説!

今や女性も社会に出て働くのは当たり前の社会

とは言え、シングルマザーの方にはなかなか厳しい現実もあるかと思います。

子供と接する時間も大切にしたい、けれど生活もしていかなければならない・・・。

今回は、日々を一生懸命に戦っているママさんに、ぜひ知ってほしい耳より情報をお届けします!

スポンサーリンク

母子家庭の生活の厳しさ

1

女性が小さな子供を育てながら働くというのは本当に大変・・・

働く時間も限られますし、給与も男性に比べるとまだまだ格差があるのが現状です。

しかし、働く女性を支援する制度が数多くあるのも事実。

ここでは、支援制度の上手な活用術についてお話ししましょう。

スポンサーリンク

母子家庭の味方!9つの手当・助成金の金額&制限や条件を解説!

2

支援鮮度はさまざまあるものの、手続きの方法がよくわからず、悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこで、損しないための手続きについてまとめてご紹介します!

1.児童扶養手当
離婚後の母子家庭(死別・非婚母子家庭も含む)が受けられる経済的援助です。
内訳としては、以下のようになっています。

・児童1人につき
①全額支給:41,720円
②一部支給:41,710~9,850円
・児童2人目:5,000円加算
・児童3人目:3,000加算
・児童4人目以降:3,000円ずつ加算

※手当ての対象者※
・保護者として児童の生活の面倒を見ている母
・母に代わって児童の面倒を見ている人

「児童」とは、18才を迎えて最初の3月31日(18才の年度末)までの児童のことです
なお、所得税が制限額を超えると手当は支給されなくなるので、こちらも頭に入れておくとよいでしょう。

2.特別児童扶養手当
身体や精神に障害のある20才未満の児童について支給される手当です。

※手当ての対象者※
・身体障碍者手帳1級から4級の一部(平衡機能障害は5級まで)
・養育手帳AまたはB1に該当する、20才未満の障害者を養育している父母のいずれか、または養育者(※所得制限あり)

手当の月額は以下の通りです(平成18年4月~)
・1級:月額50,750円
・2級:月額33,800円

3.児童手当

3

「児童を養育するため」という目的の下に作られた制度です。

児童手当の内訳
・第一子・第二子:5,000円
・第三子:10,000円

※ここで言う「第一子・第二子」は支給対象になる児童のみを指しているので、要注意です

4.児童育成手当
18才まで(18才を迎えた最初の3月31日まで)の児童を扶養するひとり親家庭(母子家庭など)が対象です。所得制限がありますが、児童一人につき、月額13,500円が支給されます。

5.母子年金

4

【遺族基礎年金】
国民年金および厚生年金に加入していた人や、老齢基礎年金の受給要件を満たした人が亡くなった場合、遺族に支払われる公的年金です。

保険料納付済期間(保険料免除期間を含む)が加入期間の3分の2以上あることが条件となり、「子のある妻または子」のみ受給が可能です。

※子とは、以下に該当する場合を指します。
・18才に到達する年度の末日(3月31日)を経過していない子
・20才未満で障害等級1級または2級の障害者

内訳は以下のようになります。
792,100円+子の加算
・第一子・第二子:各227,900円
・第三子以降:各75,900円

【遺族厚生年金】
「子のある妻または子」以外も受給が可能で、保険料納付済期間(保険料免除期間を含む)が国民年金加入期間の3分の2以上あることが条件となります。
なお、遺族厚生年金の受給額は、給料なので条件により個人差があります。

※受給の対象者※
・子のない妻
・55才以上の夫
・父母
・祖父母(60才から支給)
・孫

※18才の誕生日を迎える年度末を経過していない
※20才未満で1・2級の障害者

6.母子・父子家庭のための住宅手当
20才未満の児童を養育している母子家庭の世帯主で、月額10,000円以上の家賃を支払っている人向けの助成制度です。
助成を受ける場合には、自治体ごとに条件がありますので、お住まいの市区町村自治体でご確認ください。

7.生活保護
最低限の生活を保障し、1日も早く自分の力で生活できるよう手助けをする制度で、保護基準に合わせて支給される仕組みになっています。

※生活保護の種類※
・生活扶助
・住宅扶助
・教育扶助
・医療扶助
・出産扶助
・生業扶助
・葬祭扶助

8.ひとり親(母子)家庭等の医療費用助成制度

5

母子家庭などに対して、医療を受けるのに必要な費用を一部助成してくれる制度です。
どの自治体でも条件は同様ですが、細かい条件や受給額などについては、各自治体のホームページなどで確認されるとよいでしょう。

医療費などは出費を抑えるのが難しいもの。
上手に活用しましょう♪

9.小児医療費助成制度
0才から中学校卒業までの子供がいる家庭の経済的負担を減らして、小児に対する福祉の増進を図る制度です。

※制度の対象と内訳※
・0才から小学校6年生修了までの子供:入院および通院
・中学生以上の子供:入院

これらの保険診療の自己負担額を助成します。
ただし、保険適用外のものもあり、自治体によって異なるものありますので、まずは各自治体でしっかり確認しましょう!

※保険適用外のもの※
・入院時の標準負担額:食事代
・診療・薬剤容器代・選定療養費・室料の差額など

 

シングルマザーも輝ける時代に!

6

子供を育てながら働いて、生計を立てていくのは本当に大変。

つい一人で抱え込んでしまいがちですよね。

でも、思い切って誰かに相談してみたら、案外と解決への糸口が見つかるもの。

勇気を出して、まずは一度相談してみましょう!

スポンサーリンク

このページの先頭へ