母子家庭の生活費の平均の金額!子供一人でいくら必要?

母子家庭、これは特殊なことではなくなっています

1

親が教師で、私も子供相手のプログラムをボランティアで行なっていますが、ひとり親家庭の方は確実に増えています

よく母子手当て養育費があるという方がいますが、圧倒的に不利なのです。

就労していなければ、公立の保育園などには入れません
また、養育費が必ず入るとは限りませんし、監護権を持つ母親が倒れたら子供は充分な教育を受けられません
子供が病気だと、母親は働けません

年収100万、200万で貧困状態の母子家庭は多いので月にいくら必要か考えていきましょう。

スポンサーリンク

子家庭の平均年収・月収

母子家庭の平均収入を書く前に、申し上げておくべきことがあります。

母子家庭といっても、配偶者との離別が不貞等相手の非によるものならば慰謝料が入ってきます

そして、養育費が入ってくるかどうかも違います
途中で引き落としができないこともあります。

後は児童手当は人数が、そして自治体によって、母子手当の額も異なります

離別の理由が死なら保険金がその月になれば入ってきますね。

後は、母親が働いている場合はその収入が入るけれど病気などでは、入らないのです。

平均値は意味を成しません

この上で書きますと、平均は220万~291万ぐらいになります。

何故平均は意味をなさないと念押しをしたかといいますと、たまに母子手当の額を掲示板に書き込んでで既婚で離婚したくせにとその場の人の怒りを買う方が多いからです。

以前29万の生活保護では足りないといって問題になったひとり親家庭がありますが、両親がいても、貧困になる家は多いです。

人と比べて高い、安いはナンセンスなのです。
生活できるかです。

2

 

母子家庭の生活費の内訳

母子家庭に必要な生活費の内訳を項目にして書いてみましょう。

十分に生活できる項目を架空の家庭を作って構成します。
小学生のお子さんがいて、実家の支援、具体的には預かりが受けられる状態とします。

まずは家賃、どんなに安くても4万~6万はします。1LDKとしてです。

次に、水道光熱費洗濯物が一杯空気清浄器や加湿器も必要です。
大体、1万5000から、19000といったところでしょう。

そして、食費2から3万は必要です。給食費5000円ほど。

後は、保険料、母親の分と、それから、お子さんが自転車に乗る場合は自転車保険、盗難などにあったら大変です。

母子分の携帯代、今時学校の連絡はスマホでやってきます。
持たないとやっていられません。1万円程でしょうか。
3
後は小学校の修学旅行の積み立て交際費被服費などです。
子供はすぐに大きくなるので服代はかかりますよ。

スポンサーリンク

子供1人でいくら必要?

突然ですが、お母さん、勉強を教える自信はありますか。

非常に残念なのですが、母子家庭のお子さんは学力にやや難があることがあります。
あくまでもその傾向ですよ。

母子家庭への差別は今はそう多くはないのですが、やはり複雑な家庭環境のストレス不登校になったりするお子さんが多いのです。
後は、私学などの選択肢が無くなってしまいますね。

これは、個人的な経験に基づくものですが、病気のお子さんや発達障碍の恐れのあるお子さんは私学に行った方が落ち着いて過ごせるかもしれません。

私も体が弱かったのでミッション校に入れてもらいました。
公立では、細かに対応する力が無いと他の人に言われたからです。

小学校で体罰に逢うというろくでもない経験もしています。
アスペルガーADHDのお子さんの指導をボランティアでしていましたが、向き合って教えればぐっと伸びますし、コミュニケーションをとれるのです。

費用が無い場合はボランティアスタッフがいますので、社会福祉協議会などに相談しましょう。

子供一人にかかる費用はいくらぐらいでしょう。
平均してざっと1600万だそうです。

大学卒業までの費用です。
健康な方ですよ。

医療費がかかりやすい人もいますので、2000万いくこともあります。
病児保育はまだまだコストがかかります。

4

よって最低でも必要な収入は…。

ここまで見ると母子家庭の平均収入では、お子さんの教育をゆとりを持って行うことは難しいということが分かります。

貯蓄は給与の10パーセントをふりわけるので、出来たら、年収350から400万ほどあると、安心かもしれません。
これでも奨学金を使ってやっとということです。

私がインターネットでやりとりをしている相手は母子家庭の人です。
足が動きません。
車いすで介護が必要です。

こうなりますと、ヘルパーが入らないと母親は働きに出ることはできません

ただ、お金のことよりも子育てのことは周囲の理解が必要です。
途中で母親に新しいパートナーが見つかることもありますから。

数字だけ見て判断するのは時期尚早です。
ただ、自分と子供しかいないので、母子家庭の人ほど保険が必要です。

収入の審査もあるので、安定した職を探しましょう。

 

最後に

母子家庭で子供ひとり育てることは非常に苦労を伴うものです

でも、現場で出会った子供たちは、比較的早くに働き始め親離れが早い人も多いです。

そして母親が好きという育ち方をしている人と友人になってきました。

昔は貧困家庭の子供が犯罪者になるという犯罪心理学の定説がありましたが、覆されています

人格と金銭人格と親の有無は関係ありません。

しかし、生活費は必要ですから、いくらかかるか考えて早くに貯蓄しましょう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ