バリウムは下剤でいつまで出続けるの?下剤の効果は何時間後に出る?

胃がん検診でバリウムを飲むと、必ず下剤を処方されます
なぜならバリウムは、早く排出しないと大変なことになるからです。

1

じゃあバリウムが出ないとどんな危険があるのか?
バリウムっていつまで出続けるのか?

あなたはきちんとわかっていますか?
今回はバリウムについてまとめてみましたので、きちんとバリウムに対する知識をつけましょう!

スポンサーリンク

下剤を飲んでもバリウムが出ないとどうなる?

2

胃がん検診のとき、バリウムを飲むのは結構つらいですよね。
そしてその後の下剤もつらいです。
しばらくお腹が痛いですからね・・・。

排泄物は下剤を飲まなくても自然と出てくるとは思いますが、なんでバリウムの後に下剤を飲むかというと、早く出す必要があるからです。

バリウムってそもそも何か気になりませんか?
飲むときはドロドロの液体ですが、実はバリウムは金属の一種です。
正式名称は『硫酸バリウム』です。

つまり、人間の身体には栄養としては吸収されません
また凝固作用があるので、早く排出しないと身体に溜まってしまいます

そうすると最悪の場合、消化管に穴が開いたり腸閉塞になったり・・・
外科手術になってしまいます。

たかだか130ml程度のバリウムでも、体内に残ると大変なことになるのです。

大体は下剤を飲めば大丈夫ですが、それでもなかなか出てこない場合があります。
バリウムが出てこないまま、体内に残っていると命の危険があるので、早く出さないとやばいことになります。

 

バリウムはいつまで出続けるの?下剤の効果は何時間後に出る?

3

では、体内のバリウムは出し切るのにいつまでかかるのでしょうか?

個人差がありますが、大体1~3日で全部出ます。

しかし人によっては1週間ほど出続けた、という人もいます。
1週間くらいなら出続けてもまだ大丈夫といえそうですね。

バリウムは白い便となって出ますので、普段通りの茶色い便の色に戻るまでが、バリウムの排出期間です。

そして下剤の効果ですが、早い人なら2時間程度ででます。
遅くとも大体6~12時間程度で効果が出るようです。

しかし、12時間以上たっても効果が出ない人は注意が必要です。
その際は病院を受診することになるかもしれません。

しかしご安心ください!
なかなか出てこない、そんな状態にならないために、下剤の効果を高める方法があります。

次を見てみてください。

スポンサーリンク

バリウムを少しでも早く出す為の対処法!

4

下剤を飲んでもバリウムが出てこない!
やばい!!
と焦っている方もいると思います。

バリウムの出具合は体質にもよるので、便秘症の人はもしかしたらなかなか出てこないかもしれませんね。
しかし早く出さないと大変なことになります・・・。

じゃあどうすればよいのか?

対処法としては、水を飲むこと
これに限ります!

下剤は水分と合わさるとより効果を発揮します。
下剤の効果を高めるために、水分をたくさん摂りましょう!

下剤を飲むときも、できるだけ多くの水分と一緒に飲むようにして、バリウムを出し切っていないうちは、こまめに水分をたくさん摂りましょう

水分は意識しないと、そんなに摂れていないものです。

一回の量は200mlくらいで、1日2L以上の水分を摂るのが好ましいですね。

しかしたくさん水分を摂っても、バリウムが出てこない場合!!

1日たって少しも出てこないという人は、結構やばいです。
病院や薬剤師に相談しましょう。
場合によっては浣腸や、より強い下剤を出してもらうことになるかもしれません。

また腰痛や気分が悪いなどの気分が見られた場合も、すぐに病院に行きましょう。

 

最後に

いかがでしたか?
バリウムって意外と怖いですよね・・・。

年を重ねると必須になってくる胃がん検診。
病気を見つけるための検診なのに、それが原因で身体を壊したりしたら元も子もないですよね。

ですが出し切りさえすればなにも問題はありません

胃がん検診をやったことのある方も、まだやったことのない方も、たくさん水分を摂ってバリウムを早めに出し切る、ということを覚えておいてください。

バリウムはきちんと出し切って、胃がん検診を心置きなく受けましょう!
最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

このページの先頭へ