心配!赤ちゃんがミルクを大量に吐く原因とは?いつまで続く?

初めての授かった大事な赤ちゃん、、、心配事はつきないですよね(>_<)?

赤ちゃんについての心配ごとのひとつに、赤ちゃんがミルクを大量に吐いてしまうことがあります。
本当に大丈夫なのか??と、とても心配になってしまいますよね??

赤ちゃんがミルクを大量に吐いてしまう原因とは何なのか?
そして、それはいつまで続くのか?

今回はそんな赤ちゃんがミルクを吐いてしまうことについて書いてみようと思います。

スポンサーリンク

赤ちゃんがミルクを吐く原因とは?

赤ちゃんの胃の形は成人のものと比べると、体の中で縦に位置しています。

そして、ミルクをゴクゴク飲めるように、胃の上部が大人よりは開いています。
筋力も弱いので胃の入り口があまり締ってません
とっくり型」なんて言い方もします。

その胃にミルクがたくさん入ってくると吐き戻すわけですが、特に急いで飲む子で、空気をたくさん飲み込む吐き戻しが促進されます。

そこは、大人でも早食いの人が急いで食べてゲップしてる様子と同じなのですが、大人の胃は体の中で寝そべるような形をしていますから、大人はさすがに吐くことはありません。

赤ちゃんにとってはゲップをすることがとても必要です。
ミルクをごくごく飲んだ時に一緒に取り込んだ空気をお腹から出して、飲んだものを定着させるのです。

この時に同時に飲んだミルクが少しだけ一緒に出てきてしまいます。
これが少量なら心配ありませんが、大量の吐き戻しが続くようなら心配です。

1

 

いつまで続く?

吐き戻しが続くとお母さんは洗濯物が増えてちょっと困ります。

それ以上に、慣れていないと、何よりも赤ちゃんの健康が心配になりますよね。

こんなに吐いてちゃんと栄養になっているのかお腹いっぱいになっているのか、いったいこの吐き戻しはいつまで続くのかなど考えてしまいます。

けれど、あまり心配しないで大丈夫。
体重が増えていて、顔色も機嫌も良ければ特に問題ありません。

ただし、吐き戻しが続いている中で見る見る間に赤ちゃんが痩せてきた肌艶が悪い機嫌や顔色が悪いずっと泣いているなどがあれば受診した方が良いです。

吐き戻しをするのは早くて生後3か月までですが、胃の形が安定するまで続きますので、中には1歳前後まで吐き戻しがある子がいます

おすわりができる頃にはあまり吐き戻しをしなくなるようです。

スポンサーリンク

吐いてしまった時の対処法

まずは、お布団で吐いてしまった時のために、お布団や枕元には数枚のタオルを敷いておくと良いです。

赤ちゃんを抱きあげて、ご機嫌を良くみてください。
あまりにもぐったりしていればなにかの病気が疑われますが、機嫌よくしているのなら安心して汚れた赤ちゃんの口元を柔らかいガーゼで綺麗にします。

少しだけ赤ちゃんをそっと移動して、汚れものを洗濯機に入れたりする程度にして、激しく動かしたり抱き上げたりしない方が良いです。
お着替えも様子を見ながらにしましょう。

また、吐き戻しの後はすぐに授乳や離乳力は与えない方が良いです。
胃を落ち着かせるために少し休ませてあげましょう。

もしも大切な布製品を汚してしまった場合、シミになりやすいので、クリーニングに出すなどして、きちんとしみ抜きをしておきましょう。

 

病気の可能性もある?

吐き戻しが酷い場合、病気の可能性も考えられます。

先述した通り、赤ちゃんの様子を見て機嫌が悪かったり痩せてきたり肌艶が悪くなったりまた、吐いたものの色がミルクとは明らかに違うと感じた場合や、お腹が膨れている場合、排せつの量が少ない場合は様々な病気が疑われます

幽門狭窄症だと、噴水のように吐き、体重が徐々に減っていきます
大量に嘔吐するので、驚きますが、一刻を争う病ではありません

しかし、次の健診を待つほど悠長にもしていられませんので、冷静に小児科を受診しましょう。

腸閉塞を起こしていると、吐しゃ物が黄色や緑がかった色をします。
一刻を争う大変危険な病気なので、すぐに受診しましょう。

3

 

最後に

授乳後ゲップがでないと赤ちゃんは息苦しく感じています。

空気がお腹に溜まり、体を圧迫するような感じです。

お父さんお母さんにたちには赤ちゃんのゲップのお手伝いをどうぞお願いします

可愛いわが子を肩にのせて、「ゲー」とか「コプッ」の音を待つ時間は、今しか味わえないとても貴重な時間ですよ。

そして、赤ちゃんの健康管理にも役立ちます

心配な時にはためらわず病院に連れていってください。

スポンサーリンク

このページの先頭へ