痔の種類と症状を紹介!まさか?痔か?と思った時のチェック項目!

痔、というと部位が部位なだけに、恥ずかしいと思ってしまう方が多いようです。

しかし、割となりやすい病気です。
いぼ痔切れ痔と3種類が有名です。
正確には痔ろう痔核裂肛といいます。

1

女性は妊娠した後になってしまう方が多いですね。
種類によって対応方法が異なります。

重症化する前に治していきましょう。

スポンサーリンク

痔の発症率!

というのは、肛門、直腸の壁面および周辺に異常が起きた状態です。
裂肛痔ろう痔核と種類があります。

場所が場所だけに中々言い出しにくいので悩んでしまうのですが、実は痔の発症率は意外と高いのです。

そうでなければゴールデンタイムのCMで痔の薬のコマーシャルが流れません。
あの枠は需要が無いと広告を出さない企業が多いですから。

痔になったことがある、もしくは予備軍といわれる人は3人から4人に1人はいるといわれています。

直腸からの出血自体は経験したことがある方は多いでしょう。
問題は、何回もその状が続いたり痛みがひかず日常生活に支障が出た状態になることです。受診が大切です。

2

 

痔の種類と症状を紹介!

気が付いたら、お手洗いの中に血が、お尻がひりひりと焼けるように痛い、子供の頃からたまに起きていたことです。

この症状は切れ痔裂肛一歩手前のものです。
直腸の中の肛門上皮が避けてしまった状態です。

原因としてよくあるのは、便秘の方硬い便を出そうとした時に切ってしまうという状況です。
お手洗いの時に切れて出血してしまうのです。
裂肛は痛い部類の痔に該当します。

後は、下痢ですね。
今はそれなりに理解がありますが、症状が出ていた時、乳糖不耐症で、給食の牛乳で毎日お腹を下していました。
直腸の壁が弱って裂けてしまったのです。

こうなりますと今度は痛くてお手洗いに行けなくなります。
子供は排便する能力が低いので、便秘になりやすいのです。

偏食唐辛子など刺激物の過剰摂取も、切れ痔に繋がります。

続きまして、いぼ痔こと、痔核これの痛みは、どこに出来ているかによって違います

直腸のやや上の方に出来て外からは知覚しにくい物が、内痔核です。
直腸の壁が刺激で膨らんでしまったものです。
痛みレベルとしては軽い方です。

症状が進みますと、下がってきて、外に飛び出ます。
触ったり座ったりした時違和感があるくらいですね。

そして、便の刺激で切れてしまった時に痛み出血することがあります。

痛いのは血栓外痔核というものです。
外側に血の塊が腫れたように痔が出来ます。これは炎症を起こすので痛くて座れないことがあります

痔核の原因は、冷えてしまう、同じ姿勢の連続刺激物のとり過ぎなどです。

続いては痔ろうろうというのはあなという意味です。
肛門に悪玉菌である大腸菌がいてそれが膿を作ってしまうのです。

3

痛みはもっとも強い部類に入ります。
膿が溜まって腫れて微熱などが出ます。
手術が必要です。

スポンサーリンク

まさか自分は痔か?と思った時のチェック項目!

自分が痔かもしれないと思った時には、自分でチェックをしてみましょう。
少し恥ずかしいかもしれませんが、携帯電話のカメラで撮ってみて目視するというテクニックもあります。

外痔核や内痔核の飛び出したもの裂肛や痔ろうで炎症が起きたものの場合は、腫れています。

医療行為となるのであまり無理にはお勧めしないのですが、もっとも手早いのは触診です。
消毒した手に医療用グローブをはめて周囲を軽く押してみたりします。
異物感や痛みが無いかがチェックポイントです。

あり得ない場所がぷにぷにしているというようなことがあったら、肛門科に行きましょう。
出来る人は、指にローションやワセリンを塗って軽く差し込んで内壁の確認をするとよいのですが、素人がする事ではありません。

後は、白い下着を履くようにして鮮紅色の出血が無いかを常時確認してもよいでしょう。
直腸からの出血は鮮やかな色をしています。
排便時に出血が続かないかもチェックポイントです。

4

 

最後に

痔かもしれないと思った時は少なからずショックを受けます。

ですが、あまり悪化させると、外用薬、内服薬では治療が出来ず手術という大事になってしまいます。

痔の種類によっては女性に多いものがありますが、肛門科に行きにくいという方にも対応して、女性スタッフが対応してくれるクリニックもあります。

スポンサーリンク

このページの先頭へ