美容師になるために! 学校に通う費用はいくら?通う期間は??

おしゃれでかっこいい美容師さんは憧れの職業のひとつ!
自分の好きなことや得意なことを生かして働いている方が多いので、いきいきと仕事をする姿はとても輝いて見えるものです。

1

そんな素敵な美容師さんになるための道のりとは??

スポンサーリンク

美容師になるための道のり…専門学校に通う期間は?

美容師を目指すためには高校を卒業後、美容の専門学校に通うのが一般的。
通学期間は2年間です。

この昼間課程のほか、2年間〜2年半の夜間課程もあります。

さらに、通信でレポートを提出したりスクーリングに通うなどの通信課程もありますが、こちらは期間が3年間となっています。

夜間課程や通信課程は実際に美容室でアシスタントとして働き、経験を積みながら受講という方が多いようです。

また、昼間課程や夜間課程は入学資格に高卒以上という条件が多いのに対し、通信課程は中卒でも受け入れてくれる場合が多いようですので、自分のライフスタイルなどに合った学び方を選ぶことができます。

 

費用とその内訳は??

必要な学費はどの課程を選ぶかによって変わってきます。
さらに学校によっても大幅に違いがありますので金額は一概には言えないようです。

一般的な昼間課程の場合、主な内訳は入学金授業料実習費教材費施設費などが挙げられます。

学校によっては実習費が授業料に組み込まれていたりという場合もありますので、学校選びの際にパンフレット等を見ながら学校比較するときは金額そのものだけでなく、内訳もよく確認するようにしましょう。

さらに、課外授業イベント参加、海外への修学旅行費用の積み立てなどで別途お金がかかることもあります。

2

学校によってまちまちではありますが、だいたい2年間で200万円以上250万円〜300万円が必要と言われます。

一方、夜間課程で通う場合は約150万円〜250万円、さらに通信課程の場合はだいたい50万円以上70万円〜100万円ですので昼間課程に比べると学費は安く抑えられます。

しかし、様々な経験を通して総合的に幅広く学べる昼間課程に対し、夜間課程や通信課程は学費が抑えられる分、どうしても学べる範囲は狭くなりますで、実際に美容室で働きながら受講するという方向きと言えるでしょう。

スポンサーリンク

国家試験の難易度は?

美容師になるためには学校で学んだあと、厚生労働大臣が認定する美容師国家試験を受験します。

この試験に合格してようやく美容師としての資格が得られるわけですが、学校選びの際に厚生労働大臣指定校であるかどうかを確認しておきましょう。

国家試験の難易度としては比較的合格率が高めと言われますが、やはり合格率が高い学校を選ぶのは大切です。

試験は筆記試験実技試験になりますので、授業や過去問をしっかりと復習し、スピード正確さなどの実技で問われるポイントも練習を重ねて身につけておく必要があります

 

美容師になりたい!…でもなるのは難しい??

美容師はおしゃれでかっこいいイメージがありますが、実際の現場は立ち仕事で腰を痛めやすい手荒れを起こしやすいなどの身体的に負担が大きい仕事でもあります。

さらに、就職するお店によっては給料労働時間などに不満を抱えている美容師も多いとのことですので、どうしてもこの仕事がしたい!という強い意志や根気が必要とも言えるでしょう。

3

 

最後に…

美容師といっても、ヘアメイク関係ブライダル関係スタイリストカラーリストなど専門や分野に幅がありますので、自分はどんな美容師になっていきたいのかという目標や未来像をしっかり描いておくのも大切です。

進みたい方向がはっきりしていれば、いざ美容師として働き始めたときの下積みも効率よく経験を積んでいくことができるでしょう。

まずは具体的なイメージをふくらませ、自分にぴったりの学校を選びましょう!

スポンサーリンク

このページの先頭へ