待機児童にさせないで保育園に入れる方法やコツ!入園条件を整理!

子供が幼いと保育園に入れないと働けない。そういうご家族が増えています。年収が少ないので、共働きでいないといけない、近所に預かってくれる人がいないということで保育園に入ることを望む方は多いです。

しかし、就労証明書が無いと公立には入れないという制限がかかったりします。皮肉なことに、働いて収入が増えた結果、入園審査の評価が悪化してしまう方もいます。

よく母子家庭の方は深刻とされますが、父子家庭の方は支援があまりないので早く帰れないといけない等仕事に支障が出る方もいます。

いかに環境の良い保育園を探して選考に通るかが大切な時代になってきています。その中で滑り込む秘策はないのでしょうか。



スポンサーリンク

保育園の待機児童の実状は?

保育園には未就学のお子さんが入るのが前提です。幼稚園に比べて保育の時間が長いということやサービスの内容も異なります。

待機児童の数は43,184人平成26年度の統計では発表されています。横浜市在住ですが、待機児童を減らす取り組みが横浜ではなされています。大分数が減ったといわれています。

でも、統計では認識が出来ない部分の問題が多く起きています。

保育が出来るスタッフが足りません。
後は、病児保育ができる保育園がまだ多くはなく、病気になると迎えに行かないといけないこともネックとなります。

預かる子供達の数を増やしますと、保育士一人当たりの負担が増えます。福祉業界は専門職の中でも、給与が安く、拘束時間が長いので、離職者が増えます。発達障碍等で扱いにくいお子さんも増加しています。

大学の教会でお子さんをお預かりしたら、ほとんど臨時託児所のような状態になってしまったことがあります。保育園は親御さんが仕事等の時に預ける場所ですから、週に何日と経済状況、家庭の事情に合わせての日数しか利用できません。疲れているからと、連れてくるわけです。

元は心理学専攻ということで幼稚園教諭の有資格者を補佐しながら保護者のお話を伺いますが、十分なサービスを受けられない方は多いようですね。

また、ひとり親家庭の方が増えてきて、公立の保育園でもカツカツということもあります。日本の福祉は本来手厚いスウェーデン方式なのですが、生活保護や母子手当てを受けている方への風当たりは強いものです。

待機児童が減ったことが事実であっても保護者が楽になったわけではないのです。

待機児童

入園条件とは?何がある?

保育園の入園条件は、自治体によって異なります。

一般的には病者、障碍者ではない養育者は労働していないといけません。また、お子さんの兄弟姉妹の有無も大きく関わります。子供の人数が多いと、やはり大変ですから、優先して入所することになります。後は生活が困窮している、本来養育してくれるはずの親がいない、もしくは障碍者手帳を所持している、介護の必要がある家族がいる等、支援が必要な場合は優先されます。母親が妊娠している場合優先条項に入ります。

とりあえず働いていれば公立の保育園に入れるという事ではありません。正社員か非正規雇用かでも違います。

非常に風当りが強いのはハウスワーカーです。在宅勤務の人ですね。よくフリーランサーは好きな時に仕事が出来ていいわねと言われますが、個人事業主である以上、自分で事務や営業を行います。収入は不安定ですので保育料の支払い能力は疑問視されやすいということになります。姉も私と同じくハウスワーカーですが、たまに子供を預けてきます。保育園や幼稚園の年代の子供の世話をしながら家で仕事をするとしたら夜中寝た後か預けている時しかないのです。しかし、まだ新しい形の仕事の方法ですので周知徹底はされていません。このあたりは注意しましょう。

スポンサーリンク

入園判断は点数制?!

入園の判断は、アルファベットによるランク制、もしくは点数制となっています。公立保育園に入る必要性のある条件に点数を割り振って、プラスかマイナスにしていきます。

定員がある場合、点数が高い人から順に入所して保育時間日数が決められていきます。よく、あの人は自分と違って時間があるのに保育園の審査に通った、でも私は落ちた税金を払っているのに入れないと不満を持つ方がいます。それは行政の責任者の判断によるものです。点数だけではなく面談等で決まる部分も大きいので人と比べても無駄です。

待機児童

選考を勝ち抜く為の方法・コツを紹介!

どうしたら保育園の入園の判断を有利にできるのか、それはケースバイケースです。

とりあえず出来ることは、就労証明源泉徴収票をきちんと提出することです。自営業の場合は青色申告の結果を持っていきます。世帯主の扶養内かどうかも大きく影響しますので、調整しておきましょう。保育料を確実におさめることが最低限の入園条件です。

秘策という程の事ではないのですが、もし迎えにいけない場合は誰が迎えに行くかを申請しておくと園も受け入れやすくなります。まだ、大学院生の伯父が時間を作って甥っ子を迎えに行っているケースもあります。

出来たら、見学は早めにしておきましょう。園とお子さんには相性というものがあります。嘘をつく必要はないですが、この園のここが気に入ったという事を伝えておきます。心証が良くなる方法のひとつです。

また、礼儀等は守りましょう。あまり自分だけの要求を通そうとすると後で他の保護者から苦情がくるので敬遠されます。マイナスの条件はある程度潰せます。

待機児童

最後に

待機児童が多いから入れる保育園を何が何でも探したい秘策が欲しいという気持ちはわかります。

しかし、幼少期は周囲の大人との関係性を築き安心して過ごすことで情緒が発達する時期です。良い教育を受けられるように情報を集めましょう。

場合によっては民間の託児所幼稚園という選択肢もあります。保育園入所にはタイミングというものがあるので、早め早めに動くと同時に保護者の方が息切れしないように探すプランを立てましょう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ